CAMP HACK[キャンプハック]


8年ぶりに進化した、ロッジ型「リビングシェルターV」で1年中遊んじゃおう! | 3ページ目

0


スチールポールの重さ=安心感

このタイプのテントは「鉄骨テント」なんて愛称があるほど重量に特徴が。リビングシェルターVのポールも約16.1kgとかなりヘビー級ですが、設営後の安定感はそれに比例してケタ違いです。

そんな重いの一度に持って行けない! と思った方。ご心配なく。幕とポールで収納袋が分かれているので、オートキャンプ場なら楽勝。そうでなくてもキャリーカートなど工夫次第でこの問題はクリアできる重さです。

設営は親切設計で、初心者でも簡単

そんなにしっかりした造りなら、設営が難しそうなんじゃない?と思いますよね。しかし、この進化版リビングシェルターVのポールは、丁寧に色別(赤、青、白)に仕分けされていて迷わないよう工夫されています。

高さは220cmもありますが、屋根部分から作り込み側面のポールをまず半分の高さにし、シートを被せてから残りを伸ばすやり方だと設営はスムーズです。設営時間は2人で15分〜20分程度が目安というから驚きですよね。

価格も重量もヘビー級……だけど?

10万円を超える価格。幕体が約8.4kg 、ポールが約16.1kgの計24.5kgと収納スペースも選ぶアイテムです。しかし、前述したとおりの魅力は相当なもの。4シーズン使えて一生ものだと考えたら納得の価格ではないでしょうか。

ogawa リビングシェルターv

●幕体サイズ:縦360cm×横360cm×高さ220cm
●収納サイズ :92×34×52(cm)
●重量:幕体/約8.4kg、ポール/約16.1kg
●カラー:ブラウン×サンド×レッド
●素材:フライ/ポリエステル 210d(耐水圧1,800mm)、ポール/スチールφ22mm(張り出しポールΦ19mm)
●付属品:スチールピン、張り出しポール180cm、張り綱、アイアンハンマー、ライナーシート、収納袋


ヨドバシカメラで、お得に買えるかも?

あのカメラで有名な「ヨドバシカメラ」のゴールドポイントカード、コレが意外と使えるんです。電化製品などを買って貯めたポイントを使えば、シェルターを割安で買えることも。

OGAWA専門ストアがさいたま新都心店や、梅田店、京都店、博多店にあるので気になる方はチェックしてみては?

ヨドバシカメラ OGAWA専門ストアはこちら
ヨドバシカメラ リビングシェルターVのサイトはこちら 

ogawaのリビングシェルターVで快適なキャンプをしよう

ogawa リビングシェルター ogawaのリビングシェルターVの魅力をご紹介しました。お値段は張りますが、4シーズン使える点、設営や連結のしやすさ、快適性を考えるとそう高くもないかなと思いませんか?

ロッジ型よりもう少し軽めなシェルターはこちらから

もう少し値段も重量も抑えたいかな……という方はこちらの4種もチェックしてみては?

Technical ant ogawa living shelter V!
技アリのogawaのリビングシェルターV

紹介されたアイテム

野口理加

野口理加

家族でキャンプにハマっている2児の母。今年は念願のリターンライダーを果たし、キャンプツーリングの機会を狙っています。お酒、甘いもの、キャンプ飯が大好物!  instagramアカウント: @mojyacamp

関連記事