CAMP HACK[キャンプハック]


どんな料理下手でも失敗”できない” 『100均の缶詰』で作っちゃうスピードキャンプ飯

1


缶詰レシピでも屈指のズボラ料理「コーンバター」

撮影:編集部
まずは、このパッケージの組み合わせを見るだけですぐに”美味しい!”と分かる「コーンバター」。用意するのはコーン缶、切れてるバター(1切れ25円)、これだけです。

撮影:編集部
缶を開けて、コーンの上にバターをのせて火にかけます。

撮影:編集部
コーンから水気が出てくるので、フタをして蒸し焼き状態にすること約2,3分……

撮影:編集部
香ばしいバターが食欲をそそる一品が早くも完成! 洗い物の手間がないので、フライパンで作るより手軽です。

撮影:編集部
味はコーン×バターなので間違いなし。ここに醤油を数滴垂らせば、より香ばしいツマミに。バターと間違えて石鹸入れちゃった!とかの超絶ハプニングがない限り、絶対に美味しく作れる簡単レシピです。

いなばのタイカレーを使って「グリーンカレーうどん」

撮影:編集部
お次は、ひと味違う「グリーンカレーうどん」。用意するのはおいしい缶詰で有名な、いなばのグリーンカレー缶。それと、うどん、乾燥小ネギや大葉。

うどんは、意外とエスニック料理との相性がいい「きしめん」がおすすめです!

撮影:編集部
まず、うどんは茹でておきます。そしてツナ缶は汁ごとシェラカップや小鍋に入れ、身がボロボロにならない程度に軽くほぐしながら火にかけます。

撮影:編集部
温めたグリーンカレーの中にうどんを入れ、最後に小葱や大葉を散らして完成。うどんとカレーを別皿にして「つけ麺」スタイルで食べるのも好評でした。

いなばのグリーンカレーは唐辛子やレモングラス・クミンなどで本格的に味付けされているので、調味料で味を調える手間もかかりません。

ちなみに今回使用したギアはレギュレーターストーブとシェラカップ、そしてお箸だけ。包丁も不要です。

ソト レギュレーターストーブ

●発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
●使用時間:約1.5時間(ST-7601本使用時)



スノーピーク チタンシェラカップ

●サイズ:φ120×45mm
●容量:310ml
●材質:チタニウム
●重量:39.5g




缶詰のチカラは偉大。他にもいろんなメニューがあります!

この簡単料理は、他のいろいろな缶詰にも応用できます。やきとり缶にサバの水煮缶など、100円ショップやコンビニでも買える定番缶詰を使ったメニューをチェック!

関連記事