CAMP HACK[キャンプハック]


新定番が生まれる瞬間ッ!この春に発売スタートした見逃せない4つの注目ギア

0


ジャケットのポケットに入る大きさ!モノラル「ワイヤーフレームライト」

出典:facebook
焚火台に革命を起こしたモノラルがまたやってくれました。すでに極限かと思われたワイヤーフレームの軽量コンパクトさがさらに進化したモデルが登場! その名も「ワイヤーフレームライト」。

一体どこがどれだけ軽量に進化しているのか? ニューモデルの注目ポイントをチェックしていきます。

重量、収納サイズを35%カット!重量たったの650g

出典:モノラル
今回の「ワイヤーフレームライト」は、既存モデルの拡張性を廃し、よりシンプル機能にすることで重量、収納サイズを大幅ダウンに成功!

機能面で既存モデルとの大きな違いは、調理を楽しむためのアクセサリー「五徳アタッチメント」を設置できないという点です。

コンパクトだけどしっかり2kg乗せられます

出典:モノラル
大幅に軽量化された分、気になるのは薪を乗せられる量にあたる積載重量。

そこはさすがのモノラル。本体の重量は650gと軽量ながらも、それよりも遥かに重い2kgまで薪をくべることができます。この耐久性は、計算しつくされたフレーム構造のおかげですね。

使用サイズも37×22.5cmと通常の焚き火で困ることはありません。

手軽さはそのままに!軽量化したいキャンパー必見の新製品

出典:monoral
ライトの構造を支えるキモは中央のアルミ合金製のX字フレーム。組立も簡単で、4本の脚をフレームに差込み、十字に開いたら焚き火クロスのワイヤーを引っかけるだけ! 軽量コンパクトに進化しつつ、焚き火がしやすい火床形状は既存モデルのまま。

モノラル ワイヤフレームLITE

●サイズ:展開時=W37×H22.5cm、収納時=W14,5×L29cm
●重量:980g
●素材:特殊耐熱クロス、ステンレススチール、アルミ合金



 

最軽量の焚火台!パーゴワークス「NINJA FIRESTAND」

モノラルが衝撃の軽量版をローンチしたタイミングで、パーゴワークスからもインパクト大なUL焚火台が登場。重量面では先ほど紹介した「ワイヤーフレームライト」のなんと半分以下!

最軽量クラスの重量270g

出典:paagoworks
この新製品の個性は、何といっても軽さとパッキングのしやすさ。重量はわずか270gと、だいたいリンゴ一個ほどの重さ。

また独自のケースでまるで巻物のように細く収納できるため、ザックの隙間にパッキングできてバイクツーリングでも快適に持ち運べます。。

巻物ケースですっきり収納


 
出典:paagoworks
巻物ケースの作りこみにも注目です。ただの筒状に巻くケースではなく、専用設計で各パーツが散らばらずにぴたりと収納できます。

このあたりの作りこみ、アウトドアを熟知したユーザーファーストな製作者の想いが伝わってきます。実際に使うとその良さを体感できる部分ではないでしょうか。

使い勝手のいいザ・シンプル

NINJAの名が冠されたこの焚火台は、その名の通り無駄がなく最低限の機能で任務を遂行するシンプルさがあります。

焚き火と湯沸かしにフォーカスし、単純明快な使い勝手の良さ。用途にマッチしていれば最強の焚き火台の一つといえそうです。

パーゴワークス ニンジャファイヤースタンド

●サイズ:約 36×36×30cm
●重量:本体約280g(総重量約430g)
●素材:ステンレス


関連記事