CAMP HACK[キャンプハック]


【ショップ情報】いつ行っても飽きない「UPI Outdoor 鎌倉」 | 3ページ目

0


北欧の伝統的なスタイルを継承するコーヒーブランド「レンメルコーヒー」

UPI Outdoor 鎌倉 レンメルコーヒー
撮影:筆者
コーヒーを淹れるとき、みなさんはドリッパーを使っていますよね? 昔はそのような道具がなかったため、スウェーデンではケトルに粗挽きしたコーヒー豆を直接入れて、火にかけて煮て飲んでいたようです。

「レンメルコーヒー」は、その昔ながらのコーヒースタイルを継承する貴重なブランド。UPI Outdoor 鎌倉では、同ブランドの定番であるケトルや専用のレザーケースなどを販売しています。

レンメルコーヒー レザーケース入り コーヒーケトル0.9L

●内容
アルミ製コーヒーケトル0.9L×1
ハンドメイドレザーケース×1


レンメルコーヒーに使うコーヒー豆も絶賛発売中

レンメルコーヒーのコーヒー豆
撮影:筆者
レンメルコーヒーのケトルの中に入れるコーヒー豆も、他ではあまりお目にかかれない商品。量は450gと多めで、真空パックなので新鮮なままコーヒーを淹れることができます。ケトルと一緒に購入して、ぜひ焚き火をしながら飲んでみてはいかが?

エコストーブ「ケリーケトル」を各サイズ取り扱い

UPI Outdoor 鎌倉 エコストーブ「ケリーケトル」
撮影:筆者
ガスやガソリンを使わず、小枝などで火をつけて湯を沸かす「ケリーケトル」。UPI Outdoor 鎌倉には、本体がステンレス素材のタイプとアルミ素材のタイプ、0.6L、1.2L、1.6Lのサイズ、さらにはクックセットなどのオプションも豊富に揃っています。

120年以上経っても愛され続けているケリーケトルは、防災用品としても使えることで知名度も徐々に上がっているとのこと。サイズや素材感をひと目見たい方は、ぜひお店で見てみてください。

ケリーケトル ベースキャンプ(SST) 1.6L

●素材:ステンレススチール
●高さ:34cm
●直径:18.7cm
●水の容量:1.6L


毎週末は中庭でワークショップを開始中

UPI Outdoor 鎌倉 中庭でワークショップを開催
撮影:筆者
UPI Outdoor 鎌倉を設立した一番の目的が、お店の前にある中庭で定期的に行うワークショップ。薪の火おこしやウッドスプーン作りなど、ナイフを使ったイベントを実施しています。

UPI Outdoor 鎌倉 中庭でワークショップを開催 ネイチャークラフト作家の長野修平さんや、モーラナイフジャパン公認インストラクターの越山哲老さんなどが講師として参加。ホームページとFacebookページにて内容が掲載されているので、気になる人は確認してみてください。

鎌倉へ行ったらUPI Outdoor 鎌倉にお立ち寄りを!

UPI Outdoor 鎌倉 
撮影:筆者
ナイフの品揃えが豊富で、ストアイベントを通してナイフのある生活を伝えることを大切にするUPI Outdoor 鎌倉。お店へ行くごとに、ナイフに対する考えが徐々に変わってくるかも? ぜひ足を運んでみてください!

ショップ情報

住所:神奈川県鎌倉市御成町13-36
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜
TEL:0467-53-7845
公式ホームページ:http://www.uneplage.net
Facebookページ:https://www.facebook.com/upioutdoorkamakura/

Let’s stop at UPI Outdoor kamakuraif you go near !

近くへ行ったらUPI Outdoor 鎌倉に立ち寄ろう


小川迪裕の他の記事はこちら


紹介されたアイテム

小川 迪裕

小川 迪裕

フリーランスライター・編集者。WEBや雑誌の執筆を主な活動とし、タブロイドやイベント冊子の製作も担当。キャンプはルーフトップテントで宿泊。

関連記事