CAMPHACK

卓上でも使える!VICTORY CAMPより3WAY薪ストーブ「TAIGA」新発売【アウトドア通信.212】

0

VICTORY CAMPより屋外用ストーブ「TAIGA」が新発売!薪ストーブ、ファイアーピット、グリルの3WAY仕様。焚き火に調理、これからのシーズンの外遊びをより豊かにしてくれるストーブは必見です。

CAMP HACK 編集部

VICTORY CAMPより屋外用ストーブ「TAIGA」新発売!

TAIGA 技術だけでなく、独自の感性と哲学を併せ持つアウトドアメーカー「VICTORY CAMP」より3WAY屋外用ストーブ「TAIGA」が新発売!

高級感ただよう見た目の美しさに加え、なんと3WAY仕様で火遊びを楽しめるという優れモノなんです。早速、その3つの使い方をご紹介します。

①薪ストーブとして

TAIGA
まずは秋冬キャンプの心強い味方となる「薪ストーブ」として。煙突は、本体に全て収納できるよう設計されているので持ち運びもラクラク!

雨の多いシーズンでも手軽に使用できるように、本体のスタンド以外はオールステンレスと錆びにくい仕様です。

ガラス越しにゆらめく炎を眺めることができ、燃焼室から煙突へダイレクトに勢いよく立ち昇る炎は圧巻!

②ファイヤーピットとして

TAIGA
2つ目は、煙突と上面ストーブカバーを外し「ファイヤーピット」として。

本体サイドの扉は両開き構造になっているので、左右どちらからでも薪を入れることができます。

ダイナミックな炎の動きを楽しみたい方は、是非この使用方法を試してみて!

③卓上グリルとして

TAIGA

3つ目は「卓上グリル」として。「TAIGA」は、薪ストーブとしては珍しいウッドスタンド付き!
テーブルに伝わる熱遮断してくれるので、本体に焼き網を乗せればグリルとして食卓を囲むことができます。
TAIGA さらに本体下部には、オーブンスペース。上部に鍋やポットを乗せれば、万能調理器具として活躍してくれます。

スタイリッシュな機能美を持つ「TAIGA」はアイディア次第で幾通りもの使い方ができるかも。今年のキャンプは、屋外用ストーブを取り入れてみませんか?

【TAIGA】
●セット内容:ストーブ本体、ロストル、ウッドスタンド、ストレートパイプ×2本(75Φ250㎜、300㎜)、ポットホルダー(五徳)、トライアングルマルチツール
●サイズ:W350xH210xD175mm(設営時)
●重量:約7,2kg
●材質:ステンレススチール80%、セラミックガラス10%、ウッド10%

「TAIGA」の詳細はこちら

CAMP HACKトップはこちら
CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

関連記事