CAMP HACK[キャンプハック]


ぶっちゃけランキングベスト5!メーカー突撃取材【ogawa編】

0


ランキング発表者、ogawaの佐野さんです!

提供:ogawa

ogawaの直営店「GRANDlodge柏の葉店」のスタッフ、佐野です。柏の葉オープンからのスタッフとして、皆様にHappy&Safetyなアウトドアライフを提案しています。

自然の中での住みかとしてのテントに求めるものと言えば「丈夫さ」ですよね! ogawaのテントは抜群の安心感と快適さを与えてくれます。長年日本のアウトドアシーンを見続け彩ってきたogawaの魅力をもっとたくさんの方にお伝えできればと思っています。

佐野さんは、ファミリーキャンプからお子さんの成長とともにソロキャンプへシフトチェンジするほどのキャンプ好き。

長年キャンプを楽しんでいるベテランユーザーとしてのコメントをお願いします!

ランキング…の前に、ogawaってどんなブランド?

提供:ogawa
1914年の創業以来、100年以上続く日本の老舗アウトドアブランド「ogawa」。

1961年当時、革新的モデルであった2ルーム型テント「オーナーロッジ」を発売。オートキャンプというスタイルを確立し当時一大ブームを巻き起こしました。

提供:ogawa
その後もキャンプ用品、防災用品、イベント用品など多岐に渡り製品を作り続け、ユーザーとの信頼を確固たるものに。

そんなogawaの製品は、質実剛健。これから天気の崩れやすいシーズンにも安心して使用できるタフさを持ち合わせています。

「ランキングベスト5」をチェックしよう!

では、早速ランキングを見ていきましょう。

第5位「ステイシーST-Ⅱ」

提供:ogawa

第5位は、「ステイシーST-Ⅱ」です。2004年に初代ステイシーが発売されてから14年。進化を重ねながらも愛され続けているogawaのロングセラーです。

提供:ogawa

ツーリングテントとしても人気があり、コンパクトな見た目にもかかわらず広い前室とゆとりの居住空間を持ちます。

https://www.instagram.com/p/BavxLUzh9KI/

提供:ogawa

ソロキャンプはもちろん、2人で使用しても圧迫感のない広さです。設営・撤収もラクで細かなところまで配慮が行き届いている、小さいけれど頼れる相棒です。

「ステイシーST-Ⅱ」は、寝室の奥行きが150cmあるのに対し、前室の奥行きが110cmと小型テントとしては珍しいゆったり感が魅力的ですよね!

フラップを跳ね上げた状態でも使用できるので、タープを持たずしてスタイルが完成するのも嬉しいポイントです。

ステイシー ST-II

●重量/幕体:約2.7kg、ポール:約1.2kg
●素材/フライ:ポリエステル75d (耐水圧1,800mm)、内幕:ポリエステル、グランドシート:ポリエステル75d (耐水圧1,800mm) ポール:7001アルミ合金
●パッキング:52×19×19cm (フレーム折り寸40cm)
●カラー:ブラウン×サンド×レッド
●付属品:ピン、張綱、セルフスタンディングテープ(前室部)、収納袋


関連記事