今年も爆発的人気に!?名作のにおいがプンプンするTevaの秋冬シューズがキャンプでマストハブな予感

サンダル感覚でラクに履けて、しかも保温力もある!そんなシューズがあれば、きっとヘビーローテーション間違いなしのはず。今回は、そんなワガママに応えるTevaのシューズをご紹介。昨年登場したモデルがアップデートし、秋冬のキャンプをさらに快適にしてくれますよ!


    一度履いたら病みつき!テバのエンバーモックがやっぱりイイ!


    いつまでも夏キブンを引きずると、気がつくとつま先辺りから冷え始める秋口の夜。特にキャンプなどのアウトドアフィールドではその冷え込みも顕著ですよね。そこで注目したい一足が、スポーツサンダルの代表ブランド、Tevaから昨年登場した「エンバーモック」。

    なんと今年は何やらアップデート版である「エンバーモック2」という最新モデルもラインナップに仲間入りするとか。昨年登場して大人気のエンバーモックの魅力をおさらいしながら、新作となるエンバーモック2にフォーカス。その魅力も余すところなくお伝えします!

    そもそもモックシューズってなーに?


    モック(Moc)とは、モカシン(Moccasin)の略で、もともとはアメリカの先住民が履いていたスリッポンスタイルの靴のこと。

    その原始的で簡易な作りで脱ぎ履きしやすく、一方でアメリカントラディショナルを象徴するスタイルを持ち合わせるなど、機能もデザイン性も兼ね揃えたアイテムなのです。


    エンバーモックの魅力を大解剖!1と2の違いも徹底比較

    突っ掛けのように履くにも便利で、しかもスタイルには伝統的な一面も内包するモックシューズを、冬キャンプなどのアウトドアシーンに落し込もうと、Tevaが2017年秋冬にリリースしたのが大好評だった「エンバーモック」です。クラシカルなアウトドアスタイルを体現する一足。その魅力に迫ります。

    ヒール部分を踏んでも履ける2WAY仕様が便利


    電車に乗ったり、クルマを運転したり、時には時間に追われて走ったりと、しっかり履きたい街中ではスニーカーライクにかかとを覆って履くことができます。


    また、ちょっとそこのコンビニまでといったワンマイル的に履いたり、キャンプ中にテント周辺の履物として履いたりする時はカカト部分を踏んでクロッグサンダルのような一足にすることも。

    2WAYで履ける構造がエンバーモックの大きな特徴のひとつです。

    中綿入りキルティングアッパーは保温力抜群!


    昨年登場し、今季も継続で展開されるエンバーモックの新作としてラインナップに加わるエンバーモック2との最大の仕様変更点が、このアッパーのキルティング部分のデザイン。

    見た目もかなり変更されているのですが、ダイヤモンドキルトに比べ横型のキルトとなったエンバーモック2の方がより保温力が増した印象になります。見た目もほっこりして暖かいですよね。

    全く違う履き方ができるため、シーンに合わせて、使い分けるのもオススメです!

    高反発フットベッドで、フカフカ快適な歩行性!


    こちらもかかと部分の構造と同じく両モデルに共通している仕様ですが、足が直接乗るトコロ、つまりフットベッドが非常に優秀なんです。

    反発性能に優れるポリウレタン素材をフットベッドに採用しており、歩行時の足への衝撃を緩和。長時間歩行による足の疲れを軽減し、さらに弾むような軽快な歩みをサポートしてくれます。エンバーモック2は、このフットベッドのクッショニングがさらに向上していますよ!

    アウトソールのサイドレイヤーにラインを入れてアクセントに


    1stモデルにはなかったアウトソールのデザインも見ておきたいポイント。ブラックはオレンジのラインが入っていますが、ほかのカラーはまた別の色のラインがデザインされています。

    カラーもヴィンテージアウトドアを彷彿とさせる組み合わせ。横から見たときの印象がさり気なくおしゃれに見えてきますね!


    スニーカーのようなトゥデザインにも注目


    つま先部分の補強パーツにも注目。一見すると気がつかない細かなディテールデザインですが、キルティング素材の上から補強生地をオーバーレイしたスニーカーライクなディテールにすることで、強度とデザイン性をアップさせるという重要な仕事をしているポイントなのです。

    エンバーモック2に関しては、その補強素材にスエード生地をあてており、少しラグジュアリーな雰囲気もプラス。オトナの足下もスタイリッシュに飾る、そんな効果の一役を担っているのです。

    クラシカルなスタイルに好相性。豊富なカラバリも魅力


    “ヴィンテージキャンプ”がテーマのエンバーモックは、キルティングとニットをコンビしたレトロなスタイルが好印象。老若男女誰でも履ける親しみやすいデザインのため、そのカラーチョイスは大事なポイントですね。

    新登場となるエンバーモック2は、キャンプスタイルに映えるキャッチーなイエロー(サンフラワー)や、普段のコーディネイトにより合わせやすいシックなブラック、オリーブといったカラーリングで、男女ともに3色ずつ展開。1足といわずキャンプ用、街用とカラバリで揃えるのもいいかもしれません。

    新作となるエンバーモック2の発売は9月から!


    ここまで様々に、その魅力を語ってきたエンバーモック2の気になる価格は9000円(税抜)。このクオリティで1万円以下は嬉しいところ。さらに物欲を刺激されますよね……


    抜群の履き心地と使いやすさを持ち、クラシックなアウトドアスタイルをテーマにしたカラーリングでキャンプはもちろん、街履きにもピッタリな秀逸デザインも持つ。そこにコストパフォーマンスの高さまでも加味されるとなると、チョイスしないという理由が見つからないですね!

    この冬の物欲アイテムNo.1候補。名作登場の予感がプンプンしています。その9月の登場が待ちどおしいです。

    1stシーズンの今季は完売必至です!


    昨年登場したエンバーモックは、その“ちょうどいい”機能とスタイルで市場では、サイズ欠けが続出するなど瞬く間に品薄になる程の人気アイテムでした。

    今回のエンバーモック2は、より手頃の価格設定と1stモデルに比べカジュアルなスタイルにも合わせやすくなったアッパーデザインとカラーリングから、より多くのユーザーに支持されること請け合い。

    今年の冬のファッションに彩りと温かさを添えてくれる、そんな象徴的な一足となってくれること間違いなしのマスターピース。欲しい方はもちろん、気になっている方も、即購入しておくことがオススメですよ!

    「エンバーモック2」をもっと知りたい人はこちらをチェック!

    撮影協力:青根キャンプ場

    Sponsored by デッカーズジャパン合同会社

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!