【A&F展示会速報】2018年春夏NEWアイテムへの胸の高なりが止まらない!

2018年春夏のA&F展示会に潜入取材!大人気のロッジ、ヘリノックス、ミステリーランチなどの人気ブランドから気になる新製品をピックアップ。更に今注目のブランドの新製品もご紹介します。このラインナップは要チェックです!


※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください

キャンパーに愛されるブランド多数「A&F2018年展示会」

アウトドアブランド輸入販売を行っているA&F(エイアンドエフ)の2018年展示会にCAMP HACK編集部が潜入取材! キャンパーに根強い人気のブランドのブースが立ち並ぶ展示会から、気になる製品をピックアップしてご紹介します。

2018年はどんな製品が私たちのアウトドアライフを楽しませてくれるのでしょうか? この春夏に発売予定の新作ギアをいち早くチェックしよう!

LODGEより日本別注アイテムをキャッチ!


まずは、創業120年の歴史を誇る鋳鉄アイテムブランド「LODGE(ロッジ)」の展示コーナーへ。もはやキャンパーの調理グッズの定番となっているロッジに、今年これまでのハンドルタイプだけでなく両手用タイプ(写真中央)の「ラウンドパンループハンドル」が登場。

ハンドルが邪魔をしないのでオーブンでも使用しやすく、収納する際も場所を取らない扱いやすいデザインです。そんな新製品が並ぶ中、気になる日本別注アイテムをキャッチ!

日本別注グリルパン「ロジック・グリルパン(L3GPJPN-6½”)」

写真左から、新発売のロジック・グリルパン(6½インチ)、ロジック・グリルパン(10¼インチ)
2018年は日本別注アイテムが登場、その名も「ロジック・グリルパン(6½インチ)」。この製品の特徴は、なんと言っても波形になっている底面です。お肉を焼いても余分な油が落とされるので、ヘルシーに焼きあがります。また、食欲を掻き立てる焼き目をきれいに付けることができるのは、アウトドア料理をより楽しくさせるポイントになりそうです。

今回日本のみの別注で販売される小さめサイズは、野菜の付け合せの調理などにササッと気軽使える内径15.5cm。小型のグリルパンは1つ持っておくと重宝するアイテムですね。

【L3GPJPN-6½”】
●内径サイズ:15.5cm
●深さ:3.1cm
●重量:1kg
●価格:2,400円(本体価格)

話題のブランド「ベアーボーンズリビング」は、ランタンだけじゃない!

出典:A&F
皆さん、このLEDランタンをご存知ですか? 昨年秋よりA&Fで取り扱いを開始したブランド「Barebones Living(ベアーボーンズリビング)」。このLEDランタンは、クラシックなデザインと機能性で、発売後たちまち話題となり品切れが続出している人気アイテムです。

そんなランタンのイメージが強いベアーボーンズリビングですが、実はランタン以外にもにこれから注目したい新製品が登場しています。

注目!5つのソフトクーラーが斬新デザイン


それがそのソフトクーラーです。5つのモデルで展開されている新製品は、会場でソフトクーラーらしからぬ高級感を漂わせていました。

写真左より一番小さい容量の「トレッカー」は、開口する際に面倒なファスナーの開け閉めが不要な「マグネット・クイック・クロージャー」仕様になっています。保冷時間は最大12時間と普段使いのソフトクーラーとして申し分ない性能です。

さらにその隣、左から容量10Lの「パスファインダー」、1泊2日のキャンプに丁度いい容量27Lの「エクスプローラー」、バックパック型17.5Lの「ランブラー」、キャスター付き60Lの大型クーラー「ポーター」があります。この4モデルには、「リムーバブルライナー」が付属しています。

リムーバブルライナーって?


ソフトクーラーの中を覗いてみると、ファスナーの持ち手が。このファスナーをぐるっと一周開くと、ソフトクーラーのライナー(裏地)が取り外し可能に! ※「トレッカー」は取り外しができません。


ライナーには持ち手が付いていて、ライナーだけでの使用も可能です。保冷していた食材で中が汚れてしまった場合は、リムーバブルライナーを取り外して水洗いすればOK。いつでもクーラー内部を清潔に保つことができます。

さらに本革使用の高級感が!


さらにトレッカー以外の4モデルは、ハンドルやタグに本革が採用されています。まるでタウンユースのバッグのような雰囲気に、惚れ惚れしてしまいます。他とは違う風格を漂わせるソフトクーラーは、今年要チェックですね。

「ヘリノックス」はアクセサリーもますます充実!

