CAMP HACK[キャンプハック]


【デビューはコレで決まり】テンマクデザインのNEW薪ストーブを買わない理由がない!

0


注目の薪ストーブ・テンマクの「ウッドストーブ」5つの特長

特長1:高品質ステンレス使用で頑丈

薪ストーブ・テンマクの「ウッドストーブ」 暖をとりながら調理をしたりと長時間火入れすることもある薪ストーブは、強度が何より重要。その点高品質な「ステンレス304」を使用したウッドストーブは、抜群の耐熱性と強度を誇ります。

また、鉄製の薪ストーブと比べて手入れも楽なので、初めての1台としておすすめの素材なんです。

特長2:組み立て簡単!

組み立てが大変と思われがちな薪ストーブですが、このウッドストーブの脚はワンタッチ開閉式かつ自動ロック・解除機能付き。

パタパタと広げて、煙突・ロストルを取り付けるだけで設置完了です。(※転倒防止のために、脚部分はペグダウンすることをおすすめします)

特長3:調理や焚き火がしやすい工夫

薪ストーブ・テンマクの「ウッドストーブ」 ウッドストーブ最大の″売り″とも言えるのが、取り外し可能な天板の丸蓋。パワフルな直火調理ができることで、アウトドアで作れるメニューの幅も広がりそうですね!

薪ストーブ・テンマクの「ウッドストーブ」 本体左右には、バタフライ型のステンレス棚付き。鍋の保温や焚き火ツールを置いておくキッチンスペースとして便利です。

特長4:癒しの「ガラス窓」付き

薪ストーブ・テンマクの「ウッドストーブ」 近年の薪ストブームは、この窓付きタイプが増えたこともひとつの要因ではないでしょうか。ウッドストーブもまた然り、揺らめく炎を眺めながらまったりと過ごせます。

特長5:MとLの2サイズから選べてオプションも豊富

薪ストーブ・テンマクの「ウッドストーブ」 本体はM・Lの2サイズ展開。それぞれに伴った大きさの「ベントパイプ」(煙突の角度を変えるパーツ)やタープに当たっても燃えないようにする「プロテクター」などオプションも豊富。

ソロキャンから、グルキャンまで人数に応じてサイズを選び、テントに合わせてカスタマイズすることができます。

ウッドストーブMスペシャルパッケージ さらにウォータータンク・防火シート・収納ケースなどがセットになった「ウッドストーブMスペシャルパッケージ」も。こちらなんと、本体プラス1万円という驚愕のお得さ……!

あとで別々に買い足すと2万円を超えるお値段なので、せっかく買うならこちらが賢明かもしれません。

ウッドストーブって、アレに似てない?

すでにお気づきの方もいるのでは……? そう、パッと見このウッドストーブに似ている″あの人気薪ストーブ″との違いをチェックしてみましょう!

関連記事