2,000円台のすっきり顔「ジグザグシューズ」はキャンプでガンガン履きつぶすのが正解!

2019/03/06 更新

土や泥にまみれるキャンプに行けば、キレイな靴のままではいられません。汚れてもいいシューズを選ぶべき。となると理想のスニーカーは「ジグザグシューズ」で決まり。あのヴァンズよりさらに安いのだから、アレコレ気にせずガンガン履きつぶすのが正解です!


アイキャッチ画像撮影:編集部

「ジグザグシューズ」でいざキャンプへ!

撮影:編集部
お気に入りの靴でキャンプに行き、「あ……汚れちゃった」とがっかりした経験のある人も少なくないのでは? でも、キャンプで靴が汚れるのを気にして行動が狭まるのなんてもったいないですよね。

こんな最高すぎるシューズがあった!

ジグザグシューズ
撮影:編集部
やっぱり気兼ねなく思いっきり遊べる靴が1番です。でも、ダサいのは嫌……という人も多いでしょう。

汚れても惜しくない値段で、オシャレ度もキープできる! と思わずキャンプに履いて行きたくなるのが「ジグザグシューズ」なんです。

特徴は「安さ」と「飾り気ゼロの見た目」

ジグザグシューズの箱
撮影:編集部
さて、やたら箱もカッコいいこの「ジグザグ」というスニーカー。いったいどんな特徴があるか見ていきましょう。


なんと1,000円台から、という破格

ジグザグシューズと箱
撮影:編集部
何よりも安さが魅力です。楽天でジグザグシューズを調べてみると、一番安いお店ではなんと1,000円台! 基本的には2,000円くらいのものが多いです。

ちなみにヴァンズのエラは3,000円~6,000円、コンバースのオールスター4,000~5,000円、などと比べると1足分の値段で2足買えてしまうことも!

ITEM
ジグザグシューズ ロートップ ネイビー
●アメリカ西海岸のスケーター、ローライダー、バイカーなどが愛用。
●ボンド染み・カットの乱れ・ほつれ・小さな傷などが見受けられます。 海外製品の特性として御理解頂き、ご購入頂ければ幸いです。

泥だらけになっても気にならない

出典:PIXTA
これだけ安い靴なのですから、水たまりに足を突っ込んだって、キャンプ場やその周辺を走り回ったって、ご飯やお酒をこぼしたって惜しくありません。

このプライスで耐久性を求めるなんて野暮というもの。ボロくなったら潔く履き替えましょう! 何も気にすることなく、思いっきり遊ばせてくれる靴こそが真のキャンプ向きと言えるんじゃないでしょうか。

装飾ゼロ……だから最高

ジグザグシューズインソールのロゴ
撮影:編集部
これぞ「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。インソールにZIG-ZAGと書いてあるのみで、ブランドタグすらもありません。だからいいのです!

飽きにくく、どんなスタイルにも合わせやすく、またトレンドに左右されることもないのです。無地の白Tシャツのカッコよさに通じるものがありますね。

ボンド染み、ほつれ……だが、そこがイイ!

ジグザグシューズのほつれ
撮影:編集部
これだけ安いスニーカーですから、過度な期待は禁物。ソールの接着剤がはみ出していたり、ステッチがほつれていたりします。でもそこに味があるのです。狙っても出せない、いい意味でのチープ感。

どれも1点ものと考えれば、魅力にも思えてきて愛着すら湧いてきます。とことんアウトドアで遊び倒すための靴ですから、そのくらいがちょうどいいと思いませんか?

ソールはけっこうしっかり

撮影:編集部
ソールにはギザギザがしっかり刻み込まれており、思いのほかグリップは良好です。

もちろん過度の期待は禁物ですが、通常のアウトドア・アクティビティなら難なくこなせそうです。

西海岸生まれのスニーカー

出典:PIXTA
このあたりで、40年以上愛され続けているジグザグシューズのふるさとを知っておきましょう。

『カリフォルニア・シューズ』とも呼ばれる

ジグザグシューズとカリフォルニアタオル
撮影:編集部
ジグザグはアメリカ西海岸で生まれました。ロサンゼルスやサンフランシスコを擁するカリフォルニア州は多くのカルチャーの発信源としても有名ですね。

現地のサーファーたちのあいだでは「カリフォルニア・シューズ」とも呼ばれています。まさにこの地のマインドを表しているということでしょう。

ヴァンズを買えない層に最初は支持された

履き古されたヴァンズ
出典:Unsplush
やはり圧倒的な安さから、最初はヴァンズなどを買えない層のあいだで支持されていました。やがてそれが「安いからいい」ではなく「安くてクール」という評価に変わり、広がっていったのです。

