CAMP HACK[キャンプハック]


噂の超軽量2バーナー「GRID(グリッド)」を使ってみてよかった点6つ・気になった点4つ | 2ページ目

0


その3. 軽くて運びやすい

軽量2バーナー「GRID」 ケース
GRIDの本体重量は約2.25kgと、アウトドア用2バーナーの中ではトップクラスの軽さです。

トートバッグタイプの付属ケースを使えば持ち運びもラクラク!

その4. みんなでワイワイ囲みスタイルができる!

軽量2バーナー「GRID」
この点は、今までの2バーナーには見られなかったところです。

2バーナーと言えば、背面側の風防を兼ねたフタが付いていて、フタに左右の風防があらかじめ取り付けられているタイプが多かったですが、GRIDは左右の風防を取り外し、背面の風防を寝かせることで天板を完全にフラットの状態にすることができます。

軽量2バーナー「GRID」
そのままテーブルに置けば、即席宴会場の出来上がり! 四方からコンロに手を伸ばせるので、調理している人もしっかり団らんの中に入れます。冬の鍋料理をするのにもってこいのスタイルですね。

軽量2バーナー「GRID」に鉄板
撮影:真田 崇史
実はこのスタイル、2バーナーの名品「413Hパワーハウスツーバーナーストーブ」でも可能だったりします。意外と知られていない活用術ですが、こういったテーブルに置けて四方から手が伸ばせるスタイルはキャンプの時間を豊かにしてくれそうです。

その5. 小技が効いた点火スイッチ

軽量2バーナー「GRID」 点火スイッチ
実際に使ってみて使い勝手の良さがよくわかったのが点火スイッチです。

点火方法は一般的な圧電点火装置と変わりありませんが、スイッチに心憎い気配りがあります。点火スイッチが左右両方に付いているので、どちらの手でも楽に点火することができるんです。

軽量2バーナー「GRID」
また、スイッチを押しやすいよう奥に人差し指を引っ掛けるところがあり、つまむように簡単に点火できます。これはストレスフリー!

その6. 火力を保つマイクロレギュレーター

軽量2バーナー「GRID」
SOTOと言えば寒冷地でも安定した火力を発揮する「マイクロレギュレーター」の技術が有名ですが、もちろんGRIDにもそのテクノロジーは搭載されています。

軽量2バーナー「GRID」で調理
実際にパスタを調理してみた様子がこちら。

まだ氷点下近い気温下での調理はしていませんが、大量のお湯を沸かすような長時間の使用でも安定した火力を維持してくれました。

1口あたり、2,500kcal/hで約1時間半使えるので、グループなどでたくさん料理を作る時も全く問題ありません!

SOTO レギュレーター2バーナーGRID

●サイズ:幅473×奥行252×高さ145mm(風防取り付け時)
幅468×奥行251×高さ116mm(風防不使用時)
●ゴトク径:160mm(×2)     
●重量:2.25kg(本体のみ) 
●発熱量※1:2.9kW(2,500kcal/h)
●使用時間※2:約1.5時間X2(ST-760 1本使用時)
●点火方式:圧電点火方式
●使用燃料:SOTO製品専用容器(ボンベ)(CB缶タイプ)
●素材:本体:ステンレス、ゴトク:鉄、
スタンド・風防(背面用、右側左側とも):アルミニウム、
点火スイッチ・器具栓つまみ:樹脂
●付属品:収納バッグ


GRIDとあわせて使いたいオプションパーツたち

GRIDの使い勝手をさらにUPさせるオプションにも注目してみましょう!

GRID ハードケース

GRID ハードケース
標準でもケースは付属していますが、あくまでも運搬用で保護まではしてくれません。

せっかくの美しいボディなので、キズをつけてしまわないようハードケースで丁重に扱いたいですね。

軽量2バーナー「GRID」 ケース入り
さすが純正だけあってフィット感の良さは折り紙つき! 傷が付きやすいステンレスの天板をしっかり保護してくれます。

GRID ハードケース
ポケットに風防を入れることができ、本体の下にCB缶を2本収納できる機能性の高さにも注目です!

ただケース単体で8,100円(税込)するので、ここは要検討ポイントですね……。

SOTO GRID ハードケース

●サイズ:幅530X奥行130X高さ290mm
●重量:0.95g



関連記事