インドアもアウトドア派も!カシオのスマートウォッチがおすすめ

カシオが今力を注いでいるのが、 スマートアウトドアウォッチ「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)」の開発。16年に発売したWSD-F10を皮切りに、続々新作が出ています。今回はそのベースモデルから新作モデルをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:カシオfacebook

とにかくカッコいい!PRO TREK Smart(プロトレックスマート)

カシオ スマートウォッチ スマートウォッチとは、アップルウォッチに代表されるように時間の表示や計測だけでなく、高度や温度、心拍などのバイタルデータを収集して見やすく表示する機能を持つ時計のこと。

そんなスマートウォッチの開発に、今かなり積極的なのがカシオ計算機。(以下、カシオという)中でも「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)」シリーズは、カシオが特に注力しているスマートウォッチと言えます。

iPhone、Android両ユーザーが使える!

カシオのスマートウォッチと携帯 「PRO TREK Smart」は、Android Wear(現在は名称変更してWear OS by Google)をOSとして採用した、アウトドアフィールドで活躍するスマートウォッチ。Gショックの堅牢性を引き継ぎつつ、スマートウォッチの機能を持ち合わせた新しい時計です。

また、iOS(iPhoneのOS)やAndroidにも対応するOSを搭載しているため、両ユーザーが使えるのポイント。機種変更しても使い続けられるのが嬉しいですよね。

ここまで「PRO TREK Smart」シリーズの説明をしてきました。続いては新作を含めた各モデルたちを詳しくご紹介します。

ベースモデル「WSD-F20」

カシオ WSD-F20 WSD-F20は、「PRO TREK Smart」のベースモデル。Android4.4以上を搭載したスマートフォンか、iOS9.3以上を搭載したiPhoneが必要です。AndroidでもiOSでもどちらでも機能に制限がないところがポイント。

2つのディスプレイで視認性抜群

カシオ プロトレック カシオのスマートウォッチにはアナログ時計やデジタル時計など、時計の表情となるウォッチフェイスが9種類搭載されています。その日の気分や用途によって気軽に切り替えることで時計を変えたようなに気分でディスプレイを変えることができるんです。
※カシオ製ウォッチフェイス一覧はこちら

日常でもアウトドアでも役立つ「GPS機能」

スマートウォッチ GPS機能 前作の「WSD-F10」は、スマートフォンと連動することでGPS機能が使えましたが、今作はGPSを時計単体へ内臓。そのため、スマートフォンのバッテリーを気にする必要がなくなりました。

アンテナは、アメリカのGPSに加えて、ロシアのGLONASS、日本の準天頂衛星「みちびき」に対応させたことにより、安定した位置測位が可能に。登山ルート確認はもちろん、日常の消費カロリーなど健康管理面でも役立つので、アウトドア派にもインドア派にもこのGPS機能はおすすめです。

オフラインで地図が表示できる!

カシオ スマートウォッチ スマホで地図検索するのと同じスピード感で使える、マップ表示機能が「WSD-F20」で実現。あらかじめ地図をダウンロードすれば、スマホと連動していないオフライン状態でも地図表示できるのが最大のメリットと言えます。電波がなくても、卓越したGPS機能がカバーしてくれるのは有り難いですね。

ここで留意しておきたいのが、バッテリー問題です。通信圏内であれば、ダウンロードせずとも地図を表示できますが、スマートウォッチ、スマートフォンのバッテリー消費量が馬鹿にならないので、あらかじめ地図はダウンロードしておくのがおすすめ。また、表示できるマップは1つで、新しく作ると前に作ったマップが上書きされ消されてしまう点にも注意が必要です。

カシオ プロトレック・スマート WSD-F20

アウトドアに特化したスマートウォッチとして、フィールドでの実用性を徹底的に追求したモデルとしておすすめの一本です。
ITEM
カシオ プロトレック・スマート WSD-F20
●サイズ:約 61.7 × 57.7 × 15.3 mm (ボディ部分の縦 × 横 × 厚さ)
●OS:Wear OS by Google
●質量:約 92 g (バンド含む)
●防水:5気圧
●GPS:搭載 (GPS、GLONASS、みちびき対応)
●電池寿命:GPS 使用なし、通常使用(カラー表示): 約1日、通常使用(カラー表示オートOFF※3):約2日、時計のみ(タイムピースモード):約1ヶ月以上(使用環境によって変動します)
GPS 使用時、毎秒測位(カラー表示): 6~8時間(精度優先)/ 約18時間(バッテリー優先)、毎秒測位(カラー表示オートOFF※3): 7~9時間(精度優先)/ 約25時間(バッテリー優先)、間欠測位(カラー表示): 約1日(6分間隔測位)、間欠測位(カラー表示オートOFF※3): 約2日(6分間隔測位)、(使用環境によって変動します)

冬のアウトドア仕様「WSD-F20X」

カシオ スマートウォッチ ウィンターシーズン直前の2017年11月17日に発売されたのが、「WSD-F20X」。冬のアクティビティは厚手のウェアを着ますよね。なので腕時計は服の中に隠れてしまい、いちいち袖をまくって時間を確認にする必要がありました。

