スマートウォッチの「あれこれ」カンタン解説とおすすめ最新モデル2019

2019/10/28 更新

スマートウォッチってどんなことができるの?今回はそんな方向けに、スマートウォッチのカンタン解説と最新モデルをご紹介! スマートウォッチの特徴やできること、選び方などもお教えします。自分にあったスマートウォッチを見つけよう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

スマートウォッチとは?

スマートウォッチ
出典:pixabay
スマートウォッチとは、スマートフォンと連携して使う腕時計型端末のこと。

時計でいう文字盤に当たるディスプレイで、時間はもちろんメール通知を確認することやアプリと連携して心拍測定、歩数計測することなども可能です。

出典:Apple
有名なスマートウォッチとしては、Appleの「Apple Watch」ですが、他メーカーからもさまざまな用途のスマートウォッチが発売されています。

今回は、初めてのスマートウォッチで悩まないために、その特徴と最新のおすすめアイテムをご紹介していきますよ!

スマートウォッチだからできる4つのこと

スマートウォッチ_多機能
出典:PIXTA
スマートウォッチの最大の特徴は多機能性です。心拍センサーやメール・電話の通知機能、音楽再生やGPS機能などが内臓されており、日常生活やトレーニング中でも、簡単な対応であればスマートウォッチだけで完結することができます。

つまり、わざわざスマホをバッグやポケットから取り出す手間が不要になるんです!
スマートウォッチ_電子マネー
出典:ソニー
また、スマホのアプリと連携することでさらに機能を追加することも可能。それでは、具体的にどのようなことができるのかチェックしていきましょう!

※次に紹介する機能はすべてのスマートウォッチで対応してる訳ではないので、事前によく確認しましょう。

① 心拍測定

出典:Apple
心拍センサーが搭載されたスマートウォッチなら、心拍数を意識しながらトレーニングをすることで効率的に運動ができます。また、心拍数を運動量のデータと一緒に測定し、実際の消費カロリーをより正確に算出することも可能!

消費カロリーを算出することができれば、減量やダイエットなどの目標を立てる時にも便利ですね。

② 連絡・通知

スマートウォッチ_通知
出典:Apple
スマートウォッチには、LINEや電話を受信したメッセージを通知表示するだけでなく、返信機能を備えたモデルもあります。

返信_Apple watch
出典:Apple
あらかじめスマホ側のアプリで定型文を登録しておけば、メッセージの受信時にスマートウォッチの画面をタップするだけで、登録した定型文を返信することも可能です。

③ 電子決済

出典:ガーミン
アプリをダウンロードすれば決済端末として使用することもできます! お財布を取り出すことなく決済を完了することができるので、小銭を持つわずらわしさからも解放されてスマートなキャッシュレス生活が送れます。

④ 音楽再生

機種によっては、スマートウォッチ本体に音楽が保存可能なモデルもあり、スマホを一緒に持っていなくても音楽を聞くことができます。

保存できないスマートウォッチの場合は、スマホとスマートウォッチをBluetoothで接続して、音楽を再生してくださいね。

⑤GPS機能

GPS スマートウォッチ カシオ
出典:カシオ
スマホで地図アプリを道案内として使っている方も多いですよね? GPSを活用した道案内機能が搭載されているモデルだと、次に曲がるべき方向や距離を手元で確認できるので、迷わずに目的地へ辿り着けます。

また、移動した経路を記録することも可能。その経路データをスマホに連携し、地図アプリ上でルート表示することもできます。途中に立ち寄ったお店の場所や移動ルートを確認して、次回の参考にしてみても良いでしょう。

スマートウォッチの利用シーン別選び方と2019年おすすめ10選!

それでは、利用シーン別に必要な機能とおすすめの機種をご紹介していきます!

