質実剛健にして男前!コールマンの2ルームテントの最高峰「コクーンⅡ」のスゴさを検証してみた

日本のアウトドアシーンに対応すべく、最高の素材と機能を追求したコールマンのハイエンドモデル「マスターシリーズ」。そのなかでも「コクーンⅡ」は、群を抜く広さと頑丈なフレームワークを採用し、コールマンで最高峰の2ルームとして君臨。一体どれほどスゴいのか、編集部が実際に試してみました!


まさに最高峰! 憧れの「コクーンⅡ」のよさを体感してみた


オートキャンプシーンにおいて、設営の手軽さと居住性の高さから人気上昇中なのが寝室とリビングルームが一体化した2ルームテント。

コールマンではさまざまな2ルームテントをリリースしていますが、なかでも圧倒的なスケールと、どんなときでも安心の屈強なつくりで人気を博しているモデルが「ウェザーマスターワイド2ルーム コクーンⅡ」です。

編集部員とライターの面々が、一体どれほどのスゴさをほこるのか。非常に気になったので、フィールドでその実力を体感してみました!

コクーンⅡってナニモノ!?まずはサイズ感と重量をチェック


コクーンⅡは、推奨人数4〜6人用のテントで、展開サイズは前室のキャノピーを使用すると、約740(奥行き)×400(幅)×220(高さ)cmと圧巻の大きさ! 同社のベーシックな2ルーム「タフスクリーン2ルームハウス」(4〜5人用)と比べても、ひとまわり以上大きいのが特徴です。

吊り下げ式のインナーテント、リビングスペースともにゆったりすぎるほどのスペースを確保できます。収納時の袋は本体(約40×40×85cm)とポール(約24×24×75cm)に分かれます。総重量は約30kgとさすが、かなりの重さです。車載スペースや自宅での保管場所には、ある程度の余裕が必要ですね。

やっぱりスゴかった!試してわかった3つの特徴

具体的に機能や構造がどうなっているのか、細かくチェックしてみました。

【ここがスゴい①】超頑丈な構造!全天候対応で雨風なんてなんのその


今回の撮影では天気予報が見事に外れ、キャンプ場に到着した朝からまさかの大雨に見舞われました……。いつもならちょっと切なく感じちゃうところですが、テントの実力を知る絶好のチャンス到来! 幸い風はなく、設営はスムーズに完了できました。


生地の耐水圧は、業界トップクラスの約3,000mmで、インナーテントのフロアは約10,000mmのスペックを持つため、豪雨でも圧倒的な安心感が得られます。また、台風並みの強風にも耐えうるフレームワークも見事です。


ポールの素材は軽量で剛性の高いアルミ合金を使用し(ただし、キャノピーポールの素材はスチール)、基軸となるメイン・サポート・センターサイドの3種のポールの直径はなんと約19mmと、群を抜いた太さなのです!

大雨の中、我らが体感した安心感は、このドッシリとしたフレームワークにもあります。
「大きいから設営するの、大変じゃないの?」と心配する方もいるでしょう。ところが構造は至ってシンプルだし、コツをつかめば実に簡単なのです。

ポールをはじめ、生地やテープ部には分かりやすく色分けされており「けっこうやさしいぞ」と感じるのです。はじめてでも、大人2人で20分もあれば設営できちゃうでしょう。

【ここがスゴい②】一年中快適なキャンプができる!多彩な換気機能に注目


テント内の空気を効果的に循環し、快適な環境にしてくれるベンチレーションシステム。このコクーンⅡについては、リビング前室の出入り口と両サイドには大開口パネルを採用し、オープン・クローズ・メッシュと展開が可能。


さらに、天井の中央部には大きな開閉式ファスナーがあり、テントの十分な広さと換気で真夏でも涼しく快適。

大型の四角形クリアウインドウを装備しているから、調光も同時にできちゃいます。両サイドにも三角形のクリアウインドウがありオープンにできます。雨の日に光を取り入れられるのは、リビングが明るくなる嬉しいポイントですよ!


秋・冬になれば、できるだけ冷気を室内に取り入れないようにしたいもの。そんなときには生地の下部にあるスカートをしっかりと張れば、足元から迫ってくる冷気を遮断できます。


しばらくして晴天になると、気温は約23℃に上昇し、ちょっと蒸し暑くなってきました……。両サイドのパネルをフルメッシュにすることで心地よい風が吹き抜けます。

テントの生地には光の透過を防いで室内の温度上昇を軽減する「カラーピグメントコーティング」が施されていることにも注目です。ルーフフライも結露軽減効果が得られるとともに、上部からの直接的な日光の照射をやわらげる役割もあることがわかります。

【ここがスゴい③】ゆとりある広さで大人数でも過ごせちゃう


テント中心部のもっとも高さがあるところで約220cm! リビングスペース内は平均約190cmもの高さがあります。加えて幅は約400cmと、複数の人が「座る・立つ・移動する」を繰り返すリビングでも、快適に過ごせる広さなのです。

4人のファミリーキャンプでインナーテントを付けた状態にしても、リビングの奥行きは約460cmと贅沢な広さ。4人分のテーブルやチェアのほか、ラックやクーラーボックス、ジャグなど普段は外に出しておくようなアイテムを一緒に入れても問題なし。

さらには、今日みたいに男同士のグループキャンプでも、インナーテントで就寝4〜5名。リビングルームでコット就寝2〜3名といったような活用法も十分にできます!


インナーテントを外してみると、奥行きが長〜い約670cm! どれくらいの広さかというと、大型テーブルを2つ並べて10人は余裕で着座OK。さらに奥にはバーカウンター、さらには大型のリラックスチェアも配置できました。

チェアに着座しても、その後ろには無理なく歩ける動線が確保できます。グループキャンプではパーティールームとして大活躍間違いなしですね!

もちろん、最近のキャンプ場はサイトも広いところが多いので、8mあれば十分に立てられるのでご安心を。

最高峰の2ルームテントで一年中快適なキャンプを楽しもう!


男性5人で大いに盛り上がったフィールドチェック、まさかの大雨そして晴天という環境変化が著しい状況下において、最高峰のパフォーマンスの高さを実感できた一日でした。

重厚な大人の雰囲気・シンプルにして屈強な構造・わかりやすく扱いやすい機能の数々から感じるイメージは、スマートなダンディズム。すなわち“男前”ってこと!

一年中、ゆとりある快適なキャンプを過ごすなら「ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーンⅡ」は最高の選択肢といえるでしょう。

ウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡの詳細はこちら!

撮影協力:青根キャンプ場

Sponsored by コールマン ジャパン株式会社

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!