キャプテンスタッグのNEW薪ストーブ「KAMADO」があれば、キャンプ料理の幅が広がる!【アウトドア通信.218】

2018/09/06 更新

キャプテンスタッグから秋冬キャンプの幅を広げてくれる新作薪ストーブ「KAMADO」が登場!ただこも「KAMADO」只者ではございません。暖房器具としてはもちろん、BBQグリルとしても活躍する期待の新製品なんです。


アイキャッチ画像出典:キャプテンスタッグ

高さ調節であなたのスタイルにハマる「KAMADO」

KAMADO キャプテンスタッグより、煙突角型ストーブ「KAMADO」が登場! 1台で薪ストーブ、BBQグリル、さらに2口のゴトク調理器具としても使えます。

さらに今手持ちのキャンプスタイルと馴染みやすい高さに調整できるような仕様も! 気になる詳細を見ていきましょう。

煙突の長さは3段階に調整可能

KAMADO 「KAMADO」の煙突は、つぎ足し方式で3段階に高さ調節が可能。例えば林間サイトで使用する場合は煙突を短く設定するなど、周囲の環境に合わせて安全に使用することができます。

脚の高さも変更可!ハイスタイルもロースタイルもお手の物

KAMADO さらにハイ・ローのどちらのスタイルにも対応できるよう、2段階で脚の長さ調整も! ハイの状態だと焼き面までの高さが685mmと、腰をかがめずに調理ができる設計です。

大小のゴトク付き!さらにBBQグリルとしても大活躍

KAMADO 「KAMADO」の本体上部には、大きさが異なる大小2つのゴトクが付属! このゴトクがあることで、薪火で様々な調理方法が楽しめますよ。

例えば、大きなゴトクにダッチオーブンをのせてダッチオーブン調理を。小さなゴトクでは、ケトルで湯沸かしと薪火の熱をフル活用!

KAMADO またストーブの上部を開けて付属の網をのせれば、バーベキューグリルとしても使えます。

薪ストーブに留まらない使用法の幅がなんとも魅力的ですね。秋冬キャンプの暖房器具として、また調理器具として、今年は薪ストーブを導入してみませんか?

【KAMADO】
●組立サイズ(約)ハイ:幅600×奥行510×高さ1,070・1,415・1,770mm、
●組立サイズ(約)ロー:幅470×奥行360×高さ830・1,180・1530mm
●焼き面までの高さ(約):440・685mm
●収納サイズ(約):幅480×奥行270×高さ265mm
●網サイズ(約):255×230mm
●煙突外径(約):100mm
●セット重量(約):10kg
●セット内容:本体×1、煙突×2、煙突(蓋付き)×1、角蓋×1、丸蓋(太)×1、丸蓋(小)×1、バーベキュー網×1、ジョイント脚×4、キャップ×4、収納バッグ×1
●材質:本体・扉・蓋・脚・煙突:鉄(焼付塗装)、バーベキュー網:鉄(クロムめっき)、収納バッグ:ポリエステル

商品詳細はこちら

CAMP HACKトップはこちら
CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

KAMADO
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!