CAMP HACK[キャンプハック]


キャンプ目線でクラフト展へ!【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第2章#7】 | 2ページ目

0


興味深いギアが目白押し

今回は、アウトドアライフに役立ちそうな小物探しを目的に、金属・木工関係を中心にブース巡りしてみました。

まず最初に鉄製品を扱う「金属造型工房MAF」さん。

炭ストーブ「カルシファー」
アイキャッチ的な存在で目を引いたのが炭ストーブ「カルシファー」。炭を燃料とするので煙突の必要がなく設置も簡単。室内で暖を取ったり料理を楽しむこともできます。(定期的な換気が必要です)

創作鍋敷きを手に入れる

創作鍋敷き
ブース内には所狭しとキッチンツールが並びます。メインとなるのが鉄板から叩き出されたアイアンフライパン。

ハンドルにはペグやドライバーを利用するなどさまざまなアイデアが施され、焼き面にはヘアライン加工することで焦げ付きにくい工夫もなされています。

創作鍋敷き
取りあえずフライパンは間に合っているので、創作鍋敷きをひとつ購入しました。

創作鍋敷き
ストーブトップに置けばトリベットとして活躍してくれます。

優しい音色に心惹かれて……

その後奥のブースへと進むと、涼しげな音色が聞こえてきました。

風鈴
紀州吹きのガラス工房「エヴァグリーン」さんの風鈴です。夏を迎えるたびに駒ヶ根の家に欲しいと思いつつ、つい先送りしていましたが、優しく透き通る音色に惹かれてこれも購入。

風鈴
帰ってから早速タープ下の作業場に引っ掛けてみました。夏も過ぎ去ろうとしていますが、風鈴はキャンプサイトに吊り下げても趣がありそうです。

関連記事