CAMP HACK[キャンプハック]


激安だったニトリとダイソーの収納ボックスを簡単アレンジ!高見え変身テクニック | 2ページ目

0


① ダイソーの「ULTIMATEコンテナ L」にフタをつける

蓋つきのダイソーのコンテナ、ビスケット、飯盒、ライト、ナイフ 軽くてコンパクトにたためる、ダイソーの「ULTIMATEコンテナ」シリーズ。フタがないので、作ってみました。フタにはミリタリー調の文字をペイント。

マスキングテープを使えば、簡単にキレイな文字が書けます。このワザはいろんなところで使えますよ。
ダイソーのコンテナ、フタに文字を描く 4mm厚のシナベニヤをノコギリまたは大型のカッターで切り(怪我しないように気をつけて!)、コンテナの縁にある4箇所の出っ張りに合わせて切り欠きを作ります。コンテナと繋ぐための穴を2つ開けます。

マスキングテープで文字を貼り、上からペンキを塗って、ペンキが乾いたらマスキングテープを剥がします。
ダイソーのコンテナとフタを接続する フタの裏側に、横ズレ防止の角材をボンドで4箇所に接着(面倒くさかったら省いてもOK)、ペンキを塗ります。

コンテナとフタをロープで結んで、出来上がり! 100均の結束バンドで繋いでもいいですね。

ステッカーチューンもアリ

蓋つきダイソーのコンテナ2個、ウォールステッカー貼り込み フタが中身を守ってくれますし、これでもうお隣のコンテナとかぶることもなくなります! ダイソーの「ウォールステッカー」を貼り、「エンボスステッカー アルファベット」で、入れるものの名前を記しました。

蓋つきダイソーのコンテナ2個、ロゴスのペーパーホルダー、マシュマロ串2本
お気に入りブランドのステッカーを貼るもよし。ダクトテープなども様々な色柄が出回っていますので、自分仕様のチューンナップを楽しんでください。

② ニトリの収納ボックスで、なんちゃって木箱

お次はニトリのフタ付き収納ボックスを活用した「なんちゃって木箱」です。色味を統一したいときは、この簡単アレンジ術が役に立つはずですよ。

関連記事