あさり缶の出汁ラーメン!【ワンバーナーで早うま~!カノウヒナタ・クッキング#6】

キャンプでも登山でも、ワンバーナーで美味しい料理が簡単にできたら素敵だと思いませんか?料理家のグループ「KIPPIS」に所属するカノウヒナタさんが、CAMP HACK読者のために腕を振るいます!第5回は、缶詰を使った『ラーメン』の簡単レシピを紹介します。


ささっと食べたいときはコレ!


こんにちは、料理家のカノウヒナタです。

山やキャンプなど外で食べるごはんは、普段の何倍も美味しい。

とはいえ、外は不便だし、キャンプ道具は重たくて、なかなか重い腰が上がらない……なんて方も多いのでは?

こちらの連載では、気軽に持ち運べて、料理をするのに欠かせない熱源「ワンバーナー」を使ったキャンプ料理を紹介していきたいと思います。

アレンジでレベルアップ


登山やキャンプでサッと食べたい時に登場するのがラーメン。不思議なことに、外で食べるラーメンはたとえインスタントであろうとすっごく美味しいのですが、ちょっとの工夫を加えたアレンジで、さらに唸るほどの美味しさに……!

ではどんなアレンジを加えるか。やっぱりインスタントラーメンにやたら凝ったアレンジはミスマッチ……ということで、缶詰の登場です。缶詰はもっともお手軽で、かつ料理の風味をガラリと変えるパワーを秘めているすごい食品なんです。

数ある缶詰の中でも、今回は「あさり缶」を使って出汁を効かせたさっぱりラーメンのご紹介です。


気になるレシピはこちら!

▼あさり缶でさっぱりラーメン(1人分)

〈材料〉
・サッポロ一番塩ラーメン 1袋
・あさり缶        1缶(130g)
・小ねぎ         10cm
・かいわれ大根      適量
・スライスレモン     2〜3枚
・ごま油         適量

サッポロの塩がベスト


今回はサッポロ一番塩ラーメンの袋麺を使います。こちらのラーメンは豆乳ラーメンにしたり、エスニック風にしたり、アレンジがしやすいのでオススメです。

時間のないときでもお手軽


あさり缶、ネギ、かいわれ大根、レモンを具材に。

朝、昼、夜、いつでも美味しく食べられて、簡単に作れる具材です!

特に、キャンプの朝って撤収作業もあって時間に追われることもしばしば……。そんな時間のない朝でも、調理済の缶詰を使えば、手軽に美味しく作れて便利です!

ゆで時間は短め


ではさっそく作ってみましょう。500mlの水(分量外)を沸かし、表示の時間(3分)より1分短く茹でます。

あさり缶を投入!


火はつけたまま、あさり缶を汁ごと入れ、添付のスープも8割ほど加えます。1分加熱したら火を止めて器に盛り付け、ネギやかいわれ大根、レモンを加えて完成〜(あっという間!)

野菜を足せばさらにおいしく


仕上げにサッとごま油を回しかければ、香りも良く、あさりの出汁が効いたさっぱり系ラーメンに! 汁まで美味しくて、野菜を足せば飲み干してしまうほど。


ちょっと小腹が空いたときなどにぴったりの“早うま”レシピです。ぜひお試しください!

今回使用した調理器具はこちら

ITEM
SOTO レギュレーターストーブ
●サイズ/幅170×奥行150×高さ110mm(使用時、本体のみ)、幅300×奥行150×高さ110mm(使用時、ボンベ装着時)、幅140×奥行70×高さ110mm(収納時)
●重量/350g■発熱量/2.9kW(2500kcal/h)(ST-760使用時)
●使用時間/約1.5時間(ST-760使用時)

▼カノウヒナタさんの過去連載はこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
カノウ ヒナタ

山を愛する料理家。現在は富山県黒部市に住み、北アルプスを眺めながら暮らしている。低山から縦走まで、様々な山歩きが好きで、時間を見つけて山へ出かけている。 「自然のなかで楽しむ食事」をテーマに活動しているKIPPISのメンバー。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!