シーン:日常「合わせやすいシンプルデザイン」

スマートウォッチ 日常的に使用するスマートウォッチは、毎日のどんなスタイルにも合わせられるよう、シンプルでベーシックなデザインを選ぶことをおすすめします。

ITEM
Apple Watch Series 5(GPSモデル)
●ケース重量(GPSモデル):30.8 g
●稼働時間:最大18時間
●防水等級:50m


ITEM
ガーミン vivomoveHR
●重量:56.5g
●稼働時間:Smartモード 最大5日間、時計モード 2週間
●防水等級:50m

シーン:運動「軽量、防水防塵、心拍センサー」

ガーミン_gaemin 運動時にスマートウォッチを使用する場合は、ランニングや水泳などの腕振りに影響が出ないよう軽量かつ防水機能が高いものがおすすめです。もちろん運動効果を計測しやすくするためにも、心拍センサーの精度が高いモデルを選びましょう。

ITEM
ガーミン フォアアスリート45
●重量:32 g
●稼働時間:スマートウォッチモード:最大7日間 GPS モード:最大11時間
●防水等級:5ATM


ITEM
itDEAL L8
●重量:23g
●駆動時間:最長6日間
●防水等級:IP67

シーン:ビジネス「バッテリーと通知機能」

スマートウォッチ_ビジネス
出典:PIXTA
ビジネスシーンでスマートウォッチを使う場合は、スケジュール通知機能やバッテリーの駆動時間が重要です。また、スーツにも馴染むデザインであることも外せませんね!

ITEM
マイクロノス ZeTime Elite
●重量:90 g
●稼働時間:スマートウォッチモード:最大3日間
●防水等級:5 ATM


ITEM
ウィジングズ Steel HR
●重量:49 g
●稼働時間:最大25日間
●防水等級:5ATM

シーン:アウトドア「防水防塵、GPS」

出典:PIXTA
アウトドアでは急な天候の変化への対応だけでなく、登山や海中での利用にも対応できるタイプがおすすめです。防水防塵のモデルやGPS機能がついたモデルは、あなたのアウトドアライフやアクティビティの最高の相棒になってくれるはず!

ITEM
カシオ プロトレック WSD-F20-RG
●重量:約92g
●稼働時間:通常使用(カラー表示)GPS機能なし: 約1日
●防水等級:5ATM


ITEM
ビクトリノックス イノックスProfessional Diver Titanium
●重量:126.1g
●防水等級:20ATM

シーン:【番外編】女性向け「軽さ、可愛らしいデザイン」

スマートウォッチ_女性
出典:ガーミン
これまでご紹介したスマートウォッチは男女兼用のモデルではありましたが、デザインや文字盤の大きさなどから、どちらかというと男性向けのイメージが強いものが多かったと思います。

ここでは、女性に人気のブランドから出ているレディースモデルに特化したスマートウォッチをご紹介します。

ITEM
マークジェイコブス タッチスクリーンスマートウォッチ
●重量:83g



ITEM
ケイトスペード SCALLOPタッチスクリーンスマートウォッチ
●稼働時間:約1日
●重量:83g



スマートウォッチのココは知っておくべし!その1「搭載されるOSの種類について」

スマートウォッチ選びで気をつけなければならないのは、「搭載されているOS(基本となるソフトウェア)が何か」という点。持っているスマートフォンと連携するためには、スマートウォッチとOSを合わせる必要があります。

1. iPhoneユーザーなら「watchOS」

applepay_アプリ
出典:Apple
Apple社が開発した「Apple Watch」向けのオペレーティングシステム(OS)です。 watchOSの最大の魅力は、利用できるアプリの数が多いこと。

Apple純正アプリ以外にも、睡眠を自動で追跡して最適な睡眠時間を計測するモノやGPS機能を使ったゲームなど、日常生活から娯楽までさまざまなアプリがリリースされています。

2.Androidはもちろん、iPhoneユーザーも!「Wear OS by Google」

スマートウォッチ_OS_Google
以前は「Android Wear」という名称でしたが、対応デバイスの幅広さを強調するために、2018年3月より「Wear OS by Google」と改名しました。そのため、Androidスマホだけではなく、iPhoneとも連携して使用することもできます。

Wear OS by Googleは、GmailやGoogleカレンダー、GoogleアシスタントなどGoogleの独自サービスとの相性が良いです。Wear OS by GoogleはApple Watchと違って複数の企業が開発しているため、機能だけでなく外装や文字盤のデザインもさまざまなモノがあります。

ファッションやトレーニングなど、自分のスタイルに合ったデザインが自由に選べるのもメリットの一つです。

3.Galaxyユーザーなら「Tizen」

Tizen
出典:Galaxy
サムスンが展開しているOS「Tizen」。主にサムスンが販売している「Galaxy」モデルのスマートウォッチに搭載されています。

Googleが展開する「Wear OS by Google」に比べて圧倒的に搭載されているスマートウォッチは少ないですが、表示や操作のインタフェースが使いやすく、バッテリーの持ちも良いと定評があります。

