次のキャンプで試してみたい!#camphack取材で見つけたノウハウ特集!第5弾

#camphack取材で投稿されたものの中から、役に立つノウハウを特集!すぐに使えるテクニックや、料理アイディアなど、気になるものがあったらまずはどんどん真似してみて!見ているだけでも楽しいですよ。次のキャンプで実践してみてはいかが?


アイキャッチ出典:instagram by @tatsuyadec28

キャンパーが編み出したリアルなアイディアたち

A post shared by SHU→TA (@shuta75) on

このノウハウ特集も今回で5回目。「#camphack取材」のハッシュタグを付けて投稿された画像たちは、まさにキャンパーたちのノウハウの宝庫。

さまざまなスタイルがあるキャンプだからこそ、現場の先輩キャンパーたちのリアルなテクニックたちが一番参考になったりします。

A post shared by yuka⛺❄ (@yuka_yysnownet) on

このハッシュタグの中から、思わず試してみたくなるテクニックたちをご紹介! あなたの長年の悩みを解決してくれるかもしれないノウハウがあるかもしれません。

#camphack取材 で発見した沢山の「なるほど!」

まだまだキャンプについて知らないことばかりの初心者さんも、マンネリからの脱却を図りたい玄人さんもぜひ参考にしてくださいね。


炭を作りながらご飯も作れる一石二鳥

A post shared by 🏕tatsuya (@tatsuyadec28) on

DODのチャコスタ「すごいよカオルさん」とユニフレームの炊飯鍋fanライスクッカーDXがジャストフィット! 炭の火起こしと炊飯を同時進行できる一石二鳥の時短テクニックです。

入り口50cmを土間スペースに工夫

A post shared by merichan (@merichan3832) on

2ルームテント「トルテュライト」のリビングスペースに、あえて50cmほどグランドシートをめくってしまうことで「土間」を設けて、靴の着脱や出入りがしやすくなるように工夫されたお座敷スタイル。利便性がUPして快適に過ごせる簡単アイデアです。

ダルトンのバケツで作ったDIYジャグ

A post shared by *harukasan* (@harucam.p) on

キッチンスペースをPOPに見せてくれるオシャレなこちらのジャグは、ダルトンのバケツをDIYしたもの。バケツに穴を開けて蛇口を付けるというDIYアイディアは参考になりますね。

タペストリーを飾ってワンランクアップ

A post shared by Y.Akimotti (@akimotti_bbq) on

大きめのタペストリーを飾れば、サイトの雰囲気を一気に変えられるのでオススメ! チョイスする柄や色味次第でいろんなインテリアを楽しめるので、サイト作りが楽しくなるテクニックです。

官公庁御用達のケブラー®製グローブを使う

A post shared by square_root (@route.106) on

官公庁御用達で消防やレスキューでも使われているプロ仕様のパラ系アラミド繊維「ケブラー」製のグローブをキャンプでも活用。

防弾チョッキにも使われる素材なので薪割りなど、焚き火まわりでの安心感はケタ違い。価格も5,000円前後とそこまで高くないのが驚きです。
ITEM
トンボレックス レスキュー ケブラー繊維製消防手袋
●サイズ:SS/S/M/L/LL/3L
●カラー:ネイビー×イエロー
●素材:ケブラー®繊維製ニット、牛革(撥水加工)
●革の厚さ
・補強革:掌部補強/牛革(撥水加工)0.7 - 0.8mm厚
・甲クッション材:ケブラー®繊維製フェルト3mm厚

キャリーワゴン用にロールケースDIYで収納力アップ

A post shared by merichan (@merichan3832) on

細々していて使用頻度の高いアイテムたちを持ち運びしやすく、かつそのまま取り出せるように作られたロールケース。整理整頓・使いやすさ・収納力の三拍子が揃った実用的なアイテムですね。

自作の焚き火リフレクターを使って効率的に暖をとる

A post shared by tizco (@tizco.h) on

A post shared by カメラ (@ka_me_ra) on

焚き火をしてみたものの意外と寒いと感じた人にオススメなのが「焚き火リフレクター」。座る位置の正面に置けば、温まった空気が反射して効率的に空間を温められるというアイディアギア。仕組みは簡単なので生地選びからチャレンジしてみては?


四駆をとことん活用する「ランクルキッチン」

A post shared by Masaya (@_ma_sa_ya_) on

A post shared by Masaya (@_ma_sa_ya_) on

こちらはキャンパーに人気の高いランドクルーザーの改造アイディア。後方をキッチンとしてカスタマイズし、超効率的&ワイルドなキャンプを演出しています。

A post shared by Masaya (@_ma_sa_ya_) on

スペアタイヤの部分に自作ジャグを置いて、より使いやすさUP。車中泊用カスタムだけでなく、乗用車のカスタマイズにおいて無限の可能性を感じさせるアイディアですね。

節約技!ステッカーからカッティングシートへ進化

カッティングシートを使ってステッカーを自作すれば、好みのサイズを作れてたくさん使うことができるので節約効果も◎。

インスタで詳しく作り方を紹介されているのでぜひ参考にしてみてくださいね。あくまでも自分用でのみの使用をお願いします。

「和風キャンプ」でいつもと違う自然の感じ方を

A post shared by so-free (@so_free7) on

アメリカンや北欧の雰囲気に作りがちなサイトを、和の雰囲気にするといつもの景色が一気に趣のあるものに早変わり。道具選びは難しいですが、こんなキャンプ一度は体験して抹茶を立てたいものですね。

【番外編】  あのラジオフライヤーをまさかのラジコン化!

こちらは番外編ですがこんなユニークなものも「#camphack取材」に投稿されています。

かなり高度なテクニックが必要ですが、ラジオフライヤーをラジコン化してしまうアイディアには驚きを隠せません……!

溢れるアイディアを形にしてみよう!

A post shared by HAJIME🌈 (@rea_with_t) on

「こんなのがあったらいいのにな」という想いを形にしていけば、いつの間にかあなた好みのキャンプスタイルは確立されていくはず。

まずは、先輩キャンパーのノウハウからいろんなことを学び、自分なりにカスタマイズしていく方法がとっても近道です。良い刺激にもなる#camphack取材のインスタ投稿にこれからも目が離せません。

 

Let’s try that technique!

やってみよう、そのテクニック


第1回~4回はこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
toto7

アウトドア好きの旦那さんを先頭に、少しずつファミリーキャンプにチャレンジしています。シンプルで機能性の高いアイテムが大好き!子どもの成長に合わせながら、アウトドアを楽しむことがモットーです!

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

キャンプスタイル写真

     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!