CAMP HACK[キャンプハック]


【スタンレー vs ドリンクタンクス】話題のグロウラーを比較・検証してみた

0


ドリンクタンクス グロウラー

ドリンクタンクス グロウラー
撮影:編集部
まずは、今年話題の新星「ドリンクタンクス」のグロウラーがこちら。

ドリンクタンクス グロウラー 1.9Lと3.8Lの2サイズを展開し、カラーのラインナップも豊富なので、好みのアイテムを手に入れる事ができます。今回使用するのは、1.9Lのサイズ。

ドリンクタンクス グロウラー また、別売りの「ケッグキャップ」をつければ、なんとビアサーバーに変身! これは、なんとも魅力的です!

スタンレー ゴーシリーズ 真空グロウラー

スタンレー ゴーシリーズ グロウラー
撮影:編集部
続いて、こちらはスタンレー2018年7月発売の新作、「ゴーシリーズ真空グロウラー1.9L」。文句なしのカッコよさ。男心をくすぐります。

スタンレー
撮影:編集部
フタの部分には珍しいスタンレーのロゴマーク。クラシックシリーズではこのマーク、あまり見かけませんね。

スペック比較

続いて、それぞれが発表しているスペックについて。

▼ドリンクタンクス(1.9L)
値段:17,820円(税込み)
重量:1,400g
保冷力:7度以下24時間
保温力:80度以上12時間

▼スタンレー
値段:8,424円(税込み)
重量:900g
保冷力:10度以下24時間
保温力:18時間(温度の記載なし)

一番の違いは「値段」。同じ容量で似たスペックですが、ドリンクタンクスの方が倍近くします……! 別売りのケッグキャップも1万円近くするので、購入に悩むところ。

また、スペックだけを比較すると、保冷力はドリンクタンクス、保温力はスタンレーが優勢のように思えます。

やらせなし。本気の2番勝負

グロウラー 比較
撮影:編集部
それではいきましょう。やらせなしの本気勝負。「保冷力」と「真空力」の2つを比較しますよ!

保冷力勝負

グロウラー 比較
撮影:編集部
比較方法は、それぞれのグロウラーにロックアイスを限界まで詰め込み、数時間後に氷が融けた水の量を測定したいと思います。

基本スペックからは、接戦が期待されるこの検証。果たして、どうなるのか!?

グロウラー比較
撮影:編集部(写真はドリンクタンクス)
グロウラー比較
撮影:編集部(写真はスタンレー)
午前10時、ぎちぎちに氷を詰めました。ここから、オフィスで10時間放置します。

グロウラー比較
撮影:編集部
朝に氷を詰めてからは、一度もフタを開けず、他の仕事をしながらその時を待ちます。ワクワク……。

グロウラー比較
撮影:編集部
そして10時間後の午後8時! まずはドリンクタンクスの方からいきましょう!

グロウラー比較
撮影:編集部
氷が落ちないように、軽く蓋を抑えながら水を注いでいきますが、ほとんど融けていません! 涼しいオフィスに置いていたこともありますが、さすがの保冷力。

グロウラー比較
撮影:編集部
ドリンクタンクスの結果は、コップ半分にも満たない量。続いてスタンレーのグロウラーから融けた水を入れていきます。

もともとのスペックでは、ドリンクタンクスが優勢に思えましたが、結果は……

関連記事