【保冷力に脱帽】ハードクーラー信者が“最強ソフトクーラー”を使ってみた結果

メーカーによる試行錯誤の結果、クーラーボックスのソフトとハードで保冷力のレベルが縮まってきているんだとか。クーラー業界は空前の戦国時代!各社からスペックの高いソフトクーラーが発売されていますが、その中でもずば抜けて保冷力が高い“ソフトクーラー”が巷で人気を集めているようです。今回は、ソフトクーラーの力にいまだ疑い続けるハードクーラー信者に、実際の保冷力を体験してもらいました。


最近のソフトクーラーの性能がめっちゃ向上しているらしい


暑い夏のキャンプは、冷たい飲み物が欲しくなりますよね! キンキンに冷えたドリンクをひと口飲むだけで「プハ〜ッ!」と発しながら、体が喜んでいる感覚が。

冷たい飲み物を保冷するなら、ソフトクーラーよりハードクーラーのほうがいいと思っている人が多いでしょう。しかし、最近はソフトクーラーのクオリティが上がってきているんだとか。そんなウワサを耳にしたからにはリサーチするしかない! そこでアメリカから上陸した途端爆売れしているという“最強ソフトクーラー”で調査してきました。

ハードクーラー信者がインプレ!ソフトクーラーの威力を試してみた


今回調査をしたのは、キャンプ歴3年目=ハードクーラー使用年数の編集部員M氏。プライベートのキャンプでは必ずと言っていいほどハードクーラーを持っていくと生粋のハードクーラー信者。

「始めて3度目のキャンプで使ったとあるメーカーのハードクーラーが、ひと晩置いても中に入っていたドリンクが冷えたままだったことに感動したんです」と、ハードクーラーの魅力を語ってくれました。


今回使ったソフトクーラーはこちら!


そんな編集部員Mに今回使ってもらうのは、1990年にアメリカで産声をあげた「AO Coolers(AOクーラー)」。元々は食肉や水産業など業務向けクーラーを販売し、米国で確固たる地位を築いたブランドです。近年では個人向けのクーラーを販売し、世界中で知名度を上げています。

その中から、今回はキャンバスシリーズ 24パックを使用しました。「ソフトクーラー? 保冷性なんてまったくないでしょ!」と言い切る編集部員 M。果たして、あの“最強ソフトクーラー”を調査してどのようなことがわかったのでしょうか……!?

調査スタート!果たして保冷力の結果はどうなったのか……!?

では早速、調査開始です!

調査①:まずは見た目から!「デザイン」をチェック


「へえ〜ちょっと変わったデザイン! 口が広めになっていて取り出しやすそうですが、クルマに載せるときに不便そう」と編集部員 M。

しかし、サイドにあるバックルが何か気になる模様。これは一体どのような意味があるのでしょうか。下の両サイドにもバックルがあるので、それをつなげてみると……。


なんとボックス型に変形! 編集部員 Mは、「おっ、バックルの脱着で2つの形に変化することができるんですね! しかも、クーラーの表面をよく見ると丈夫そうな生地を使っています。艶がなくシックな佇まいでカッコいい……」と思わず呟いてしまいました。


そう、AOクーラーの特徴はバックルを使った2WAYデザイン。バックルを開けた状態の機能は後ほどご紹介するとして、締めてボックスデザインにすれば車載時に無駄なスペースがなくなり、キレイに収納することができます。


また、このキャンバスシリーズはその名の通り、厚手のキャンバス生地を採用。糸はナイロンを使用しているので、耐久性もあり引き裂き強度も高いんです!

調査②:品質はどうなっているの?「内部」をチェック


次に中身を拝見。ジップを開けて中を見てみると、「思ったより中が広いですね。何より、断熱材部分が思った以上に肉厚! もしかしたら本当に保冷力があるかもしれませんね」と編集部員 M。徐々にAOクーラーの魅力に気づき始めている模様です。


AOクーラーの断熱材はとても肉厚で、厚さは1.9cm。平均的なソフトクーラーの厚さ0.6cmとされているので、約3倍もあるんです(※メーカー調べ)!

