初心者必見!ガーミンを選ぶならこの3モデルは見逃せない

ガーミンは様々なジャンルの腕時計を展開していますが、中でもGPSメーカならではの機能を搭載したランニングウォッチが人気ですよ。今回は、初心者ランナーにおすすめのランニングウォッチを3つご紹介。選ぶ際に見るべきポイントなども解説します。


アイキャッチ画像出典:Facebook/GARMIN

ランニングに最適な時計って?

ランニングを始めて自分のタイムが気になりだすと、時計が欲しくなってきませんか?これから購入される方には、GPS機能付きがおすすめです!

GPS機能があれば、いまの自分の状況がわかる

なぜならタイムはもちろん、走った区間ごとのペースや距離がリアルタイムで表示されるので、走りながら今の自分の状態を知ることができるんです。

A post shared by Garmin JP (@garminjp) on


GPS専門会社「ガーミン」の時計は、その正確さと衛星電波受信の早さにおいて根強い人気があり、Amazonランキングでは(ランニングGPS・アクセサリーの売れ筋ランキング)、常に上位にランクインしているほど。

今回は、そんなガーミンの中でもランニング用に特化したスポーツウォッチ「ForeAthlete(ファアアスリート)」シリーズから、超人気モデルをピックアップしてご紹介します。


ガーミンのForeAthleteシリーズって??

ガーミン 10 2013年に発売された「10J」からはじまり、発売されたばかりの「645」を含めて全12機種がリリースされています。もちろん販売終了している時計もありますが、根強い人気を誇るモデルはオークションやインターネット通販をみるといまだに流通しているほど。

ロングセラーの定番モデル「10J」

機能もシンプルで初心者にも使いやすいのは、やはり「10J」です。ランニングに最低限必要な機能を備えており、しかも1万円以下で買える驚きのリーズナブルさ! はじめの1台におすすめです。
ITEM
ガーミン フォアアスリート10J
●重量:36g
●カラー:ブラック、グリーン、ピンク、ブラック×シルバー
●機能:取得ラップ数50・自動ラップ(距離)・自動ポーズ・履歴確認

GPS機能がこんなに便利だとは!この時計のおかげでペース確認ができ走る楽しみが倍増しました。 


ForeAthleteシリーズのロングセラーモデルを見たところで、続いては人気機種3つを一気にご紹介します。

おすすめのランニングウォッチ①ForeAthlete 220J

出典:GARMIN
220Jは、2014年に発売されたモデルですが、今でも根強い人気があります。(※今は販売終了しています)稼働時間は約10時間でフルマラソンにも対応でき、40.7gという軽さは女性からも高評価です。「ランニングウォッチなんだから、ライフログ機能や心拍数、スマホの通知はいらない!」という方には、コストパフォーマンスのよいモデルといえます。

220Jの評判は?

10キロマラソンで使用しました。1キロ毎にアラーム&ブザーが鳴り、ラップタイムを確認できてとても走りやすかったです!おかげでベストラップ出ました。(出典:楽天

また、ランニング後、パソコンにつないでどこを走ってきたのか、距離等わかりやすいです。自分の走りを毎回確認して楽しそうです。

トンネル等は少しずれますが、GPSもかなり正確で、グラウンドを何回、周回したのかやコンビニに寄り道したのもわかります。

GPS付きのランニングウォッチとして必要な機能だけが詰め込まれたロングセラーモデルは、初めてガーミンを購入する方にもおすすめです。(出典:楽天

ITEM
ガーミン フォアアスリート220J
●サイズ:W45mm x H45mm x D12mm
●重量:40.7g
●防水:50m完全防水
●GPS:みちびき対応高感度GPSチップ

付け心地は軽い上に、心拍数やラップタイム、速度をチェックしながら走れ、パソコンに同期すればピッチも確認できます。


おすすめのランニングウォッチ②ForeAthlete 230J

出典:GARMIN
大ヒットモデル220Jと比べ、全体のサイズはほぼそのまま、大画面になったスタイリッシュなモデルです。稼働時間も16時間と大幅にアップしています。またライフログ機能が搭載されているため、毎日のステップ数や消費カロリーなどが把握できます。好きな時計表示をダウンロードしたり、スマホへの着信やメールなども画面に通知したりできるので、普段使いもしやすくなっています。

230Jの評判は?

