【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


『富士スピードウェイ』でキャンプができるって知ってた?”レースとキャンプ”異色コラボを調査

0

自然に囲まれた中でのキャンプは、言うまでもなく癒しの空間であり、チルアウトする絶好の機会。しかしながら、回を重ねるごとにマンネリ感を覚えるのも事実です。そんなときに、サーキット脇でレース観戦しながらキャンプができたら……?そんな異色のコラボがもしあったら興味をそそられませんか?!じつは富士スピードウェイで昨年から行っているイベントがあるんです。6月1~3日(金~日)に行われたイベントの模様をお届けします。


たまにはチルキャンプでなく、”シゲキ”強めなキャンプ体験を

富士スピードウェイのコースサイドの観戦エリアや、少し離れたグラスエリアでアウトドアを楽しむキャンパーたち
森や林間、リバーサイドなど自然の中でまったりとチルアウトするキャンプは本当に心休まるひと時です。しかしながら、頻繁に行っているとマンネリしてくるのも正直なところ。

そこで今回はカーサーキット脇でキャンプを楽しみながら刺激的なレースを観戦できて、かつ富士山や自然も望めるいいとこ取りの「富士スピードウェイ」を紹介しましょう。


静岡県駿東郡小山町の富士山の麓に位置する富士スピードウェイは、サーキットで有名な場所。けれどそれ以外にも遊び場が充実していて、まさに”知るひとぞ知る”キャンパーの注目スポットでもあるんです。

「泊まれるなんて知らなかった」という人も多いようですが、じつは大きなレースが開催される週末は解放されて、充実した設備の恩恵を受けながら、富士山の麓でキャンプを味わえます。


まず魅力は、なんと言っても広大なこと。サーキットは1周4.5km以上(!)もあり、その周囲の芝のエリアは基本、テントの設営がOK。しかも大きなレース開催時は、テントの持ち込みによる宿泊がOKなほか、テントとサイトがセットとなるパッケージが用意されることもあり、こうした機会を利用すれば、テーブルやシェラフなど基本セットの持ち込みだけで、快適なキャンプが楽しめちゃうんです。今回、「富士SUPER TEC 24時間レース」の開催で大勢のキャンパーたちが集まったのを機に、現地のキャンプ事情を報告します。