2018年NEWタープ&シェルターでアウトドア熱全開!この夏大活躍の注目新作

長い冬が終わり、いよいよキャンプのベストシーズンがやってきました!冬は2ルームや大型テントでぬくぬくキャンプを楽しんでいた方も、風を感じながらの爽やかなキャンプが恋しくなってきたのでは?そこで注目の新作タープ&シェルターをご紹介。定番ブランドからMonroの個性派タープまで勢ぞろいです。


アイキャッチ画像出典:Coleman

タープが活躍する季節が到来!

ogawa システムタープヘキサEC(Entry Class) 使用イメージ画像1
出典:Ogawa
寒い時期を乗り越えてついにキャンプもハイシーズンに突入! おこもりスタイルから開放感を大いに感じられるタープや開放型のシェルターが気になってくる方も多いのでは?
DOD ライダーズベース イメージ画像1
出典:DOD
2018年NEWタープ&シェルターはどんな顔ぶれか気になるところ。

そこで今回は6つのタープと、さまざまなニーズに合わせられる3つのシェルターをご紹介。限定アイテムが登場したりと目が離せない新作ラインナップをご覧あれ!

開放感を満喫!アウトドアを全力で楽しむ「ヘキサタープ」

Monro x Helinox「MO TARP TAKSHAKA」

Monro x Helinox MO TARP TAKSHAKA 画像1
出典:Monro
モンロとヘリノックスのコラボタープがついに登場! キャンプサイトで一際目を引きそうな蛇柄のデザインが特徴的なこちらのタープは「Monro Online Store」と「ZOZO outdoor」だけで取り扱われる限定モデルです。

出典:Monro
素材には75Dリップストップを採用、肉厚な生地でしっかりと陽射しを遮ってくれます。収納サイズは、長さ30cm×直径12cmとバックパックにも入るほどのコンパクトさです。

Monroの詳細ページはこちら

ogawa「システムタープヘキサEC(Entry Class)」

ogawa システムタープヘキサEC(Entry Class) 画像1
出典:Ogawa
どんなフィールドにも馴染むサンドベージュカラー「システムタープヘキサEC」は、ogawa製品の魅力が詰め込まれたタープ。

出典:Ogawa
通称「小川張り」と呼ばれるテントとの連結をスムーズに行えるセッティングテープが付属。

ポールには、高さの調節が可能なラチェットポールを採用しているので使い勝手も◎。こちらは直営ストア数量限定販売のタープです。

ogawaの詳細ページはこちら

テントファクトリー「ヘキサゴンタープTC470」

テントファクトリー ヘキサゴンタープTC470 画像1
出典:Amazon
コットン混紡素材で、火の粉に強く焚き火との相性◎。テントファクトリーとナチュラムが共同開発した「TCタープ」は、4人家族でもゆったりと過ごせる470×420cmサイズ。

出典:楽天
このタープで注目すべきは、何といっても圧倒的なコスパ! コットン混紡ながらも、お値段は14,630円と破格です。こちらのタープはナチュラム限定での取り扱いです。
ITEM
テントファクトリー ヘキサゴンタープTC470
●サイズ:幅4700×奥行き4200(mm)
●重量:3.8kg
●耐水圧:2000mm
●材質:幕体/ポリエステル65%・コットン35%
●付属品:ガイドロープ3m×4、ガイドロープ8m×2、キャリーバッグ

焚き火をする時のタープを探してたのですが、こちらはポリコットン製の為、安心して使えました。質感も良く、少々重さはありますが、生地もいい感じです。


テンマクデザイン「PEPO TARP」

テンマクデザイン PEPO TARP 使用イメージ画像1 5月上旬発売予定の「PEPO TARP」。レトロなカラーリングが魅力のコットン混紡素材のレクタタープです。レトロなカラーと素材感で、クラシカルなキャンプスタイルにピッタリ。

テンマクデザインの詳細ページはこちら

コールマン「ヘキサタープMDX+」

コールマン ヘキサタープMDX+ 画像1
出典:Coleman
まずはじめにご紹介するのはコールマンの「ヘキサタープMDX +」。名前に「+」と付くだけあって、ヘキサタープにサイドウォールがプラスされています。
コールマン ヘキサタープMDX+ 画像2
出典:Coleman
サイドウォールがあることによって3方向の日差しをしっかりブロック!

