CAMP HACK[キャンプハック]


噂のクーラーボックス「オルカ」はあの「イエティ」より保冷力アリ!?

0


頑丈かつ高機能!

アメリカ生まれだけあって、ここで作られるハードクーラーはもちろんすべてメイド・イン・USA。タフさは折り紙つきです。

ロトモールド(回転成型)構造によりきわめて頑丈で、高い密閉性を誇ります。スムーズな水の排出を約束してくれる大きなドレインプラグも備えているのも嬉しいところ。

自分らしくカスタムOK

そして背面には小物等が収納できるバックポケットも備えるなど、とにかく頼れるヤツなんです。

さらに「モールラップ」と呼ばれる専用カバーを装着して、ポーチなどのパーツでカスタマイズすれば自分好みにアレンジできる楽しさもあります。

気になる保冷力は………?

何やらイケてるこの「オルカ」ですが、やっぱりクーラーボックスといえば保冷力。

どんなに頑丈でも中の氷がすぐ溶けちゃうんじゃ話になりませんからね。これから真夏に向けてどんどん暑くなっていくので、なおのこと心配です。

さっそくオルカの公式HPで保冷日数を確認してみると……ありました。その日数はなんと……最大10日です。箱に入れるだけで10日も氷が溶けないなんて、スゴすぎですよね!

まあこういう数値はいろんな条件や環境で違ってくるものですが、ざっと半分としても5日です。そんな長期キャンプっていうだけでワクワクしますが、さらにそのあいだずっとビールもキンキンで、食材も新鮮とくれば夢のようですね。

「オルカ」vs.「イエティ」

 

出典:YETI COOLERS
ライバルの「イエティ」も調べてみないと不公平なのでさっそくチェックしてみるも、こちらは公式HPでは公表していないですね。

比較はムリなのかな……と諦めかけてたところに、ありました。いろんなクーラーボックスに氷を入れて5日経過した状態を比べている動画です。
結果を見ると「オルカ」強いですね。

こちら一般の方の実験動画なのであくまで“参考記録”なのはご了承ください。オルカは1日遅れの参加となっているようで一概にはいえませんが、「イエティ」の4日目と比べてもちょっと多めに氷が残っているように見えます。

もちろんイエティもかなりの保冷力ですが、同等かそれ以上の実力を誇るのがオルカなのかもしれませんね。

ファミキャンなら「40qt」が理想サイズ

大きければ大きいほどパワーを発揮するのがハードクーラー。でもクルマにのっける以上、限度がありますよね。そのあたりを考慮しつつ、多くの人が最終的に落ち着くのが40qt(クォート)です。

1qtがだいたい1リットル弱ですから約38リットルもの量が冷やせます。たいていのキャンプはこれで事足りるでしょう。

もちろんがっつり入れると1人では持ち運びがしんどいです。そんなときは両サイドのフレックスグリップハンドルがありがたい。これを使えば2人で楽々いけます。

幅や高さは………?

ここで「オルカ」と「イエティ」のサイズを比べてみましょう。

・【オルカ 40qt】46㎝×67㎝×45㎝
・【イエティ タンドラ 45】40.6㎝×64.8㎝×39.4㎝

重さはどうでしょう。

・【オルカ 40qt】10.8㎏
・【イエティ タンドラ 45】10㎏

オルカのほうがちょこっと大きいですね。

出典:楽天市場
「このサイズだとちょっと場所とるなぁ。1泊しかしないし」という週末キャンパーには、コンパクトな「オルカ 26qt」もおススメです。

関連記事