トーチ界のスター的存在、スノーピーク「フォールディングトーチ」の魅力について

トーチを欲しいとは思ってなかったのにトーチが欲しくなる…!そんな魅力があるスノーピークの「フォールディングトーチ」。キャンパーなら誰しもが納得するデザイン性と機能の高さは、脱帽の領域です。実際の口コミやカスタム例も併せて魅力をご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:筆者

キャンプを豊かにする「トーチ」

出典:snow peak
キャンプを豊かにしてくれる便利ギア、トーチ。

炭の火起こしや炙り調理、スモークウッドへの着火はもちろん、キャンドルや花火への細かい火付け、雑草の焼却に凍結の解凍などなど……色んなことに活躍してくれます。

今回は、そんなトーチ界のスター、「スノーピーク フォールディングトーチ」の魅力についてご紹介します。

まず、持っているだけで正直カッコいい

撮影:筆者
スノーピーク「フォールディングトーチ」は、火起こしに十分な性能と使い勝手はもちろん、道具としての美しさが際立つギア。飽きずに眺めていられるその佇まいは、間違いなくキャンプのテンションを上げてくれる存在です。

スノーピーク「フォールディングトーチ」の魅力

それでは「フォールディングトーチ」の機能や魅力を徹底解剖!  収納性や最大出力スペック、特筆すべきデザイン性についても詳しくご紹介していきますよ!


魅力① 折りたたんでコンパクトに収納可能


提供:ソロニワ
「フォールディングトーチ」の名の通り、折り畳んでコンパクト収納が可能。本体の他に、収納用のナイロンケース、カセットガス接続用のアダプターの3点がセットに。

魅力② CB缶、OD缶の両方使える

家庭用カセットコンロなどでなじみがあるCB缶にも、付属のアダプターで接続可能。ただし、アウトドアショップなどで純正のものをご用意くださいね。

もちろん、シングルバーナーなどによく使用されるOD缶も使用できます。こちらはアダプター無しで接続OK。2種類のガスに使用可能だから手に入れやすいほうのガス缶を使えるのは、嬉しいポイントですね。

魅力③ 最大出力 3,500kcal/hのハイパワー!

出典:Photo AC
次は、気になる火力ですが、最大出力はなんと3500kcal/h! この数値にパッと来ない方も多いかもしれませんが、火付けが難しい備長炭でも、楽に着火できてしまうハイパワーです。
出典:snow peak
コールマンのトーチが1200kcal/h、SOTOのフィールドチャッカーST432が2360kcal/hなのと比べても、そのパワーの差は歴然です。

魅力④ とにかく見た目が美しい

出典:snow peak
撮影:筆者
洗練されたデザインに、温かみのある木製グリップがアクセントに。木製グリップ部分は、オイルでメンテナンスしながら経年変化も楽しめるというオプション付きです。

ITEM
スノーピーク フォールディングトーチ
●セット内容:本体、CB缶アダプター、収納ケース
●材質:ステンレス、アルミニウム、ブラス、天然木、ナイロン
●サイズ:本体/277×73×205(h)mm、
CB缶アダプター/直径40×28(h)mm
●収納サイズ:191×70×43mm
●重量:本体/287g(CB缶アダプター含む)
●出力:3500kcal/h 

フォールディングトーチについて知っておきたいこと

火力は上下にひっくり返すことで調整可能

撮影:筆者
スノーピーク フォールディングトーチは、ガスの調節つまみとは別で、上下を逆にすることで火力の調節が可能。

逆さにするとガス缶内の液体燃料が下がり、気化のタイミングが変わることで火力が増すのです。

出典:snow peak
実際に逆さにしてみると、「ゴォー」という音の大きさが変わるのがよく分かります。ただし、この逆さで火力がUPする方式は、他社トーチでは対応していないものもあるので、最終的に他社トーチを選ぶ際には注意が必要です。

テーブルやポールに引っ掛けられる

提供:ソロニワ
持ち手の端に、かえしが付いているので適当なところへ引っ掛けることが可能。使った直後は熱を持っているので、このようにぶら下げて熱が冷めるのを待つこともできるんですね。


「ギガパワー2WAYトーチ」の進化版

出典:snow peak
「スノーピーク フォールディングトーチGT110」は、先行バージョンの「ギガパワー2WAYトーチ」のアップデート版として、2017年に登場。

より便利で高品質になった分、価格も上がっています。しかし、価格に見合うクオリティを備えた現行バージョンなら、コスパは決して悪くないと言えるでしょう。

気になること:着火機能がない

1つ、気になる点としては、それ自体には着火機能がないところ。本体とは別に、マッチや着火マンなどの柄の長いライターで点火する必要が。

そんな時はSOTOのスライドガストーチとのセット使用が便利です。

カスタム次第でもっとカッコよく!