AndroidスマホとiPhoneの両方と連携ができますが、iPhoneとの接続時はメールの返信やマップの表示など、iOSの仕様に基づいた機能は使えません。また、AndroidスマホでもGalaxy以外の機種では「SOS機能」などGalaxy専用の機能は使用できないので注意が必要です。

スマートウォッチのココは知っておくべし!その2「防水表記について」

出典:PIXTA
電子機器の天敵、水。もちろんスマートウォッチも電子機器なので、「防水性能」は気になるところ。大半のモデルには、日常生活に支障がない程度の防水機能がついています。

しかし一言で防水といっても、雨や手洗いの水しぶき程度から水に浸かるものまで様々です。ここではスマートウォッチの防水表記について詳しく見ていきましょう。

「IPX◯」「○ATM」ってなに?

腕時計では「○○気圧防水」と表示されていますが、スマートウォッチの場合は「IP◯」や「IPX◯」、「○ATM」といった国際規格に基づいた等級で表記されています。また、水圧による「防水性能」を表す場合は「ATM」が用いられます。

IPの後に続く1文字目が防塵性能、2文字目が防水性能を表していて、それぞれ数字で表記されます。数字が大きい方が高い性能を表し、性能を保持していない場合は、「X」と表記されます。例えば「IP68」の場合、「6」が防塵、「8」が防水等級を表しています。

ATMは時計に水圧がかかった場合に、時計内への水の浸入を防ぐ性質を意味します。

防水等級について

防水_スマートウォッチ
出典:PIXTA
IP等級は0~8まであり、どの等級が完全防水レベルというような基準は明確化されていません。しかし境目はハッキリ引かれてます。

生活防水だとおおむね「4等級」以上、アウトドアフィールドで役立つ防水は「5等級」以上、ダイビングなど水没する前提の場合は「7等級」以上になります。ATMにおいても、10ATMまでが生活防水、20ATM以上だとダイビングなどでも使用できるモデルになります。

ただし、メーカーによって基準がバラバラなので、気になる場合は直接メーカーや店舗に確認するようにしましょう。

お風呂、シャワーでの使用はNG

シャワー
出典:PIXTA
防水性能があるモデルでも、お風呂やシャワーなど、温水を使用する場合は必ずスマートウォッチを外してください。時計本体の温度が上がることで内部が故障してしまったり、防水の役割を果たすゴム部品の劣化に繋がるなど、様々な理由があります。

要するに水とお湯はまったく別物なので、長く使い続けたい場合は使用を避けるべきでしょう。

スマートウォッチのココは知っておくべし!その3「格安スマートウォッチについて」

格安スマートフォン 高級モデルと格安モデルの大きな違いは、スマートウォッチ自体の性能とタッチパネルです。高級モデルはCPUやタッチパネルの反応が高く、基本的な機能である心拍センサーに加え、音楽再生やメール返信機能などの多くの機能をスムーズに駆動させることができます。

対して1万円程度の格安モデルは、基本的な心拍機能は搭載していても、交通系電子マネーやタッチパネルには対応していないモデルが多いので気をつけましょう。

しかしながら、スマートウォッチに求める性能が、歩数や活動量、心拍などの健康に関わるデータから気圧や天気、GPSなどの位置情報などを確認するライフログと連動できることであれば、全く問題なく使っていただけます!

スマートウォッチはあなたの生活をより充実に!

スマートウォッチ 画面
出典:pixabay
スマートウォッチは、普段の生活からアスリートのトレーニングまで、さまざまな出来事を可視化してくれる便利デバイスです。

これまで何気なく行ってきたライフログを把握することで便利な生活を手に入れることが出来るほか、自身の生活をより充実したものにしてくれます。自分の活動にピッタリのスマートウォッチを見つけてみよう。

紹介されたアイテム

Apple Watch Series 5…
サイトを見る
ガーミン vivomoveHR
ガーミン フォアアスリート45
itDEAL L8
マイクロノス ZeTime Elite
サイトを見る
ウィジングズ Steel HR
カシオ プロトレック WSD-F20-R…
ビクトリノックス イノックスProfes…
サイトを見る
マークジェイコブス タッチスクリーンスマ…
サイトを見る
ケイトスペード SCALLOPタッチスク…

関連する記事

スマートウォッチ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!