やがてスケーターらに愛されるように

ロサンゼルスのスケートパーク
出典:Unsplush
70年代にはカリフォルニアのサーファー達の間で人気を博したジグザグは、スケーターやバイカーらにも愛されるように。履きつぶしてこそこの靴の良さが出るとされ、ボロボロになるまで履くユーザーも多かったそう。

さらに、スケーターでありミュージシャンとしても活躍するトミー・ゲレロなど有名人が着用したことがさらに追い風となり注目を集めたのです。

ラインナップを総ざらい

撮影:編集部
それではジグザグシューズのラインナップを見ていきましょう。といっても、そんなにいろいろあるわけではありません。デザインよりも「この靴でどこに遊びに行くか」が大事なスニーカーです。

深く考えすぎずに買って、キャンプに行きましょう!

定番の「ロートップ」

ジグザグシューズのロートップ
出典:楽天
ヴァンズのオーセンティックを彷彿させる、とことんシンプルなスニーカー。ガムソールの色もナチュラルでシブいです。

ネイビーやブラックもいいですが、ライトブラウンもアリ。もちろんどんなカッコにも合います。

ITEM
ジグザグシューズ ロートップ
●素材:キャンバス
●サイズ:US7.5/25.5cm、US8/26.0cm、US8.5/26.5cm、US9/27.0cm、US9.5/27.5cm、US10/28.0cm、US10.5/28.5cm

値段も手ごろで、軽くて履きやすいです。満足してます。



お次はさらなる「すっきり顔」の登場です!


あらゆるシーンに「スリッポン」

出典:楽天
極限まで何もないのが気持ちいいコチラ。キャンプではもちろん、街中でもいい感じに履けます。とことん履いて、履きつぶすのがこの靴の流儀です。

ITEM
ジグザグシューズ スリッポン
●素材:キャンバス
●サイズ:US7.5/25.5cm、US8/26.0cm、US8.5/26.5cm、US9/27.0cm、US9.5/27.5cm、US10/28.0cm、US10.5/28.5cm

ちょっとだけ凝った「ミリタリー オックスフォード」

出典:楽天
なかには少しだけ手の込んだモデルもあります。この「ミリタリー オックスフォード」はサイドにラインが2本入るなど個性アリ。

ジグザグは丸っこい、ぽってりとしたシルエットが多いですが、こちらはややすっきりとした印象です。

普通ならシンプル靴に分類されますが、ジグザグだと個性派となってしまうのもご愛敬。

ITEM
ジグザグ シューズ ミリタリーオックスフォード
●素材:キャンバス
●サイズ:US7.5/25.5cm、US8/26.0cm、US8.5/26.5cm、US9/27.0cm、US9.5/27.5cm、US10/28.0cm、US10.5/28.5cm

ハイカットの「チャッカブーツ」

ジグザグシューズのチャッカブーツ
出典:楽天
ロートップの背が高くなった感じです。どことなく大人っぽい雰囲気。といってもジグザグなので、上品に履く必要はありません。

シューレースもかなりゆるめた状態にしておいて、スリッポン的に着脱するくらいが雰囲気出ます。

ITEM
ジグザグシューズ チャッカブーツ
●素材:キャンバス
●サイズ:US7.5/25.5cm、US8/26.0cm、US8.5/26.5cm、US9/27.0cm、US9.5/27.5cm、US10/28.0cm、US10.5/28.5cm、US11/29.0cm

二回目の購入です。独特のエイジング感が雰囲気があって好きです。sizeは、ワンサイズUPをお薦めします。若干細身なのでジャストsizeだとキツく感じるかもしれません。


気兼ねなく履ける「ジグザグシューズ」で決まり!

撮影:編集部
ボロボロ、ドロドロになっても「また買い直そう」と思える値段で、それでいて見た目もいい靴というのは、ありそうでなかなかありません。

どんなアウトドアコーデにも合いますし、街中でちょっとオシャレな服を着たいときにだってOKなんですから、言うことないですね。

シューズ本来の役割を再確認させてくれるこの「ジグザグ」を履いて、今度の週末はキャンプに行きましょう!

 

Enjoy as much as possible with ZIG-ZAG Shoes

ジグザグシューズで思いっきり楽しもう!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
編集部 藤巻

新作ギアもビンテージも好き。大勢もソロも好き。近場も遠出も好き。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!