CAMP HACK[キャンプハック]


男前なホッカイロと言えば!Zippo「ハンディーウォーマー」がくり返し使えて便利

0


4STEPで簡単!ハンディーウォーマーの使い方

セット内容は?

ジッポー ハンディウォーマー&オイルセット
出典:amazon
ハンディーウォーマーの基本のセット内容として、本体、燃料のZippoオイル、本体に注ぐための注油カップ、温かくなった本体を入れる専用フリース袋以上の4点が入っています。買ったらすぐに使えるように全て揃っているのが嬉しいですね。それでは早速使ってみましょう!

①注油カップにZippoオイルを注ぐ

ジッポー ハンディウォーマー&オイルセット/オイル注入
出典:SEAMOON+
発熱時間は注油カップに入れるオイルの量で調整できます。例えば、注油カップ2杯分のオイルを注入すると、最大で約24時間発熱してくれるので丸1日使うことが可能です。

②オイルをタンクに入れ、バーナーを設置する

zippo ハンディウォーマー 分解
出典:SEAMOON+
触媒部分を外し、オイルを本体に注ぎます。このとき、必ず専用の注油カップで行うようにしてください。直接注ぐと、こぼれて匂いの原因になることも。しっかりと注いだあと、バーナーをしっかりとはめ込みます。

③炎を当ててプラチナ触媒部分を温める

Zippoハンディウォーマー触媒部分
出典:SEAMOON+
注入したオイルと触媒が反応を始めるには、触媒の温度を130℃以上にしなければならないので、ライターなどでよく触媒を炙ります。

④キャップを閉め、専用袋に入れて使用する

Zippoハンディウォーマーと専用ポーチ
出典:SEAMOON+
本体が温かくなってきたら、キャップをして専用のポーチに入れます。そのまま使うと低温やけどの恐れがあるので、必ずポーチに入れて使用してくださいね。

いかがでしたか? 温かさはもちろん、この味わいのあるひと手間を楽しまれている方も多いようです。慣れてきたら簡単にできるようので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

バーナー部分は、経年劣化するため交換しよう!

ジッポー ハンディーウォーマー用バーナー
出典:amazon
約70回から90回発熱するバーナーですが、経年劣化していきます。発熱しなくなった、あるいは発熱が弱くなった場合は新品に交換する必要があります。別売りで販売されているので、予備で一つ用意しておくことをオススメします。

ジッポー ハンディーウォーマー 交換用バーナー

●サイズ:32×13×15mm
●本体重量:5g
●素材・材質:本体/真鍮


ハクキンカイロとハンディーウォーマーの違いって?

次は、ハンディーウォーマーと似ている「ハクキンカイロ」との違いについてご説明します! 見た目も性能も似ている2つにどんな違いがあるのでしょうか?

関連記事