CAMP HACK[キャンプハック]


【こんなテントあったんだ!】国内外の”あまり知られていない”個性派テントたち大集合!

0


デザイン・機能とも自由度高し!海外の個性派テント

デイナデザイン

出典:solaryth
こちらは、デイナデザインのテント「JANA」。デイナデザインは、バックパックでおなじみ「ミステリーランチ」の創設者がかつて手がけたブランドです。

買収・ライセンス譲渡を経て現在ブランド自体は消滅していますが、人気ヴィンテージテントとしてユーズド市場に出回っています。

出典:solaryth
ワンポールの「NUKTUK」など様々なモデルがありますが、どれも独特な美しい曲線とベージュ×パープル・ワインレッドのバイカラーが特徴的。とてもフォトジェニックで、キャンプ場でかなり目を引きそうですね。

ノマド ドゴン4

出典:YH-camping
ノルディスクのレイサを筆頭に、日本のキャンプシーンでもだいぶ浸透してきたトンネルテント。今から個性を出すなら、オランダのアウトドアメーカー「ノマド」に注目です。

かなり大きいですが、幕体はポリコットンで雨に降られても比較的メンテナンスしやすいのは大きなメリット。

天井も約2mと開放感たっぷりなのと、特筆すべきはこの大きな窓! メッシュにはないクリアな視界は、景観が堪能できるのはもちろん明るい日差しがさしこみます。

ベルガンス ウィグロ

出典:WEST BLOG
ノルウェー発のブランド・ベルガンスの代名詞的テント「ウィグロ」。独特のフォルムはサイドフレームで居住空間を広く取るという、ティピとドームのまさに”いいとこ取り”です。

高すぎず低すぎずに計算し尽くされたテント高は、テント内で過ごす際の快適さと耐風性を両立。夏場はサイドウォールを跳ね上げて風を通したりと、4シーズン使える最強テントと言われています。

ヨーレイカ サンパブロ

出典:tekkin
こちらは一見何のことはないトンネルテントのように見えますが、4~6人用の大型ながらなんとエアフレーム式。

空気を注入するだけなので、設営はわずか数分。太いチューブがしっかりとテントを支えます。

生地は強度が高く雨にも強い、リップストップコットン。雨や露に晒されがちな日本のキャンプでもタフに活躍してくれそうですね。

アウトウェル モンタナ6

出典:Outwell
デンマークのブランド・アウトウェル。北欧やイギリスではすでにポピュラーなメーカーですが、日本には二年ほど前に上陸したばかり。まだほとんど見かけないレアブランドです。

10人以上のグループでも過ごせそうな広さは、もはや別荘! サイドに付けられている出入口は、入りきらない荷物置き場などちょっとしたスペースにも役に立ちます。

広くても機能的な工夫がなされているのは、海外テントの特徴のひとつですね。

モステント スーパーフライ

芸術家によって造られた、モステント。「スターゲイザー」は、そのあまりの芸術性からニューヨークMOMA美術館の永久収蔵品にもなっているほどです。

ほかに「スタードーム」や「オリンピック」も有名ですが、円錐形の「スーパーフライ」も芸術的。なだらかな稜線は、何時間眺めていても飽きない美しさがありますね。

マウンテンハードウェア スペースステーション

個性派に間違いはないけれど、個人レベルではなかなか手が出せないのがこちら。直径6m・高さ3mの超大型テントは、エベレスト登山のベースキャンプなど商用目的で使われることも多く、耐寒性と強度は強靭です。

もちろんキャンプで使えば、巨大なパーティースペースに! このインパクト大な見た目は、左右対称を意識しながら15本のフレームを交差させていくジオテックドーム構造によるもの。

複雑なフレームワークを楽しみたい人・フリーサイトでのキャンプがメインの人・テント購入費に糸目をつけない人におすすめです。

関連記事