調査③:どのくらい入るのか?「収納力」をチェック


バックルを外した状態で、水のペットボトル2Lを4本入れてみました。縦にもう1本入るくらいの余裕があります。

「おおっ! 24パックなら2Lのペットボトルを縦に入れても収納ができるんですか! ハードクーラーでも2Lのペットボトルを縦に入れられるものは多くないのに。なかなかやりますね……」

編集部員 Mがソフトクーラーのほうへだいぶ心が動いてきたか!?


ここで収納力をおさらいです。このキャンバスシリーズは12、24、48パックの3サイズ展開。24・48パックは、バックルを外した状態で2Lのペットボトルが縦に収納することができます。


また、今回使った24パックのマチは25cmと広めにとられているので、多くの食材や飲み物を入れることができます。収納力も抜群であるところも魅力なのです!




試しに、2Lのペットボトルを4本、缶ビール6本(1ケース)、350mlのペットボトル2本(カメラマン、編集部Mの飲んでいた分)、そして氷を入れてみましたが、この通りしっかりと収納することができました!

調査④:最後に気になる「保冷力」をチェック


今回は保冷力を確認するために、氷がどのくらい溶けないかを試してみました。条件としては、朝6時に氷を購入してソフトクーラーに入れ、キャンプ場の日陰で夕方6時まで保管。12時間放置しました。

この日は最高気温28度、最低気温20度。天候は曇りですが、ときおり日が差す時間帯もありました。そのような条件で、果たして中に入っていた氷はどのくらい残ったのでしょうか……!?


12時間後、氷を取り出して中を調べてみました。

「!!! うわさどおり氷もしっかり残っていますね! 全体の1/3は形がしっかり残っている状態です。今まで見てきたソフトクーラーの中で、これほどまで氷が残っているのはなかったかもしれません。恐れ入りました……」

編集部員 Mも、この威力に脱帽したそうです。


氷がここまで残っている秘訣は、断熱材の外にさらに防湿用のポリエチレンフィルムを貼り、保冷力を強化しているところ。

また、内側の生地にはポリエステルの紡糸シートも付けており、結露も防止しています。さらに、5層構造でそこからの熱を遮断し、保冷力を守っているのが特徴です。

最強ソフトクーラーの魅力はそれだけじゃない!


収納力も保冷力も申し分なし。となれば、比例して重さが十分にあるのでは? と思う人もいるでしょうが、いえいえ実は24パックの重量は1.5kg! 12パックに至っては907gと1kgにも満たないんです。


中に食材やドリンクをたっぷり入れて持ち運べるように、ショルダーベルトも付属。女性でも簡単に持ち運べる設計になっています。


ライナーには厚手の「TPUライナー」を採用。中のドリンクの結露や漏れた水分が外へ出ないよう、縫い目のないつくりを実現しました。もちろん水を弾く性質があるので、タオルで中をサッと拭けるところも魅力です。


また、カラーバリエーションが豊富なのも特徴。このキャンバスクーラーは全部で5色展開。柄はモッシーオークもあり、見た目のかっこよさを選ぶならこっちもおすすめです。


さらに、2018年夏の新作でモッシーオークのNEWカラーが登場! 水面をイメージした涼しげなカモフラージュ柄は、キャンプだけでなくウォータースポーツにも最適。こちらもチェックしてみてください。

AOクーラーの他のシリーズを知りたい人はこちらをチェック

【結論】最強ソフトクーラーはハード信者を納得させる高性能ギアだった!


抜群の保冷力とそれを実現する多彩な機能、十分な収納力、そして豊富なラインアップと、まさに“最強ソフトクーラー”といっても過言ではない実力がわかった今回の調査。機能重視でモノを選ばれる人は、ぜひこちらを試してみては?

ちなみに、ジッパーの開け閉めが多かったり、あらかじめクーラーの中を冷やしてから食材やドリンクを入れたりしないと、本来の保冷力が発揮できない可能性があります。中の冷気を脱がさないようにする工夫をしておきましょう!

AOクーラーが気になった方は、もっと詳細をチェックしてみよう

撮影協力:青根キャンプ場

Sponsored by 株式会社ビッグウィング

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!