【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


なるほどこれがグランピングか。スノーピーク グランピング白馬の体験レポート

0

3月に行われた「スノーピーク グランピング白馬」。CAMP HACK編集部で体験レポートをお届けします。心温まるおもてなしで迎えてくれたスタッフの心使いはもちろんのこと、白馬にしかない自然を生かしたコンテンツはまさに豪華。グランピングは、グラマラスな施設体験ではなく、心を豊かにしてくれるキャンプ体験なのかもしれません。

CAMP HACK編集部


自然に寄り添う、新感覚なグランピング


グランピングというと、施設自体が豪勢な(グラマラスな)キャンプ体験というイメージが先行しがち。景色を楽しんだりはもちろんですが、大方はその自然を”感じる”まで落とし込めている場所は少なく、”観る”にとどまっている気がしていました。

しかし、3月18日・19日に体験したここ白馬でのグランピングは、観るだけではなく、聴いて触れて嗅いで味わって。まさに五感で自然を満喫できるようなプログラムがしっかりと考えられていました。その内容を紹介します。

食べて美味しい、聞いて楽しい、地元の人々との交流


今回のプログラムであった「おやき作り体験」。地元の方をお呼びし地元で採れた食材でおやきを作ります。

スピアヘッドの中にお邪魔すると、笑顔で迎えてくれたのは地元のお姉さま(?)がた。この大先輩の軽妙なトーク術のおかげで楽しい会話をしながらのおやき体験となっています。おやきで人気な野沢菜は11月に漬けて保存食として冬の間の食卓を彩る大切な食材だそうで、本来おやきの中身として使うのは残り物なんだとか。(地域によって異なるそうです)

そんな地元の方々との交流を地元の食材を通して触れ合えるのは貴重な経験ですよね。おやきも、自分で作ったもののせいか、はたまたおやきの知識を得たせいかはわかりませんが、今までのものより遥かに美味しいおやきとなりました。

関連記事