なによりiPhoneと連携し、メッセージ、スケジュール、着信、天気、LINE、メッセンジャー、Facebook、全てバイブで通知があり、文字数によっては内容も見れるのでちょー便利。
曲の送り戻しも時計から可能。ライフログなる万歩計と消費カロリー計が付いているので、はっきり言って愛用のロレックスを仕舞い、普段使いになってます。(出典:楽天

フルやウルトラを走る予定はなく、日常のジョギングでリアルタイムにペースを確認できればよいと思って、10Jをポチる寸前までいっていたのですが、電池の持続時間が不安でこちらの製品にして結果的には大正解でした。

走る分には5時間持てばいいのですが、10時間持てば登山や街歩きの軌跡を記録することができます。ガーミンコネクトからGPXファイルをダウンロードすれば他のサイトで地図上に表示もできて便利です。(出典:楽天

直感的に操作できる使いやすさと、スタイリッシュな見た目が、人気の秘密のようですね。

ITEM
ガーミン フォアアスリート230J
●サイズ:W45 x H45 x D 11.7mm
●重量:約41g
●防水:50m防水

GPSがついているので、普段の走行距離、ペース、アップダウンなどの情報が
簡単にスマホで見れるので大変便利です。
非常に軽く、つけているのも忘れるくらいです。


おすすめのランニングウォッチ③ForeAthlete 235J

出典:GARMIN
230Jにはなかった、光学式心拍センサーが搭載されているモデルです。心拍数や最大酸素摂取量を5段階のゾーンで表してくれるので、目的に合った運動強度が視覚的に分かりやすく、効率の良いトレーニングを行うことができます。さらに、ランニング後疲労が回復するまでの時間や、マラソンの予想タイムを表示してくれる機能も。

235Jの評判は?

ランニング 目的での購入でしたが、毎日アクティブトラッカー(活動量計)として活用しています。心拍数、歩数、睡眠状態などが数値化、視覚化されるので、運動のモティベーションが上がります。3年ほど220Jを使用していたが、スマホとの連携も含めて、235Jは格段の進歩をしている。(出典:楽天

ベルトのフィット感がとてもいいです。当初は、220Jの購入を検討していたのですが実物を腕につけてみると220Jに比べて柔らかく滑らかでした。脈拍センサーが時計裏蓋につけてありその部分だけ少し厚みがありますがストレスを感じさせません。デザインもよくスーツの時につけていても違和感はありません(出典:楽天

努力の結果を数値とグラフで表示してくれる235Jは、自分の今の実力を教えてくれるだけでなく、目標を設定できてモチベーションも高めてくれそうです。

ITEM
ガーミン フォアアスリート235J
●サイズ:W45 x H45 x D11.7mm
●重量: 約42g
●防水:50m完全防水
●GPS:GLONASS/みちびき対応高感度GPSチップ(捕捉時間短縮化)

ランニング用に購入。GPSの察知が早くとても性格です。ラップタイム、現在のスピードなどなど情報がたくさんあり、楽しく走れます。時計も好きな液晶に変えられるので、普段の時計としても飽きずに使えます。

ガーミンコネクトで記録を保管でき、STRAVAと連携しているため、友達と競えます。ランニング好きには是非、買ってもらいたいです。 

続いては、ランニングウォッチを選ぶうえで、知っておきたい3ポイントについて説明します。

最低限見るべき3つのポイント

ガーミンのおすすめモデルをご紹介してきましたが、そもそも「ランニングウォッチ選び」で見るべきポイントどんなところなんでしょうか?これだけは外せない、3つのポイントをお伝えします。

ポイント①防水

出典:写真AC
ランニング中の汗はもちろん、水分補給や突然の雨など、時計が水分にさらされる機会は少なくないです。防水機能がしっかりしているものを選ぶことで、安心してランニングを楽しむことができます。

ポイント②視認性がいいもの

出典:GARMIN
時計を見るためにランニングの足が止まってしまうのでは、トレーニング効果が落ちてしまいますよね。表示が大きくて、太陽が照りつけても暗い場所でも見やすいものを選ぶことで、走りに集中することができます。

ポイント③軽量

走っているうちに疲労がたまり、脚や腕を上げるのがつらくなってくる……そんな状況下で、時計をつけている腕がどんどん下がってしまった経験はありませんか?

どんなに機能満載の時計でも、走りに影響があるようでは本末転倒です。わずかな重さの差が、大きなタイムの差になるかもしれません。

何を目指すか、目的によって選び方は変わる

ハーフマラソンか、フルマラソンか、あるいはウルトラマラソンか、果てはトライアスロンか……。目指す目的によって、ランニングウォッチに必要な機能も異なってきます。例えばバッテリー時間。フルマラソンなら6時間程度あればカバーできまが、ウルトラマラソンになると10時間以上は必須です。

そこで、まずは使用する目的を明確にしてからランニングウォッチを選びましょう。今回ご紹介したモデルは、普段のトレーニングはもちろん、フルマラソンでも対応出来るスペックを持ち合わせていますが、ウルトラマラソンでは正直厳しいでしょう。

ガーミンがランニングを楽しくしてくれる!

A post shared by Garmin JP (@garminjp) on


走り始めた頃と比べて、スピードがついてきた!楽に走れる!という体が感じる嬉しい変化を、ガーミンは数字やグラフで示してくれます。感覚的なものを数値で確認できると、次の目標も設定しやすくなりますよね。ガーミンをフルに活用して、ランニングをレベルアップしていきましょう!

ガーミンと走ろう!

Let’s run with GARMIN


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Akiko

キャンプ、川、車、料理、ビールが大好き!な2児の母です。アウトドア好き旦那、釣り好き息子、冬でも泳ぎたい娘とファミリーキャンプを楽しみながら、キャンピングカー購入を計画中!

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!