しかし、このモデルには厚手のウェアの上からでも着用できるよう、クロスバンドが付属しています。まさに冬のためのプロトレックと言えそうです。価格はクロスバンドが付属している分、通常のモデルよりも5,000円高の56,000円(税別)となっています。

カシオ プロトレック スマート WSD-F20X

冬のアクティビティにもプロトレックの機能を余すことなく使い切るタフギア。厚手のウェアのうえからも着用しやすい付け替え用クロスバンドが付属します。
ITEM
カシオ プロトレック スマート WSD-F20X
●サイズ:約 61.7 × 57.7 × 15.3 mm (ボディ部分の縦 × 横 × 厚さ)
●OS:Wear OS by Google
●質量:約 94g (ソフトウレタンバンド装着時)、約 90g(クロスバンド装着時)
●防水:5気圧
●GPS:搭載 (GPS、GLONASS、みちびき対応)
●電池寿命:GPS 使用なし、通常使用(カラー表示): 約1日、通常使用(カラー表示オートOFF※3):約2日、時計のみ(タイムピースモード):約1ヶ月以上(使用環境によって変動します)
GPS 使用時、毎秒測位(カラー表示): 6~8時間(精度優先)/ 約18時間(バッテリー優先)、毎秒測位(カラー表示オートOFF※3): 7~9時間(精度優先)/ 約25時間(バッテリー優先)、間欠測位(カラー表示): 約1日(6分間隔測位)、間欠測位(カラー表示オートOFF※3): 約2日(6分間隔測位)、(使用環境によって変動します)

2018年新作「WSD-F20SC」

カシオ スマートウォッチ
出典:カシオ
カシオプロトレックスマートのニューアイテム。2018年6月8日に発売されたばかりのモデルです。ベースモデルの「WSD-F20」の流れをくむデザインながら、メタルが持つ上品な質感がビジネスシーンでも映えそうです。

ウレタンやファインレジン特有の耐久性・装着性を実現したフィールド  コンポジットバンドや風防にサファイヤガラスを採用するなど、世界限定700本にふさわしいプレミアムな一本です。価格も100,000円(税別)となっておりプレミアムです。
公式HPはこちら

PRO TREK Smartの評判は?

カシオ スマートウォッチ 人気を博しているプロトレックスマートですが、使った人の評判を見てみましょう。

スマホと同じように、面白がって色々いじっていると、あっという間にバッテリー残量が減っていきます。充電はマグネット接続式ですが、専用ケーブル又は変換アダプタが必要となるため、自宅、職場、車内等それぞれ個別に置いておきたい場合、出費がかさみそうです。

加えて、マグネット自体は割と強力そうなのに、時計との接続が弱く、少しぶつかっただけで簡単に外れてしまうため、充電する状況には多少気を使う必要があります。
電池のもちを考えると、頻繁に充電を行わなければならなくなりそうなので、この点はもう少し考えて欲しかったです。
(出典:楽天

 

懸念していたバッテリーも、基本モノクロ表示にしてたまにいじる程度であれば1日は余裕で持つかと思います。一日中山にこもって頻繁に使用するなら厳しいかもしれませんが…

唯一不満なところは充電のコネクタがちょっとした拍子に外れるところです。
もう少し機械的にカチッと端子がはまるようなものの方が確実で良かったのではないかと思います。(出典:楽天

色んなアプリを連動させるとなると、バッテリーの持ちが気になるユーザーが多いようです。また、充電ケーブルが抜けやすいなどの声も多数見受けられました。今後の改善をぜひ期待したいですね。

今後もカシオに期待!

カシオは時計に対する専門知識や長い歴史を持つメーカーであるものの、スマホの使えない場所で、ウェアラブルだから提供できる利便性を提供することに拘ってスマートウォッチ作りに注力しています。Android Wear搭載のスマートウォッチ市場のなかでのシェアは3位のポジションですが、アプリメーカーとの協業を通じてアウトドア向けスマートウォッチとしてのブランドを確立しようとしているカシオに期待大。

カシオのプロトレックスマートから目が離せない!

カシオ スマートウォッチ 時計メーカーとしての長い歴史を持ちながらも、さらなるユーザーの利便性の向上を図るためにスマートウォッチ作りに注力するカシオ。

Googleやアプリ開発メーカーと協業を深めアウトドア向けのスマートウォッチを更に進化させようとしています。これからもカシオから目が離せない!

 

Pay attention to Casio’s pro-trek smart!

カシオのプロトレックスマートに注目しよう!


関連する記事

カシオ スマートウォッチ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
keiichiro kaneko

学生時代、競技スキーを志す傍らで始めた山とスキーの専門ショップでのアルバイト。そこで初めてキャンプに出会い、最近ファミリーキャンプを卒業。今後、ソロキャンパーを目指す焚き火好き。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!