あのセリアの100均ランタンが進化!さらにキャンプ向けにアップデートされてるぞ

あのセリアから絶妙に使える有能なランタンがまた登場!前回のランタンとどこがどう変わったの?サイズ、電池、カラバリ、明るさ、などから違いを比べてみました。108円というお気楽プライスはやっぱり嬉しいですね!


記事中画像撮影:編集部

100均セリアから、また有能ランタンが発売された!


ぼくたち、わたしたちの味方・セリアがまたやってくれました!

以前にご紹介して大反響のあったセリアの100均ミニランタンですが、さらにバージョンアップして新作が登場。税込み108円だったので、早速いくつか買ってみましたよ。


気になるのは前回のミニランタンとはどう違うのか、何が進化しているのか……変わった点をチェックしていきましょう。


前回のランタンと何が違うの?

見た目の違いは?

100均ランタンがキャンプで使える
こちらが前回のLEDミニランタン。デザインはいい意味でチープ感があり、かわいらしい印象。その中でも黒いハンドル部分やボタンがアウトドアっぽさを演出していましたね。


今回の新作の見た目は、まさしく「スマイルランタン」のフォルムにそっくり。スマイルランタンとは、見た目のかわいさと程よい明るさから人気のLEDランタンです。

スパイスのスマイルランタンはキャンプで子どもに持たせよう
出典:スパイス
大きさは本家スマイルランタンの方が一回り以上大きく、セリアの方が小さくコンパクト。サイズは11×直径7cmで、前回のミニランタンと比べるとほとんど同じサイズです。

電力は、なにか変わった?

100円ショップのランタンがキャンプで使える!
前回のミニランタンは単4乾電池3本で、連続使用時間の目安は約12時間。


しいミニランタンは豆電池LR1130×3個使用、連続使用時間の目安は記されていませんでした。乾電池から豆電池に変わっているので重さは少し軽くなっています。

最初から豆電池はすでに入っていますが、パッケージには「テスト用ボタン電池」と表記されているので、電池のパワーには個体差があるかも。
ITEM
LR1130 ボタン
●型番:LR1130
●直径:約11.6mm
●厚さ:約3.1mm
●電圧:1.55V
●性質:アルカリボタン電池
また、長時間の保管をする場合は、無駄な電力消費を防ぐため電池を外しておくのがよさそうです。

カラーバリエーションは?

左からホワイト、ライトグリーン、レッド
「ライトグリーン」と「レッド」の2種、ナンバー入りも「ホワイト」と「カーキ」の2種がありました。編集部が探したところ、カーキを見つけられず写真は3種ですが全体で4種あるようです。

前作はレッド、グリーン、イエローの3色だったので、バリエーションを増やしてきましたね。

この4種が好みではないという方は、セリアだけでなく”Can☆Do”でも同様の形のミニランタンが6色のラインナップで発売しているので、(デザインが少し異なります)そちらも併せてチェックしてみてください。

肝心の明るさは?


今回のミニランタンで大きく変わったのが、暖色で点灯してくれるということ!

なぜかパッケージの点灯イメージは白色にしか見えませんが、実際に点灯してみるとこんな感じで暖かいオレンジ色に光ってくれましたよ。


前回同様にルーメン値は記載されていませんが、テーブルランタンとしてはなかなか明るいなと感じました。

img_5913img_5897
前回はこちらのように白色LEDっぽさが目立つ灯りでした。これはこれで良かったのですが、テーブルに置いたりするとなると、やっぱり暖色の方がアウトドア感が盛り上がります。ここはまさしく進化したポイントと言えるのではないでしょうか!


ちょっと室内だと雰囲気がよく分からなかったので、実際にキャンプで使用してみましたよ。


実際にキャンプで使ってみた


2ルームテントの入り口に吊るしてみました……これはいい感じです!

程よく明るく、サイズも小さいので目立ち過ぎず野暮ったくもありません。チープかわいい、まさに名脇役。


点灯時間も一晩中もってくれたので十分な長さと言えるでしょう。

このミニランタンをどう使う?

明るさがメインではなく、この108円という価格とチープかわいい”おもちゃ感”が魅力のLEDミニランタン。あなたならこのアイテムをどう使ってみますか? ランタン周りの飾りつけや、子ども用の迷子防止、お絵かきをして顔を描いてみるなんてのも楽しそうですね。

心配なのは突然の雨

ここは前回と同じく、防水仕様ではないので突然の雨には気をつけた方がよさそうです。室内使いや、屋根を確保した場所でのテーブルランタンとしての活用が安心。

次の進化はどうなる……?


圧倒的な低価格でキャンパーを楽しませてくれる100均ですが、ここまで来るといずれはメイン級の明るさを確保できるランタンも登場してもおかしくはありませんね……。次なる進化を楽しみに、今のミニランタンを楽しみ尽くしてはどうでしょうか?

 
More fun than light intensity
明るさよりも楽しさ

雰囲気を楽しむ系のランタンはこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!