さすが鹿番長や!キャプテンスタッグからついに「ヘキサテーブル」が登場

2019/03/18 更新

コスパ面だけでなくナチュラルなおしゃれギアも魅力のキャプテンスタッグから、ついにヘキサテーブルが登場!人気の焚き火台・ヘキサステンレスグリルを囲むのにもバッチリなこのテーブル、気になるあっちのヘキサテーブルとの比較も含め、徹底チェック!


アイキャッチ画像出典:CAPTAIN STAG Facebook

「ヘキサの本家」から、ついにテーブルがお目見え

ビギナーからベテランまで、幅広く支持されているブランド・キャプテンスタッグ。最近では「鹿番長」の愛称で親しまれ、新しいブランドイメージにも繋がったCSクラシックスもどんどんラインアップを広げていますね。

出典:CAPTAIN STAG
そんなキャプテンスタッグから、ついにヘキサテーブルが登場しました!

先行してヘキサテーブル市場を席捲したあのアイテムとの比較も気になるところですが、まずは商品スペックを見ていきましょう。


キャプテンスタッグの「ヘキサグリルテーブルセット」

出典:CAPTAIN STAG
組み立ては、六枚の板をヘキサゴン型(六角形)に並べてテープで連結させるだけ。工具やネジは必要なしと、とても簡単です。

出典:CAPTAIN STAG
出典:CAPTAIN STAG
出典:CAPTAIN STAG
ヘキサ型以外にも直線に並べて長テーブルにしたりと、組み方次第でいろいろなセッティングができます。持ち運びに便利な収納バッグ付き!

ITEM
キャプテンスタッグ CSクラシックス ヘキサグリルテーブルセット
●サイズ(約):W137×D120×高さ27cm
●収納サイズ(約):80×20×厚さ20cm
●重量(約):14.0kg
●耐荷重:10kg 
●材質:甲板の表面材・脚部・その他材料/天然木化粧合板、表面加工/ウレタン樹脂塗装

オプションで、さらなるアレンジも可能

こちらは「ヘキサセンターテーブル」。中央に穴が空いていて、人気のワンポールテントを囲むことができます。

同じCSクラシックスのテント「オクタゴン」はもちろん、直径32mmまでのポールに対応しています。

出典:CAPTAIN STAG
「ヘキサグリルテーブルセット」で焚き火を囲まない場合は、センターにはめ込んで普通のテーブルとして使うこともできますよ。
ITEM
キャプテンスタッグ CSクラシックス ヘキサセンターテーブル
●サイズ(約):W870×D845×高さ270mm
●収納サイズ(約):990×450×厚さ75mm
●重量(約):11.0kg
●耐荷重:10kg メーカー品番UP-1040 商品説明
●材質:甲板の表面材・脚部・その他材料/天然木化粧合板、表面加工/ラッカー塗装


出典:CAPTAIN STAG
セッティングバリエーションをさらに広げてくれるのが、「ヘキサグリルテーブル」。人数やスペースによって、自在に変形可能です。


ミニサイドテーブルとして、単品で使うのもいいですね。
ITEM
キャプテンスタッグ CSクラシックス ヘキサグリルテーブル
●サイズ :(約) 幅670×奥行175×高さ270mm
●収納サイズ :(約) 670×175×高さ40mm
●重量 :(約) 2kg
●耐荷重 : 10kg
●材質 : 甲板の表面材:天然木化粧合板、表面加工:ウレタン樹脂塗装、その他の材料:脚部=天然木化粧合板

センターテーブル使いも変形アレンジも良いですが、このテーブルの登場を待ち望んでいたのはおそらくあのアイテムかもしれません……。

やっぱり、コレを囲んであげたい

そう、「ヘキサステンレスファイアグリル」です! 同じヘキサ組として、センターにおさまった時のしっくり感は間違いなし。

マットな質感が印象的ブラックレベルの方とあわせると、グッとおしゃれ感が出ますね!
ITEM
キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル
●サイズ(約) : 幅475×奥行410×高さ300mm
●収納サイズ(約) : 570×470×厚さ60mm
●重量(約) : 3.8 kg
●材質 : 本体・底板:ステンレス鋼、バーベキュー網・目皿・スタンド:鉄(クロムめっき)
ITEM
キャプテンスタッグ CSブラックラベル ヘキサステンレスファイアグリル
●サイズ :(約) 幅475×奥行410×高さ300mm
●収納サイズ :(約) 570×470×厚さ60mm
●重量 :(約) 3.8kg
●材質 : 本体・ロゴプレート:ステンレス鋼(焼付塗装)、底板:ステンレス鋼、バーキュー網・スタンド:鉄(クロムめっき)、目皿:鉄(焼付塗装)

ところで、気になる「あのヘキサテーブル」との違いは?

撮影:編集部
木製ヘキサテーブルといえば、「ヘキ男」「ヘキ子」などSNSをきっかけに人気に火がついた「the Arth」のアイテムがあります。

キャンパー界ではすっかり知名度を確立したあのテーブルとキャプテンスタッグのヘキサテーブル、違いはどこにあるのでしょうか?


「ヘキ男」と「ヘキサグリルテーブル」の違い

組み立て方

ここは大きく違い、キャプテンスタッグの方は一角だけで自立できるような仕組みに。使い勝手の良さはありますが、そのためパーツは多くなっています。

天板同士の連結の仕方も「ヘキ男」はパズルのような仕組みですが、キャプテンスタッグは一角ごとにベルトで連結させるという方法。

価格

「ヘキ男」が24,000円(税・送料別)であるのに対し、「ヘキサグリルテーブルセット」は26,000円(税別)。ほぼ同じですが、キャプテンスタッグはAmazonや楽天などでディスカウント販売されることが多いことを考慮すると、ヘキサグリルテーブルセットのほうがリーズナブルが期待できそうです。

素材

どちらも実物を見たことがあるというキャンパーに聞くと「木の質感はヘキ男のほうが風合いがあり、高級感を感じた」という声も。

ただ、「CSクラシックスシリーズ」やおなじみ「鹿ベンチ」と組み合わせて、手頃な価格でサイトの統一感が出せるというキャプテンスタッグのコスパの良さは捨てがたいですね!

キャプテンスタッグは、やっぱり「番長」!

おしゃれなヘキサテーブルも、鹿番長にかかればさすがのコスパ! 「ヘキサグリルテーブルセット」で、サイトのイメージをガラッと変えてみませんか?

囲炉裏テーブルなら「マルチファイアテーブル」が高コスパ

ヘキサにこだわらず、囲炉裏テーブルが欲しいなら尾上製作所(ONOE)のものが狙い目かも。参考までに覗いてみてください。

Hexa table” Debuted From CAPTAIN STAG!

キャプテンスタッグからヘキサテーブルが出たよ!

紹介されたアイテム

キャプテンスタッグ CSクラシックス ヘ…
サイトを見る
キャプテンスタッグ CSクラシックス ヘ…
サイトを見る
キャプテンスタッグ CSクラシックス ヘ…
サイトを見る
キャプテンスタッグ ヘキサステンレス フ…
サイトを見る
キャプテンスタッグ CSブラックラベル…
サイトを見る

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!