さらに生地にはピグメントコーティングが施されていて、温度上昇を軽減してくれるのも嬉しいポイントです。

コールマンの詳細ページはこちら

スノーピーク「ヘキサ Pro.air S」

スノーピーク ヘキサ Pro.air ファルPro.air 組み合わせイメージ画像1
出典:snowpeak
重量たったの1.5kgながらも、サイズは350×380cmと2~3人で過ごせるスペースを確保できる「ヘキサ Pro.air」。

ファミリーキャンプでも極力荷物をコンパクトに抑えたい方にぴったりのアイテムです。また“暗すぎず明るすぎず”の落ち着いたナチュラルカラーが他のギアとの相性も◎。
ITEM
スノーピーク ヘキサ Pro.air S
●サイズ:350×380cm
●収納時サイズ:80×17×22(h)cm
●重量:1.5kg
●耐水圧:1,500mmミニマム
●材質:75Dシリコンポリエステルリップストップ、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧



張り方の自由度が遊び心をそそる「シェルター」

キャプテンスタッグ「CSクラシックス キャンプベースUV」

キャプテンスタッグ CSクラシックス キャンプベースUV 画像1
出典:CAPTAIN STAG
多彩な張り方を楽しめる大型シェルターがついにキャプテンスタッグから登場! キャノピーポールが4本付属しているので、ポールを買い足さなくとも“パッカーン”と開放的な張り方ができます。

キャプテンスタッグ CSクラシックス キャンプベースUV 画像2
出典:CAPTAIN STAG
インナーテントも付属しているので、これ1つでキャンプを楽しむことができます。このスペックで6万円を下回るコスパはさすがキャプテンスタッグですね!
ITEM
キャプテンスタッグ CSクラシックス キャンプベースUV
●サイズ:フライ/680×380×H220cm、インナー/240×240×H200cm
●収納サイズ:72×23×24cm
●重量:約14.7kg
●材質:フライ/ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)UVカット・撥水加工、インナー/185Tポリエステル(通気性撥水加工)、メッシュ=ポリエステルノーシームメッシュ、フロア=ポリエステルOXF150D(PU3,000mm)、ポール/φ22・16mmスチール(粉体塗装)

DOD「ライダーズベース」

DOD ライダーズベース 画像1
出典:DOD
DODからは、3人でゆったりと使用できるコンパクトな大型シェルター「ライダーズベース」が2カラーで展開。

DOD ライダーズベース 画像2
出典:DOD
4本のポールで空間を作るので、シェルターながらも奥行きのある圧迫感のない空間を演出。最大5つのコットを並べることもできる室内空間ですが、収納サイズが58cm×直径17cmとコンパクトなのが魅力です。

DODブラックカラーの詳細ページはこちら
DODタンカラーの詳細ページはこちら

テンマクデザイン「炎幕」

テンマクデザイン 炎幕 画像1 5月上旬発売予定のテンマクの「炎幕」は、シンプル・イズ・ベストなコットン製シェルター! その雰囲気は男前そのものです。

テンマクデザイン 炎幕 画像2 別売りポールを準備しフロントパネルを活用すれば、屋根つきスペースを作り出すことも。

雨でも安心なバスタブ型グランドシートも付属しているので、テントとしてもハードに使いこなせそうですね!

テンマクデザインの詳細ページはこちら

新作のタープやシェルターで風を感じよう

テンマクデザイン PEPO TARP 画像1 2018年新作のタープとシェルターは、それぞれが魅力的な作りで目移り必至。風を感じるタープがお好みですか? それとも多彩な使い方ができるシェルターがお好みですか?

どちらにしようか悩みますね。限定アイテムもあるので、決断は売り切れる前に!

「テントも検討してます!」なんて人は…

スポーツオーソリティのスタッフさんに、2018年の新作テントの売れ筋を教えてもらいました。今年の流行は○○!? 

Do you want Tarp? Is it a shelter?
欲しいのはタープ? それともシェルター

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
野口理加

家族でキャンプにハマっている2児の母。今年は念願のリターンライダーを果たし、キャンプツーリングの機会を狙っています。お酒、甘いもの、キャンプ飯が大好物!  instagramアカウント: @mojyacamp

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!