道具としての完成された美しさが定評のスノーピーク フォールディングトーチ。でも、カスタマイズによってさらにその魅力がアップする例も。

木製グリップ部分をneru design worksとasimocraftsがコラボした「asigrip_FT」に替えたり、ガス缶にレザーカバーを装着させるなど、個性豊かなカスタム例が。

利用者たちの”正直”な口コミ

スノーピーク フォールディングトーチの機能やその魅力についてご紹介してきましたが、やっぱり気になるのは実際の使用感。ここでは具体的な使用感の伝わってくる口コミをご紹介します。

いままで「なくても良いか?」と思っていたトーチですが、実際に使用してみると感動モノでした。当たり前ですが、その火力は着火剤の比ではないです。(出典:ソロニワ(solo×niwa)

やはり、3500kcal/hのスペックは、着火剤の性能をはるかに上回るハイパワーのようですね。

スノーピーク製なのでやはり質感が非常に高いです。火力については着火剤とは比較になりません。
火起こしの際にこれがあると本当に安心できますね。高価ですが他でこのクオリティはないので、満足度は高いと思います。(出典:Amazon

価格に劣らない品質は、さすがのスノーピーククオリティといえますね。

木でできた持ち手があるので、ガス管で手が冷やされることもなく、持ちやすいことは確かです。
ただ、この持ち手が必要なければ、高いお金を出してsnowpeakを購入する必要はないでしょう。キャプテンスタッグで似たような火力のトーチが2000円以下で出てますしね。(出典:Amazon

デザインのアクセントにもなっている木製グリップは、機能面でも優秀だということが良く分かります。

また、こちらの口コミにもあるように、似たような火力のトーチが2000円台でも購入可能。火力面だけでなく、他の機能やデザインなどのクオリティを含め、スノーピーク「フォールディングトーチ」がおススメですが、あくまでコスパ重視の方には、キャプテンスタッグの「ワイド ガストーチ・ボンベセット UF-1」もアリ。

ITEM
キャプテンスタッグ ワイド ガストーチ・ボンベセット UF-1
●材質:火口器具/ステンレス鋼、
導管/アルミニウム、
器具栓/アルミダイカスト(亜鉛めっき)、
アダプター/ナイロン、
器具栓つまみ/ABS樹脂
●外形寸法(約):38×63×全長210mm(ガストーチのみ)
●製品重量(約):135g(ガストーチのみ)
●出力:4.8kW(4100kcal/h)
●ガス消費量(約):350g/h
●燃焼時間(約):1時間35分/ガス容器(NET250g)1本
●最高火炎温度(約):1300度
●ガスの種類:LPG(液化ブタン)
●ガス量:NET250g 

トーチで焚き火&BBQがもっと楽しくなる

出典:Photo AC
普段から火の扱いに慣れている人でも、湿気てしまった炭だったり、火のつきにくい備長炭などの場合には着火にかなり苦戦することが。そんな時でも、スムーズに着火できるハイパワーのトーチがあれば、時短になってキャンプスケジュールにも余裕が持てますね。

この「フォールディングトーチ」なら、頼りになるハイパワーだけでなく、デザインの美しさやカスタマイズする楽しさまでプラス。あなたのキャンプをより豊かに充実させてくれること間違いなし!

Torch would make your more fulfilling camp! 

トーチでもっと豊かなキャンプに!


焚き火をもっと楽しむためのグッズ&お手本スタイルはこちら

是非参考にしてみては?

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、高3長男、中1次男、小4長女、インコのキィちゃんの6人で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagramアカウント:@dimikoyamada

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!