CAMP HACK[キャンプハック]


寒さ対策の本気ソックス5選。足元にこそ妥協しない最強素材を選択せよ! | 2ページ目

0


今の主流は「メリノウール」!

羊
出典:photoAC
「メリノウール」とは、メリノ種という羊から取れる最高級のウール。毛がとても細く、長さが均一なので、柔らかくてしなやかな肌触りが大きな特徴です。

また、クリンプ(縮れ)が多いため、弾力性が高く、クッション性にも優れています。

メリット

・肌がチクチクしない優しい着心地
・冬は暖かく、夏でも涼しい調温機能
・天然の抗菌・防臭効果

デメリット

・化繊よりも重く、水を含みやすいので乾きにくい
・生地が弱いので摩耗・穴があきやすい

多くのアイテムは化学繊維との混合

肌触りや調温性能の高さから非常に人気の高いメリノウールですが、速乾性や耐久性の面でデメリットが。

しかし、化学繊維(ナイロンやポリエステル)との混合により、デメリットを補う優れたアイテムがたくさんラインナップされています。

【おすすめ①】スマートウール(アクティビティ向け)

スマートウール PhDアウトドアヘビークルー
出典:smartwool
創業から一貫してメリノウールを使ったソックスやウェアを製造してきたメリノカンパニー。そんな老舗が手掛けるブランド「スマートウール」。

その履き心地の良さと高い機能性から、トレッキングやスノーボードなど冬のアクティビティにはマストといわれる存在です。

スマートウール PhDアウトドアヘビークルー

●サイズ:M(24.0-26.5cm) L(27.0-29.5cm)
●素材:ウール73%、ナイロン25%、ポリウレタン2%
●生産国:USA
●ハイト(足首からの高さ):クルー(ふくらはぎの中間までくるサイズ)
●クッション(厚み):ヘビーフルクッション(全体にクッションを配置。ミディアムより厚い)


【おすすめ②】モンベル(アクティビティ向け)

モンベルの店舗
出典:flicker
メリノウール100%で高い保温性と吸放湿性を誇る「モンベル」の靴下。防臭効果や耐久性にも優れるほか、洗濯時の縮みの少ない防縮加工も人気のポイント。

本格的な厳冬期登山でも通用するラインナップが豊富なのも嬉しいところ。日本人のかかとの形状に合わせたL字パターンデザインなど、細やかな配慮が魅力。

モンベル メリノウール アルパイン ソックス

●素材:メリノウール
●重さ:118g
●サイズ:S(22〜24cm)、M(24〜26cm)、L(26〜28cm)


【おすすめ③】ダーンタフバーモンド(タウン向け)

ダーンタフ マイクロクルーエクストラクッション
出典:A&F facebook
「ダーンタフバーモント」の製品は、アウトドアソックスでは他に類を見ない生涯保証つき!

親子3世代にわたりソックス作り一筋30年以上、タフで履き心地のよいソックスを追及し続けてきた、ブランドの誇りがなせるサービスといえます。

ダーンタフ マイクロクルーエクストラクッション

●カラー:1.グレー、2.レッド
●サイズ:S(21.0cm-23.5cm)、M(24.0cm-26.5cm)
●素材:メリノウール74%、ナイロン21%、Lycraスパンデックス5%
●原産国:USA



関連記事