CAMP HACK[キャンプハック]


しまむらのコンテナランチBOXが「買い」!ビシバシ使える耐久性&見た目もGOOD

0


サイズは小さめ、価格も小さめ

上から見ると、ロゴがとてもスタイリッシュ。ピシッと積み重ねできて、色は思わず全色買いしたくなる、渋めの青、赤、緑の3色。大きさはMサイズ(600ml)とSサイズ(450ml)の2種。

・しまピク
コンテナランチBOX M【税込1,200円】 S【税込980円】

パッキン、留め具もバッチリ装備

しまむらコンテナ青、フタと本体アップ シリコンゴムのパッキンと、無骨な極太ステンレスの留め具で、がっちりとフタをすることができます。本体の耐熱温度は140℃、フタは100℃で、家庭用の食器洗い機に対応していますから、普通のお皿と一緒に洗えます。フタを外せば電子レンジOK。

画像のものは「コンテナランチBOX S」。どちらのサイズも、取り外しできる仕切り付きです。

スタンダードなお弁当箱として

天気の良い日は、お気に入りのレシピで手作りエスニックランチ。汁漏れしにくい構造で、持ち運びもラク。

小さいけど、この箱かなり使えそう!!

食品コンテナとしてピカイチ。「匂い」移りや「湿気」対策に

しまむらのコンテナ赤、ティーバッグ、ドリップコーヒー キャンプの朝やティータイムに欠かせないコーヒー・紅茶類は香りが命。匂い移りしないよう、他のものと分けておきたいもの。「コンテナランチBOX M」に入れて持っていけば、湿気対策も万全です。

Seriaのヴィンテージライクなメタルステッカーで雰囲気アップ。

調味料の持ち運びに、万一こぼれても大丈夫

しまむらのコンテナ緑、お弁当用調味料、調味料小瓶 ソロキャンプや少人数のキャンプは、調味料もミニマムが◎。Mサイズには、醤油もソースもマヨネーズも一番小さいボトルを入れて。Sサイズにお弁当用のミニパックを詰めれば、さらなるコンパクト化が可能。

そして、万一調味料がこぼれても、他の荷物を汚しません。

小物入れとして、こんな使い方はいかが?

パーツのハードケースとして

しまむらのコンテナ赤、マントル、ライター、ペンチ、ヘッドライト、ガスランタン 頑丈な作りなので、ランタンのマントルやトーチライターなど、細々としたものをしっかり守ってくれます。

絶対濡らしたくない!バッテリーの持ち運びに

しまむらのコンテナ緑、スマホ用バッテリー、ケーブル、乾電池 濡れたらダメなものの典型、スマホ用の予備バッテリー。ケーブルも一緒に、安全に持ち運べます。

キャンプ場のランドリーにひょいと持っていける

しまむらのコンテナ赤、洗剤、ロープ、洗濯バサミ
キャンプ場のコインランドリーで、こんなボックス入りの洗濯セットを取り出したら、とってもスマートに映ることでしょう!

最後は、個人的におすすめの活用法

バッテリーや調味料もいいですが、こんな活用法はいかがでしょうか? パパママさんなら共感してくれるかも?

関連記事