オレンジが決め手!新作スナグパック4つのテントが無駄のないタフさ【アウトドア通信.114】

2018/02/24 更新

サンバーストオレンジが目をひくスナグパックの新作 テント4点をご紹介。1~4人まで使用人数ごとに分かれたモデル要必見!「ファミリーで使うテントが欲しいけど、収納サイズは抑えたい」なんて人は、ぜひチェックしてみてください。


本気仕様のスペックテント日本に上陸!

主にシュラフやアウトドアウェアを生み出している「Snugpak(スナグパック)」より4つの新作テントをご紹介します。耐久性に優れたものづくりを得意とし、軍隊でも使用されるほどの品質を誇るイギリスのブランドです。

今回発売されるテントも材質にこだわりぬいたタフ仕様なテントが登場する模様です。

1人用テント「ソロ」

ダブルウォールのソロテント「ソロ」。インナーテントはフルメッシュになっているので通気性抜群。夏場はフライシートを外してメッシュだけの状態での使用も可能です。
ポールにはジュラルミン、ペグはアルミ合金と高強度といわれる材質を採用。コンパクトなサイズ感でアクティブに使用したいアイテムです。

【ソロ】
●使用サイズ:縦265×横100×高さ70cm
●収納サイズ:縦58×横13×奥行13cm
●フライシート材質:75Dリップストップポリエステル(内側)4,000mmPUコーティング
●インナーテント材質:68Dリップストップナイロン(メッシュ部分はポリエステル)
●グラウンドシート材質:68Dリップストップポリエステル(5,000mmPUコーティング)
●ポール:ジュラルミン、ペグ:アルミ合金
●重量:2,000g
●仕様:アルミニウム合金Y字型ステーク、修理キット付き
●価格:22,000円(税別)

次は2人用の「デュオ」をご紹介します。大柄な男性でゆとりの欲しい方は、ソロよりデュオがおすすめですよ!

2人用テント「デュオ」

実用的な2人用テント「デュオ」。今回、全4モデルともにグランドシートがセットで付属しています。
入り口部分の高さが最も高くなっており、テントの出入りもしやすくなっています。デュオはインナーテントがメッシュではなく、全面シートになっていて秋口くらいまでの幅広いシーズンで活用できます。

【デュオ】
●使用サイズ:縦320×横135×高さ100cm
●収納サイズ:縦58×横13×奥行13cm
●フライシート材質:75Dリップストップポリエステル(内側)4,000mmPUコーティング
●インナーテント材質:68Dリップストップナイロン(メッシュ部分はポリエステル)
●グラウンドシート材質:68Dリップストップポリエステル(5,000mmPUコーティング)
●ポール:ジュラルミン、ペグ:アルミ合金
●重量:4,000g
●仕様:アルミニウム合金Y字型ステーク、修理キット付き
●価格:34,000円(税別)

3人用テント「トリオ」

一般的なドーム型テント設計の「トリオ」。前後の出入り口はフライシートが張り出されていることにより、荷物置きにも使えるスペースを確保できます。

【トリオ】
●使用サイズ:縦237×横345×高さ125cm
●収納サイズ:縦58×横18×奥行18cm
●フライシート材質:75Dリップストップポリエステル(内側)4,000mmPUコーティング
●インナーテント材質:68Dリップストップナイロン(メッシュ部分はポリエステル)
●グラウンドシート材質:68Dリップストップポリエステル(5,000mmPUコーティング)
●ポール:ジュラルミン、ペグ:アルミ合金
●重量:4,700g
●仕様:アルミニウム合金Y字型ステーク、修理キット付き
●価格:40,000円(税別)

4人用テント「クアッド」

「クアッド」は何といっても前室の広さが魅力的! 前室サイズは、縦120×横240×高さ125cmです。ゆとりある空間を演出しながらも重量がたったの5kgというのが最大の利点ですね。

【クアッド】
●使用サイズ:縦240×横440×高さ125cm
●収納サイズ:縦58×横19×奥行19cm
●フライシート材質:75Dリップストップポリエステル(内側)4,000mmPUコーティング
●インナーテント材質:68Dリップストップナイロン(メッシュ部分はポリエステル)
●グラウンドシート材質:68Dリップストップポリエステル(5,000mmPUコーティング)
●ポール:ジュラルミン、ペグ:アルミ合金
●重量:5,000g
●仕様:アルミニウム合金Y字型ステーク、修理キット付き
●価格:54,000円(税別)

いかがでしたか? テントは人数に合わせて合ったものを使用したいところ。しっかりとスペックをチェックして使用シーンを考えましょう。
CAMP HACKトップはこちら
CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!