CAMP HACK[キャンプハック]


テントメーカー一覧!全部知ってたらすごい?定番からマニアックまで

1



テントと湖

出典:PIXTA
海外のテントメーカーとしては、以下のような企業・ブランドが挙げられます。
・コールマン
・ザ・ノース・フェイス
・MSR
・ポーラー
・ノルディスク
・ヒルバーグ
・テンティピ
・ヘルスポート
・ファウデ
・ヘイムプラネット
・デワード
・ケシュア
・ミニマルワークス
・モビガーデン
・ダーチ

コールマン(アメリカ)

コールマンのロゴ コールマン(Coleman)は、1901年にアメリカで創業された歴史あるアウトドア用品メーカーです。

最近は廃棄されるテントやタープなどを利用して新たなアイテムを作り出すプロジェクト「MFYR」が注目されているように、長く使い続けられるロングライフ製品を生産することを目指しています。

コールマンのテントと聞くと、ドーム型テントの「タフ」シリーズを思い浮かべる人も多いでしょう。

2021年に発売された「タフワイドドームⅤ/300」はフロアサイズが大きく、ベントフレームを採用しているため、ロングセラーモデルの「タフワイドドーム」の中でも特に居住性が高くなっています。

コールマン タフワイドドームV/300

●サイズ:約495✕300✕195cm
●収納サイズ:約23✕25✕72cm
●重量:約11.0kg
●素材:【フライ】75Dポリエステルタフタ【インナー】68Dポリエステルタフタ【フロア】210Dポリエステルオックスフォード【ポール】アルミ合金/FRP


ザ・ノース・フェイス(アメリカ)

ザ・ノース・フェイスのロゴ ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)は、1966年にアメリカで創業されたアウトドアブランドで、タウンユースのファッションとしても世界的に高い人気を誇っています。

ダウンパーカーの原型となるシェラパーカーを開発したり、1975年に世界で初めてジオデシック構造を取り入れたドーム型テント「オーバルインテンション」を発売したりと、数々の名品を生み出してきました。

ザ・ノース・フェイスで注目したいテントが、2021年に新しく登場した「エバ」シリーズです。

ファミリーユースにも向いている「エバベース6」は、単体で大型シェルターとして使えるほか、同シリーズの「エバカーゴ2」「エバカーゴ4」と組み合わせることで、さまざまなキャンプスタイルに対応できます。

ザ・ノース・フェイス エバベース6

●サイズ:305✕305✕206cm
●収納サイズ:74×30cm
●重量:約9.55kg
●素材:【キャノピー】75D ポリエステルタフタ【フロア】150D ポリエステルオックス 10,000mmPUコーティング【フライシート】75D ポリエステルタフタ 2,000mmPUコーティング


MSR(アメリカ)

MSRのロゴ MSR(エムエスアール)は、1969年に登山家のラリー・ペンバシー氏が設立したアメリカの登山用品メーカー。正式名称は「Mountain Safety Research(マウンテンセーフティリサーチ)」です。

1973年に初めて山岳テントを発売して以来、山岳救助の現場でも使用される信頼性の高い製品を開発してきました。

MSRのバックパッキングテント「エリクサー」シリーズは、コストパフォーマンスが高く、初心者にも向いているモデルです。

テントの定員ごとに「エリクサー1」「エリクサー2」「エリクサー3」「エリクサー4」の4種類が用意されているので、用途に合わせてチョイスしましょう。

MSR エリクサー2

●サイズ:279✕213✕102cm
●収納サイズ:51✕17cm
●重量:約2.77kg
●素材:【フライ】68D ポリエステルリップストップ 耐水圧1,500mm ポリウレタン&DWR コーティング【ポール】7000 シリーズアルミ【キャノピー】40DリップストップナイロンDWR コーティング、20D マイクロメッシュ【フロア】70D ナイロンタフタ 耐水圧3,000mmポリウレタン&DWRコーティング


ポーラー(アメリカ)

ポーラーのロゴ ポーラー(POLeR)は、2010年にスタートしたアメリカのアウトドアブランドです。

サイクロプスロゴがトレードマークになっており、サーファーやスケーター、スノーボーダーのライフスタイルから影響を受けた遊び心のあるアイテムを提供しています。

ポーラーの定番モデル「2 MAN TENT」シリーズは、個性的で目を惹くカラーバリエーションを展開。

2021年には、イギリスのロンドンを拠点に活動するアーティスト、スティーブギー(Steve Gee)氏とのコラボレーションによる新色も登場しました。

ポーラー 2 MAN TENT CREAM FSG

●サイズ:152✕216✕101cm
●収納サイズ:50✕18✕18cm
●重量:約3.5kg
●素材:【フライ】30D ポリリップストップ 2000mm 防水【本体】20D メッシュ 高通気性【底面素材】210T ポリリップストップ 3000mm 防水 PU コーティング【ペグ、ポール】軽量アルミ


