CAMP HACK[キャンプハック]


キャンプの寝心地はどんどん進化している!7種の「快眠グッズ」たち

0


7つの最新「快眠グッズ」

え? こんなものあったの?! という快眠グッズから、100円ショップでお手軽に購入でき、明日キャンプに出発という時でも間に合うグッズまで幅広くご紹介します。

その1. ダークルームテクノロジーで日光をシャットダウン!

ダークルーム™ テクノロジーを採用したコールマンのテント
出典:Coleman
夏の暑さによる寝苦しさ、日差しの明るさで目が覚めるという経験って、キャンパーさんなら”あるある”ですよね?

コールマンが2018年に発表したこのダークルーム(TM)テクノロジーは、光を90%以上ブロックすることでテント内への日光の透過を防ぎ、温度上昇を最小限に抑えてくれる代物。
ダークルーム™ テクノロジーを採用したコールマンのテント 出典:Coleman
テント内は写真のように昼間でも真っ暗。ここまで徹底的に日光をシャットアウトすると、外気温と内気温の差はかなりのものに。公式では「最大温度差13.5℃」という数字を謳っているほどです。

「テントの中が暗くて使いづらいんじゃ……?」と思うかもしれませんが、実際キャンプでは日中にテントの中で過ごすシーンは少ないため不便さを感じることは少ないはずですよ。

詳細はこちら

その2. 極厚のマットを選んでみる

マットレスの厚さ比較
撮影:大森弘恵
一人用マットを選ぶポイントは、断熱力(R値)や中身の素材、表面生地など様々ですが、寝心地の良さを求めるのであれば単純に「厚さ」に注目してみるのもいいかもしれません。
今回ここでご紹介するマットの寝心地は、数あるマットの中でも最上級なことは間違いありません。シートゥサミットの全ラインナップの中でも6~8cmが厚手の方ですが「コンフォートデラックスS.I.マット」の厚さは驚愕の10cm! 上の動画はマットの厚さがよく分かる公式動画。

コンフォートデラックスS.I.マット
撮影:小川 迪裕
このマットなら季節を問わず快適な睡眠を約束してくれるはず。ただやっぱり収納サイズが大きくなってしまうので、快眠重視の方におすすめのアイテムですね。

コンフォートデラックスS.I.マット
撮影:小川 迪裕
また、腰痛持ちの方はこういったある程度の固さと厚さのあるマットが合う、ということも。面白いエピソードとしては、家で来客用にこのマットを出したら「うちのベッドより寝心地がよかった」なんて体験談もありますよ。

シートゥサミット コンフォートデラックスS.I.マット レギュラーワイド

●サイズ:全長183×幅64
●収納サイズ:直径21×65cm
●重量:1,840g
●厚さ:10cm



シートゥサミット コンフォートデラックスS.I.マット ダブル

●サイズ:全長201×幅132 cm
●収納サイズ:直径28×64 c
●重量:3550g
●厚さ:10cm


その3. キャンプでも枕(ピロー)にこだわってみよう!

テントと寝袋
出典:Unsplash
枕が変わると眠れない、という人もいますよね。旅行やキャンプなどに、普段使っている枕を持っていく人もいるくらい枕が果たす睡眠への役割は大きいもの。

高さ、素材、重さ、サイズ、横向きになれるかなどをポイントに、キャンプ専用の枕を探してみましょう。

シートゥーサミット エアロプレミアムピロー デラックス
撮影:小川 迪裕
空気で膨らませるタイプは、空気の量によって高さ調整ができるのでオススメです。

荷物にもならない超コンパクトな45gの枕や、横幅60cmとワイドなのに200g以下(林檎1個分よりも軽い)というアウトドアの特化した枕はこちら!

エクスペド エアピロー UL M

●サイズ:38×27×10cm
●素材:20Dポリエステル、TPUポリエーテルフィルムラミナート, hydrolysis resisant、Honeycomb Gripskin coated、Oeko-Tex®100 certified
●重量:45g

シートゥーサミット エアロプレミアムピロー デラックス

●生地:50Dキルテッドポリエステルストレッチニット
●重量:195g
●収納サイズ:12×10×5cm
●使用時サイズ:60×40×14cm

シートゥーサミット エアロウルトラライトピロー デラックス

●生地:TPUラミネート20Dポリエステルストレッチニット
●重量:130g
●収納サイズ:12x10x3cm
●使用時サイズ:60x40x14cm



関連記事