【購入者インタビュー】スノーピーク発の巨大テント「スピアヘッド」の使い心地は?

スノーピーク初のワンポールシェルターとして注目が集まる「スピアヘッド」。洗練されたデザインにテントとのスムーズな連結機能など、気になるスペックを徹底調査。実際に使ってみたというオーナーによる、設営・サイズ感にまつわるリアルなコメントは必読!


アイキャッチ画像撮影:編集部

スノーピーク初のワンポールシェルター「スピアヘッド」

2017年12月に発売されたスノーピークの新シェルター「スピアヘッド」。連なる雪山のようなフォルムと自然になじむアイボリーのボディーカラー、その圧倒的オーラに早くも魅了される人が続出しています。

凛とした佇まいはさることながら、サイドフレームによって内部空間の低さ・狭さを感じさせないなど、見た目も機能も文句なしと噂のスピアヘッド。

実際に購入したキャンパーにインタビュー

果たして実際はどうなのか? いち早くオーナーとなった方の使用感をもとに、スピアヘッドの魅力をチェックしていきましょう!


検討中なら必読!スピアヘッドオーナーのリアルレポート

撮影:編集部
去る二月初旬、グループキャンプにてめでたくスピアヘッドデビューを果たしたという長濱(ながはま)さんに、お話を伺いました。

購入したサイズ・使用シチュエーションは?

撮影:編集部

購入したのは「スピアヘッドPro.L」。二月の千葉、海沿いのキャンプ場でデビューさせました。夜の冷え込みは弱かったですが、風は多少ありました。今回は14人での利用です。

MサイズとLサイズがあるスピアヘッド、それぞれ対応人数は6人・8人となっていますが、使用スタイルによってはそれ以上の収容力がありそうですね。

設営にかかった時間はどのくらい?

撮影:編集部

自立までは10分、その他ペグダウン含めても20分くらいでしょうか。自立するにはペグ4本、形になるにはそこからペグ打ち9本。33本ペグがありますが、13本で綺麗に張れます。

小窓3つの両脇のロープ計6本をペグダウンすれば、なお良し。といった感じです。今回は計19本のペグダウンでした。

設営しやすいガイドロープがあるので、角度など神経質にならず簡単に設営できたという長濱さん。大型テントも設営しやすくフォローされている点は、さすがスノーピークです!

スピアヘッドをどう使った?

撮影:編集部

今回は本体のみのシェルターとして利用し、寝るときは一人でコット寝しました(笑)。 同メーカーのアメニティドームMのインナーを入れようと思いましたが、Mサイズは場所を取り過ぎてしまうのでさすがに断念しました。

実際使ってみて、サイズ感や居心地はどうだった?

撮影:編集部

Lサイズはやっぱり広いです! 14人の宴会でも快適でした。チェアを持ち込んで輪になっても、後ろを通れる隙間も有り。スカート付きなので隙間風もなく、しっかり暖まりやすいです。

自分はグループキャンプの機会が多いので、「大は小を兼ねる」の精神でLサイズを購入しましたが、ファミリーキャンプなどであればMサイズでも十分な広さがあると思います。

撮影:編集部

色味は白とオフホワイトの中間色なので、ミリタリー・ヴィンテージギアとの相性も意外と良かったですね。幕が白いので、とにかく幕内が明るい! 昼はもちろん、夜はランタンの光を良く反射してくれました。

テントも、同じサイズでも明るい方が広く感じるというのはありますね。大人数で使用する時こそ、開放感は重要。夜の幻想的な雰囲気も素敵です!

気になる点と今後やってみたいスタイルは?

撮影:編集部

今回はシェルター利用でしたが、滴るほどの結露はありませんでした。気になる点としては、サイズが大きいので区画サイト向きではないかもということと、生地も厚いので、乾きづらいかな……。

なるほど、このサイズ感を活かしてグルキャン時のシェルターとして使うのに良さそうですね!

今後は小さめのドームテントなどを入れて、カンガルースタイルに挑戦したいです。専用インナーをつけてお座敷スタイルもいいですね!




スピアヘッドはカンガルースタイルやテントとの連結もおすすめ

アメドインナーはSサイズが良さそう

シェルターであるスピアヘッド、就寝スペースを作るには別売りのインナーテントを使うほかに、どんな方法があるのでしょうか。

今回長濱さんはコットでの就寝だったようですが、先ほどの話でもあったようにカンガルースタイルという手段も。店舗からの情報を見てみると、アメドのインナーを利用するならSサイズがちょうど良いようですね。

ドームとの連結も可能!

ドームテントと連結させて、ツールームとして使うこともできます。しかも簡単! スピアヘッドのパネルを巻き上げて連結させるテントのフレームを入れ込んだら、コードロックで固定し、最後にペグダウンするだけ。

専用トンネルなどのオプションパーツ不要というこの簡単さは、スピアヘッドの大きなメリットです。

アメドのほかにも、ランドブリーズやドックドームとの連結も可能。同じアイボリーラインのテントとドッキングさせれば、機能的かつ見た目も美しい!

もちろん、スピアヘッド同士の連結も可能。MとL、サイズ違いでもつなげられるようです。二張り・三張りとつなげて、圧巻の巨大シェルターを作ってみたくなりますね。

ITEM
スノーピーク スピアヘッド Pro.M
●サイズ:直径590cm×高さ260cm
●収納時サイズ:82×30×34(h)cm
●重量:13.5kg
●材質:本体/210Dポリエステルオックス、PUコーティング・テフロン加工、UV加工
●耐水圧:1,800mmミニマム
ITEM
スノーピーク スピアヘッド Pro.L
●サイズ:直径680cm×高さ280cm
●収納時サイズ:87×33×38(h)cm
●重量:16kg
●材質: 本体/210Dポリエステルオックス、PUコーティング・テフロン加工、UV加工
●耐水圧:1,800mmミニマム

次のテントはスピアヘッドを狙おう!

今や機能面に加え、ビジュアルもどんどん洗練されているキャンプギア。工夫次第でテントにもシェルターにもなり、落ち着いた色味ながらどこかラグジュアリーな雰囲気も備えるスピアヘッドは、まさにその最先端! 新たな一張りに、スピアヘッドはいかがですか?

ツインポールシェルターも素敵

インパクトと存在感のあるタープといえば、ツインポールシェルター。おなじみランドステーションにツインピルツなど、機能的でシルエットも美しいツインポールシェルター特集!

We’ll Aim “Spear head” Next!

次に狙うは「スピアヘッド」!

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!