CAMP HACK[キャンプハック]


【コレよかった!】2,000円でずっと旨いビールが飲めるなら安いもんだ!

0


単4電池2本で動く、シンプルな設計


パッケージの側面に「1秒間に4万回のパワー。超音波が生み出すきめ細かいクリーミーな泡」と書いてあります。

この数値の基準は分かりませんが、なんだか凄そうです。


使い方は、缶ビールにかぶせて使うという単純なものだったので、子どもでもオモチャ感覚で扱えそう。


いざ開封。本体はこれだけです。


「缶と一緒に持ちましょう」という旨の注意書きが書いてあるので、これを丁寧に剥がします。


なんだかWi-Fiとつながりそうなデザインですが、ただのビアサーバーです。


裏面のシリコン製リングは、缶ビールとフィットしてくれる部分。


背面にはポチッと押すタイプのボタンが。これを押すことで超音波が発生する仕組みのようです。


本体を上下に分解し、電池単4電池が2本を入れます。


電池を入れたら分離させた2パーツをパチッと装着。マグネット式なのでとてもシンプル簡単でした。

これで準備OK! いざビールをそそいでみたいと思います。

まずは家で使ってみます


プシュっと缶を開けてから、装着! ただ押し込むだけで装着はできました。


まずは、何もせず普通にビールをそそぎます。この後がこのビアサーバーの真骨頂!

スイッチON!


背面のスイッチを押して、赤いランプが付いたら再び同じようにそそぎます。

すると今度はビールの液体ではなく「泡」が出てきました。


ちょっと泡を入れすぎてしまいました。ここらへんの分量は慣れが必要そう。

耳を立てるとかすかに振動音が聞こえてきます……この超音波でクリーミーな泡を発生させているようです。

美味しい!!お店で生ビールを頼んだときの飲み口

一口飲んでみると、「これが1秒4万回のパワー……!!」と驚かずにはいられませんでした。

製品プロフィールで謳っているとおり、クリーミーな泡がお口を潤してくれ、飲み応えがいつもの缶ビールのそれとは大きく違っていました。これは美味しい&楽しい。

グリーンハウス ワンタッチビールサーバー

●適応サイズ:250ml / 330ml / 350ml / 500mlの缶
●単4形乾電池×2本(別売り)で約30分
350ml缶を約120本分使用可能(缶1本で15秒使用した場合)


野外での使い心地、その他の注意点は??

それでは実際にキャンプやBBQではどうなのか、外に持ち出して使ってみます!

関連記事