CAMP HACK[キャンプハック]


どんな料理でも失敗”できない”『100均の缶詰』で作っちゃうスピードキャンプ飯・Part.2 | 3ページ目

1


焼き鳥缶とうずらの卵で「他人丼」

焼き鳥缶、うずらの卵、刻みミツバ、七味唐辛子、EPIシングルバーナー
しっかりした味付けで火も通っており、何かと重宝な焼き鳥缶。これを使って、キャンプで作るのはなかなか面倒くさい丼物のネタが簡単にできる早ワザです。

火にかけた焼き鳥缶、うずらの卵、ミツバ、EPIシングルバーナー、ご飯
焼き鳥缶を火にかけ、沸騰したらうずらの卵を割り入れます。箸でうずらの卵をかき混ぜ、半熟状になったら、刻んだミツバを添えます。

シェラカップに盛ったいとこ丼、箸、七味唐辛子、EPIシングルバーナー
ご飯にのっけて召し上がれ! 大人は七味唐辛子を振って味のアクセントに。

おかずやおつまみとしても、濃厚な風味を楽しめます。塩味の焼き鳥缶で作れば、あっさりした味になります。

※缶詰の缶を加熱すると、BPA(ビスフェノールA)という化学物質が溶出すると言われています。たまのキャンプ時におかずを作る程度ならさほど気にする必要はないとのことですが、自己責任において、缶詰料理を楽しんでください。

缶を鍋にすればこれだけできる!もうキャンプ飯も怖くない

焚火台の上のリゾット缶、コーン缶
料理にこだわったご馳走キャンプもいいものですが、頑張らなくても、100均缶詰料理を導入すれば、手間暇いらずなキャンプ飯が楽しめます。

浮いた時間で、いつもは気がつかなかった風の音や、森の匂い、移ろう光の微妙な変化を感じる余裕が生まれるかもしれません。

Unique canned food cooking helps you and your friends.

100均缶詰を使ったキャンプ料理は、みんなの救世主。


関 美奈子の記事はこちら


関美奈子

関美奈子

千葉県在住。ガールスカウトの野営訓練でアウトドアに目覚め、子育てを終えた今は気ままな徒歩ソロキャンパー。美大出身のスキルを活かした簡単DIY、主婦キャンパーならではの自然や人に優しいキャンプのアイデアを提案します。1982年度ニュージーランド・ガールスカウト国際キャンプ大会日本代表、ガールスカウト日本連盟キャンプ指導者資格取得。アトリエばく代表

関連記事