CAMP HACK[キャンプハック]


キャンプで快眠!極上エアーマットおすすめ5選【収納も簡単】

0


待望のスピードバルブを搭載。軽くて温かいネオエアー

次は「マットと言えばこれしかないでしょ!」という熱烈ファンが多いサーマレストのマットです。

重さは先ほどのシートゥサミットのおよそ半分

ネオエアー キャンパー SV
「ネオエアー キャンパー SV」は、信者が多いのも納得の軽さ(820g)とサイズ感(183×51cm、厚み7.6cm)。

ネオエアー キャンパー エアーマットらしいフワフワとした寝心地は、従来の「ネオエアー キャンパー」(上の写真)同様。周囲がこんもりと盛り上がっているので、マットから滑り落ちにくいデザインなんですね。

スピードバルブのおかげで空気入れがスムーズ!

ネオエアー キャンパー SV
このモデルの特徴は、なんといってもスピードバルブを搭載しているということ! 従来のバルブよりも断然ワイドな「スピードバルブ」を装備しているので、バルブの手前でフーッと息を15回ほど吹き込むだけでふんわり。バルブを口にくわえて吹き込むよりも断然息苦しくなりません。これはスゴイ!

最後のひと息はいつものバルブで

バルブ
ちゃんと見慣れたバルブも付いています。スピードバルブだけでは目一杯空気をいれることが難しいので、最後の調整はこちらのバルブを使います。

空気抜きは、まさに一瞬

バックル
スピードバルブ部分はよくある防水バッグ同様に、クルクルと丸めてからバックルで留める方式。

エアーマット
空気を抜くのもあっという間! これは便利です。エアーマットの収納に時間がかかっていた不器用さんは感動モノ。
一瞬で空気が抜ける様子はこちらでチェック!

バルブから中をのぞくと、内部を仕切り
バルブから中をのぞくと、内部を仕切りが見えます。

公式サイトによると、波状に区切るウェーブバッフルテクノロジーと、熱反射板を挟み込むサーマキャプチャーテクノロジーを採用しているとのこと。

また、公表されているR値=2.2。先ほどのシートゥサミットのR値5.2よりは大分低いですが、3シーズンのキャンプなら十分な断熱効果と言えます。

※2020年5月現在、生産は終了しています。類似後継品はこちら↓

サーマレスト ネオエアートポ

●サイズ:51×183cm※レギュラー (収納サイズ:23×14cm)
●重量:650g
●材質:表面/50Dポリエステル
●厚さ:7.6cm
●R値:2.3
●原産国:アメリカ


ロゴスのマットに待望の足踏みポンプ内蔵が!

電動ポンプ付きのベッドに定評があるロゴスですが、この春、待望の足踏みポンプ内蔵マットがリリースされました。「エアライトマット(ポンプ内蔵)」です。

ポンプ込みで540g!空気入れは1分で完了

エアライトマット(ポンプ内蔵)
エアライトマット(ポンプ内蔵)のサイズは、185×52cm、厚みは約10cmです。重量はポンプ込みで540gとかなりライトなことがわかります。

エアライトマット(ポンプ内蔵)
これがポンプ部。かかとで穴を塞いで踏み込み、脚を上げるときに少しかかとを浮かせるのがコツです。空気の注入は約1分! なんとスピーディーなんでしょう。

ただ、ポンプを踏むので、地面にとがった石などがないことを十分注意してくださいね。
ロゴス公式の動画でも分かりやすく紹介しているのでご覧ください。
バルブ
もうひとつ、マットの足下にバルブが付いているので、ここの弁を内側に開けばあっという間に空気を抜けます。

バルブ
ちなみに空気抜き用バルブは、フタをあけるだけではこのように弁が閉じ他状態です。なのでうっかり間違えてバルブを開けてもすぐには空気が抜けません。ここらへんの安心設計は、さすがロゴスさん。

価格も10,000円ほどなので一番この中では手に入れやすい価格帯です。

こちらのマットは断熱仕様ではなくR値は公開されていません。冬場の使用は注意が必要です。

ロゴス エアライトマット

●総重量:(約)540g
●サイズ:(約)185×52×10cm
●収納サイズ:(約)10×10×28cm
●構成:マット、収納袋
●主素材:ナイロン(TPU)、PU


左右への揺れを感じにくく底付きも抑制した快眠パッド

ニーモ「ベクターキャンプインシュレーテッド25L」ほか、すでにいくつかのモデルでフットポンプを内蔵しているニーモですが、ここ数年は、ポンプ内蔵の扱いやすさに加え、寝心地のよさも大きく進化させているんです。

あの不快な「底つき」を感じにくい

エアーマット
サイコロを組み合わせたような独特の内部構造により、肘をついたり、立て膝をついたりといった場合でも底つきをほとんど感じません。

「え、そんなこと?」と思うかもしれませんが、フィールドで寝ていると、不意に起き上がるときの底付きで「痛い」「冷たい」と不快に感じてしまうもの。これはありがたい仕様です。

左右への横揺れもしづらい仕様

また、この独自構造により左右への揺れがあまりないことも特徴。両サイドが少し高くなっていて横になったときの安定感がいいなど、「眠り」への工夫が満載です。サイズは、193×64cmで、厚みは8cm。重量855g。

エアーマット
これがフットポンプ。効率よく空気を取り込めるバルブなので、脚を素早く、小刻みに動かしてもきっちり空気が入ります。

エアーマット
硬さの微調整はこちらの従来式バルブで行います。赤いキャップがなんだかステキ。

バルブ
収納時はバルブを全開に。スピーディーにぺたんこになります。内側もちょっとだけ見えて、プリマロフトをラミネートしていることがわかります。これで断熱性を持たせているんですね。(R値は公開されていません。)

NEMO(ニーモ・イクイップメント) ベクターキャンプ インシュレーテッド25L

●本体重量:855g
●幅:64cm
●長さ:193cm
●厚さ:8cm
●収納サイズ:22×Φ15cm
●素材:75DポリエステルRS(ボトム)/30DポリエステルRS(トップ)
●付属品:専用スタッフサック、コンプレッションストラップ、リペアキット

関連記事