アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!

野外好きが集う店「MT.」へ【スタイリスト平健一の“わが道”ショップ探訪記#2】(2ページ目)

2022/09/07 更新

山好きスタッフがお出迎え

平健一さん

撮影:編集部

「お、あった。ココですよ、ココ」

立地は小田急線の代々木八幡駅、代々木上原駅、東京メトロの代々木公園駅のちょうど中間くらい。一見落ち着いた住宅地ですが、じつはこのあたりはツウな古着屋などが点在する、知る人ぞ知る高感度エリアでもあるんです。

平健一さん 近藤さん

撮影:編集部

「どうも、こんにちは」と穏やかな笑顔で迎えてくれたのは、「アンドワンダー」が経営するショップ「MT.(エムティー)」のスタッフを務める近藤さん。「アンドワンダー」をフルラインで揃えながら、良質なセレクトアイテムも厳選して置いてあります。

近藤さんは「ボルダリングなどアクティビティ全般が好きなんですが、メインはスノーボードなんですよ」と語るとおり、かつてはバートンのスタッフだったという筋金入り。ゲレンデはもちろん、バックカントリーも多数こなしてきた猛者なんです。

普段から愛用中

ワッペン付きサファリハット

撮影:編集部

平さんは店内に入るや否や、目についたワッペン付きサファリハットの試着タイムへと突入。

「じつは僕、アンドワンダーめちゃくちゃ持ってますよ。サコッシュやポンチョ、ダウンもショーツも……」と偏愛ぶりをアピール。近藤さんも思わず表情がゆるみます。

ツウなセレクトに興味津々

円筒形アイテム

撮影:編集部

「お、これは」と平さんが手に取ったのは短いロープが複数と、説明書きの入った円筒形アイテム。平さんが続けます。

「ロープワークの練習用キットですよね。この海外っぽさ満点の絵柄が雰囲気あるなあ。説明書きを見ながら、付属のロープでいろんな結び目を作れるように練習するんですよ」

男性二人

撮影:編集部

近藤さんは「ちなみに僕は全然できません」と笑う。けっこう難易度の高い結び方もあるそうです。

シューズ

撮影:編集部

男性二人 トレッキングポール

撮影:編集部

アンドワンダーとパラブーツがコラボしたマウンテンブーツや、ローカスギアのトレッキングポールなど、山歩き関連も充実しています。

SOTOのストームブレーカー

撮影:編集部

続いてはSOTOのストームブレーカー。最強だと近藤さんがプッシュすれば、すかさず平さんも同意。

「とにかく火力がすごい。燃料ひとつとってもホワイトガソリンでもガスでもいけちゃうっていうのは本当にすごい! そのぶん値段がちょっと高いのが難点ですが……」

それこそプライス以外は非の打ち所がないほどの完成度だそう。

野外での飲食にマスト

マグ

撮影:編集部

マグやボトルも平さんの目に留まりました。気づいた近藤さんが「このダイネックスとアンドワンダーのマグはすっかり定番になっています」と話しかけます。

「カラビナ付きなのがなんとも嬉しいですよね」と平さん。「これ、ちょうど缶ビールがすっぽり入るサイズなんですよね。クージーにもなるっていうのは意外と知らない人も多いみたい」

2 / 4ページ