CAMP HACK[キャンプハック]


【安い、積載十分、運転しやすい】初心者キャンパーにやさしいコンパクトカー16選

0


スズキ ジムニー

スズキ ジムニー 出典:スズキ
多くのファンが「ジムニーだけは別格」と、軽自動車の中でも高い人気を誇るジムニーが、2018年7月に待望のフルモデルチェンジ! 発売当初から納車まで数ヶ月待ちになるほど大ヒット中です。

軽快な走り、武骨な外観ともに満足させてくれるクルマです。販売価格は5MTで145万円から。

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク 出典:ダイハツ
「ドデカクつかおう」のキャッチコピーで一躍キャンパーから注目されたウェイクは軽自動車の中でも最大クラスの積載量を誇り、ミニバンにも劣らない車内高で広々とした室内空間はさすが。

あらゆるレジャーとの相性が抜群なので、遊びのアイデアも広がりそう! 販売価格は2WDで135万円から。

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー 出典:スズキ
発売当初、爆発的な人気で一躍有名になったアクティブ系軽自動車の代表格「ハスラー」。低燃費で運転席が少し高めで運転もしやすく、長距離でも快適だと定評があります。

豊富なシートアレンジやアウトドア仕様のインテリアに加え、このポップでキュートな外観はサイトでも目を引くこと間違いなしです。販売価格は110万円から。

スズキ イグニス

スズキ イグニス 出典:スズキ
最近人気が再燃しているリッターカー(排気量1,000ccクラスのクルマ)ですが、その中でもイグニスは欧州車のようなデザイン性と、急な下り坂や雪道での走破性で人気があります。

SUVとコンパクトカーが融合した新しいスタイルながらも、キャンプにピッタリなクロスオーバーテイストが絶妙! 軽の走りじゃ満足できない人にオススメ。販売価格は138万円から。

フィアット パンダ(旧型)

フィアット パンダ(旧型)
出典:PIXTA
新車じゃない、という選択肢ももちろんアリ。たとえば「このフォルムが好き」という人も多いフィアット旧型パンダ。フロントガラスがフラットで、カクカクなフォルムで、ルーフカーゴをのせても似合うアウトドア的デザインはさすが。

現行の新車を買えば200万以上しますが、中古市場の旧型なら数十万円からで手に入ります。ただ古いクルマの宿命ですが、モノによって当たりはずれがあるのは否めないのでしっかり吟味して買うべきでしょう。

荷物がたくさん載る小型車を狙う

ミニ クラブマン 出典:ミニ
大きなクルマにたくさん荷物が載るというのは当然ですが、ハイエースやキャラバンといったビッグサイズカーは初心者や女性には扱いにくい一面もありますよね。そこで、ここでは積載能力が高く、かつ運転しやすいコンパクトカーをご紹介します。

ホンダ フリード

ホンダ フリード 出典:ホンダ
「コンパクトながら荷物が載るクルマ」として代表的な存在のフリードは、3列シートとは思えないほどの広々空間を実現。多彩なシートアレンジが魅力で、3列めがないタイプはさらに積載量がUPします!

専用アタッチメントでフルフラットにできるので車中泊も可能。運転しやすく女性でも安心して乗れるのでファミリーキャンパーの王道です。

トヨタ ポルテ

トヨタ ポルテ 出典:トヨタ
助手席と後部座席のドアを一体化させた電動スライドドア&低床フロアで積み下ろしがしやすいポルテ。これからキャンプを始めてみようかな? という人は、街の日常でも使いやすくて荷物もたくさん載るこの手のクルマがオススメです。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ 出典:トヨタ
低床構造により広々とした室内空間を実現していたシエンタが2018年9月にマイナーチェンジして、3列シートに加え新たに2列シートが登場。これにより積載量がUPし、今まで以上に使いやすいコンパクトカーとしてこれからさらに人気が高まる予感も!

カラーリングが豊富になり、2トーン仕様も登場するなどさらにアウトドア感が増したシエンタに注目です。

ミニ クロスオーバー

ミニ クロスオーバー
出典:ミニ
ミニ クロスオーバー 出典:ミニ
両手がふさがっていてもボディ下部に足をかざせば開閉可能なイージーオープナーや、トランクルームに座れるピクニックベンチなど、キャンパーに嬉しい装備がいっぱい。トランク容量はしっかり450Lあって、思いのほか荷物がたくさん積めます。

国産車とは明らかに違う雰囲気を持っているからこそ、キャンプ場でも注目を集めるでしょう。しっかりアウトドア仕様でありながら、欧州車特有の香りを求める人はこちらが候補に入りそう。

関連記事