ノルディスク(デンマーク)

ノルディスクのロゴ ノルディスク(Nordisk)は、1901年にデンマークで設立されました。おしゃれなデザインで人気が高い北欧のアウトドアメーカーを代表するブランドのひとつです。

2021年からは「フォーマルキャンプ」をコンセプトにしたアパレルや雑貨を展開するライフスタイルラインもスタートしています。

ノルディスクの看板モデルといえば、ベルテントの「アスガルド」。シンプルながら洗練されたデザインが魅力です。

サイズは「アスガルド7.1」「アスガルド12.6」「アスガルド19.6」の3種類に加え、ソロキャンプやツーリングキャンプでも使いやすい「アスガルドテックミニ」があります。

ノルディスク アスガルドテックミニ

●サイズ:246×210×160cm
●収納サイズ:28×20×26cm
●重量:約4kg
●素材:【ルーフ】テクニカルナイロン【ドア・ウォール】テクニカルコットン


ヒルバーグ(スウェーデン)

ヒルバーグのロゴ ヒルバーグ(Hilleberg)は、1971年にスウェーデンで創立されたテントメーカーです。

インナーテントとフライシートが一体となった「ダブルウォール構造」のテントが主流で、性能によって「ブラックレーベル」「レッドレーベル」「イエローレーベル」「ブルーレーベル」の4つのグレードに分類されています。

ヒルバーグのトンネル型テントのファーストモデルである「ケロン」は、季節や場所を問わずに使用できる「ブラックレーベル」に区分されます。

「ケロン4GT」は「ケロン4」より入口部分が伸長されているため、前室がさらに広くなっているのが特徴です。

ヒルバーグ ケロン4GT

●サイズ:約210✕508✕110cm
●収納サイズ:約32cm×54cm
●重量:約5.5kg
●素材:Kerlon 1800(30デニールリップストップナイロン:両サイド100%シリコン加工)


テンティピ(スウェーデン)

テンティピのロゴ テンティピは、1989年にスウェーデンで設立されたテントメーカーです。

ラインナップはワンポールテントのみですが、基本モデルの「オキニス」、より性能が高い「ジルコン」、プロ仕様の「サファイア」など、さまざまなニーズに対応するテントを揃えています。

テンティピのテントの良さを残しつつ小型化したモデルの「オリヴィン」は、ソロキャンプにもぴったり。

「オリヴィン2CP」には煙突専用口も装備されているため、テント内部で焚き火を楽しみたい人にもおすすめです。

テンティピ オリヴィン2CP

●サイズ:直径2.8m(インナーテント使った場合)、高さ1.7m
●収納サイズ:50x24cm
●重量:6.0kg
■素材:Cotpolmex C.(CP)


ヘルスポート(ノルウェー)

ヘルスポートのロゴ ヘルスポート(Helsport)は、1951年に設立されたノルウェーのアウトドアブランド。

日本における知名度はそれほど高くないかもしれませんが、高品質なテントや寝袋を開発している北欧の老舗メーカーです。

ヘルスポートのドーム型テント「バランゲルドーム」は、冬キャンプを楽しむ人の間で人気を集めているモデルのひとつ。

燃えにくいポリエステル素材が使われており、テント内で薪ストーブが使えるように設計されています。

ヘルスポート バランゲルドーム

●サイズ:約435×470×210cm
●収納サイズ:約27×65cm
●重量:約9.75kg
●素材:【テント】ポリエステル(Helsport Rainguard 耐水圧3000mm)【ポール】アルミ


ファウデ(ドイツ)

ファウデのロゴ ファウデ(VAUDE)は、1974年にドイツのアイゼンバッハで立ち上げられました。

登山用品を中心にさまざまなアウトドアグッズを展開し、持続可能な素材を用いた製品づくりにも取り組んでいます。

ファウデのカーサイドテント「Drive Van XT 5P」は、車高2.15メートルまでのバンにドッキング可能な仕様。

ひと味違ったオートキャンプをしてみたい人におすすめのテントです。

ファウデ Drive Van XT 5P

●サイズ:約495×335×230cm
●収納サイズ:約70×38cm
●重量:14.0〜14.5kg
●素材:【フライシート】75DポリエステルPUコート3,000mm【インナーテント】68Dポリエステル【フロア素材】70DポリアミドPUラミネート10,000mm



続いては、同じくドイツのテントメーカーを紹介します。以下の画像にある、ユニークなフォルムのテントを製造しているメーカーの名前はご存知ですか?

ザ ケイブと車
出典:Amazon

関連記事