次は大人気ヘリノックスのコーナーへ!

NEWサイズが追加!「チェアホームLX」

左より、チェアホームミニ、コンフォートチェア(+ロッキングフット)、タクティカルチェア、チェアホームLX
キャンパーからのチェア支持率NO.1といっても過言ではないほど、人気のヘリノックス。今期はさらに快適性を追及した製品が目立っています。

まずは、座面がワイドな「チェアホームXL」18,800円(本体価格)をご紹介します。ソファーのようなリラックスした座り心地を叶えてくれる座面は、幅68cm。

写真を見ても分かる通り、定番モデル「コンフォートチェア」の座面幅が52cmなのに対しその差は歴然です。カラーは、スチールグレー、マッチャ、コーヒー、バーガンディー、ベージュの5色展開。

コンフォートチェアをロッキングチェアに変身!「ロッキングフット ONE」


さらにヘリノックスの定番モデル「コンフォートチェア/タクティカルチェア」の専用アクセサリー「ロッキングフット ONE」も発売予定! これまで写真右の「CHAIR TWO HOME」専用のものは販売されていましたが、念願のサイズ展開となりました。

チェアの脚に簡単装着するだけで、ロッキングチェアに早変わりするこのアイテム。心地いい揺れを感じながら、キャンプのリラックス時間を演出してくれます。価格は6,200円(本体価格)。

小物ケースをプラスしてスペースの節約!「サイドストレージ」


「これはもうチェアから動かなくても良いのでは?」と思ってしまうような「サイドストレージ」も待機中! 小物ケースとしてヘリノックス製品(テーブル、チェア、コット)にセットすることができます。上写真は「マルチカモ」カラー、価格6,000円(本体価格)。

セット方法は?


セット方法はとても簡単! 本体裏側にあるループをポールに通し、スナップボタンで留めればセット完了です。サイドストレージには、スマホを入れたり、タオル、カトラリー、飲み物を入れておいてもいいですね。

マルチカモ以外にも、コヨーテ、ブラックカラー展開、サイズはW35×H14×D11cm、価格4,000円で発売予定です。

円形がサイトのワンポイントに!「テーブルオー」


チェアだけでなくサイドテーブルも発売予定です。円形のデザインがスタイリッシュな「テーブルオー」6,800円(本体価格)は、超軽量! 本体のみの重量はわずか220gです。

組み立ても脚となるポールを天板にセットするだけ。付属のキャンバスコットン地の収納袋に入れて楽々持ち運びできます。注意する点としては耐荷重が2kgなので、あくまでサイドテーブルとして使用しましょう。

「ミステリーランチ」キャンプにオススメの新作バッグは?

最後にタフなスペックがアウトドアマンに人気の「ミステリーランチ」のコーナーへ! スタッフの方にずばりキャンプにおすすめなNEWバックパックを聞いてみました。

おすすめはコレ!「テラフレーム50 3-ZIP」


フェスキャンプなど容量をある程度ほしい方におすすめなのが、51Lの大容量サイズのバックパック「テラフレーム50 3-ZIP」。このバックパックには驚きのポイントが。それがこちら!


なんとバックルを外していくと、バックの本体部分とフレームを離脱させることができるんです! そしてこの本体部分とフレームの間にさらにギアを収納することができる、という仕組み。

例えば、シュラフやヘリノックスのチェアなどバック本体に入れずらい荷物を挟みます。挟み終えたら本体とフレームに付いているバックルをぎゅっと圧縮して固定。すると荷重バランスが最適化され、長距離背負っていても疲れにくくなるそうです。

これはまさにキャンプの強い味方になってくれそうな機能ですね。軍用アイテムとしても信頼度の高いミステリーランチのバックパックで、新しいキャンプスタイルに挑戦するのはいかがでしょう!

今年もA&Fでドキドキしたい!


気になる製品が目白押しなラインナップでしたね! そのほか売切れが続いたカーカムスのテントも安定供給が可能になるという噂も。今回ご紹介した製品は、3月末頃販売予定です。

もう少しで寒さから抜け出し、待ち望んでいた熱いアウトドアシーズンがやってきます。それまでに新しいギアをGETして、自分に合ったスタイルを探ってみましょう。きっとまた違ったアウトドアの楽しさを発見できますよ。

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!