【これが私の一生モノ】20年以上ずっと愛用している5つのキャンプ道具 -Part.2-

キャンプ道具って20年も使えるの?…永く使えるのがキャンプ道具なんです。時を経て、いぶし銀に輝くギアのメンテナンスにいそしみ、また眺める時間も愉しいものです。長年の時空を共に旅したタフなギアたちの道具譚、今回はバーナーや調理用具などの小物をご紹介。


記事中画像提供:デザインスタジオ アトリエばく

我がキャンプ道具の、偏愛ストーリーあれやこれや

林の中、フィールドクッカー、PEAK-1
コットンキャンバスの三角テントで、カッコウのさえずりとともに目を覚ましたのは9歳の夏でした。

以来、ソロキャンプ時代、パートナーと2人で遠出した年月、家族が増え、友人同士の芋づる式グループキャンプを経て、再び2人。新しいギアに目移りもしますが、長年慈しんだ道具たちに囲まれる心地よさは格別です。

前回はテントやタープなど大物たちをご紹介させていただきましたが、今回はキッチン類の20年選手たちをお見せいたします。

20年選手その① コールマン PEAK-1 マルチフューエル

メカニカルな点火のお作法に魅力あり

コールマンPEAK-1、ポンピング中
こぼさぬようにガソリンを注ぎ、ポンピングしてタンクの内圧を高め、着火後もポンピングを足す面倒さに「メカを扱っているんだぞー!」というマゾヒスティックな喜びを感じちゃう私は変態でしょうか。1993年購入。ポンプカップを1回交換しています。

あらゆる条件下で最高のパフォーマンス

コールマンPEAK-1、点火
最近はガスバーナーの性能が上がり、強風下や低い気温でも確実に燃焼するものが増えていますが、20年前はガソリンバーナーが風にも低温にも強かったのです。

標高2000m超えの美ヶ原でも、低気圧の風雨の中でも頼れる相棒。ガスに比べて燃費もよく、ガス缶のゴミも出ず。このモデルは緊急時に車のガソリンが使えます。


20年選手その② EPI マイクロスーパーストーブオート

日常からの軽〜いエスケープに最適なモデル

EPIマイクロスーパーストーブオート、ヤカン、パーコレーターPart.1のガスランタンとともに、単独行動用として1990年に購入しました。ハードケース込みで200gの、当時最も軽いモデルを選択。心が疲れた時、街を出て緑の中でカフェタイム! と思うだけでストレスが軽〜く飛んでいきます。

思い出がふと浮かぶ……出かけたくなる深緑色

マイクロスーパーストーブオート、シェラカップで湯を沸かす、ランタン
こいつに点火すると、買ってすぐ出かけたトレッキングの休憩タイムに、岩峰の頂上で飲んだコーヒーの味が蘇ります。直噴式の炎はハイパワー。シェラカップ1杯分300mlの水が3分12秒で沸騰します。最大火力からとろ火までコントロール可能なマイクロアジャスト機構搭載。深い緑色のブランドカラーがまたいい色。

20年選手その③ ユニフレーム コーヒーバネット初代

画期的!バネの力でぺったんこから立体へ変幻自在

コーヒーバネット、マグカップ、パーコレーター、ヤカン、PEAK-1、レギュラーコーヒー粉
コンパクト収納ドリッパーの先駆けですね。陶器のドリッパーはかさ張って重たいし、プラスチック製じゃ雰囲気ぶち壊し。なので1992年、発売と同時に即買いしたのがステンレス製のバネでできたコーヒーバネット。平らに収納でき、脚の部分を外せばビヨ〜ンと円錐形になる機構は本当にありがたかった。

使いやすく進化していますね

コーヒーバネット、専用紙フィルター、パーコレーター
現在はgrande、cute、sierraとサイズも増え、grandeとcuteは脚が3点支持になったので、安定性が増したようですね。

使用後はさっとすすいでパッと振るだけ。先の尖った専用ペーパーフィルターを探すのに手間がかかりますが、今やネットでなんでも買える時代ですから。

20年選手その④ 年代物の銅のヤカン

いい仕事してますねぇ〜!コレで淹れるコーヒーは最高!

七輪の上の銅のヤカン
1991年に骨董品店で買った銅のヤカン、500円でした。風雅な鷺(さぎ)の絵柄がお気に入りです。

口の造作が素晴らしく、細く静かに湯が注げるので、朝のコーヒーを淹れるのに欠かせない逸品。アウトドアメーカー品でなくても、使い勝手や雰囲気の良いものをキャンプに取り入れるのは楽しいですね。小ぶりですが800ml入ります。


20年選手その⑤ スノーピーク フィールドクッカー初代

キャンプ鍋のレジェンド・フィールドクッカー

スノーピーク フィールドクッカー初代セット
1992年購入。現在のフィールドクッカーPro.1には、便利なメッシュバスケットが追加になっています。現行モデルのフライパンは強火でも大丈夫な黒皮鉄板、初代のフライパンはテフロン加工でした。次第に加工が剥げたので、今は目玉焼きを焼く程度。確か付属品のおたまがあったはずだけど、どこに行っちゃったんだろうか。

直火でガンガン熱してもビクともしない強靭さ

夜の焚き火、スノーピーク フィールドクッカー、焚火台
厚手のステンレス製でとっても頑丈。炭火の熱や焚き火の焔でステンレス地が少し変色したところがまた、たまらなくシビれるポイントです。

スノーピーク フィールドクッカー、パエリアパン、うずらのロースト
ダッチオーブンを使いだす前は、オーブン代わりに鍋を被せて、鶏のローストなどを作っていました。

キャンプは「ホモ・ファーベル(道具を作る人)」になれる場所

朝のコーヒーを淹れる人、ピークワン、コーヒーバネット、ヤカン こうして並べてみれば、幾多のキャンプを共にした道具たちを、手と目と脳みそを使って、自分のものとして馴染ませてきた歴史が蘇ります。

あと20年経ったのち、私は「これはねえ、まだ平成だった時代に買ったスキレットでね、20年かけて育てたんだよ。」なーんて、孫に自慢するバーチャンになっているのでしょうか……?

20年以上愛用しているギアのPart.1はこちら

こちらも永く永く付き合ってくれている愛用道具たちです。

Why don’t you continue using Outdoor Gear with LOVE?
心を込めて、アウトドアギアを使い続けてみませんか?

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
関美奈子

ガールスカウトがきっかけでキャンプが趣味になりました。関東近県で焚火と飲み会中心の大人キャンプを楽しんでいます。100均やホームセンターの素材を使って、簡単便利なキャンプのアイデアを考えるのが大好きです。 Instagramアカウント:@minako_seki_atelierbaku

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!