素材たっぷりなのに超コンパクト!夢のような「極厚ダウンジャケット」5選

各アパレルメーカーからさまざまなダウンウエアが登場していますが、ここ最近で注目を集めているのが「肉厚ダウン・超コンパクト」。ダウンが目一杯入っているのに、スタッフバッグに入れて持ち運べるこの機能は、普段使いだけでなくキャンプでも役立つこと間違いなしです!


アイキャッチ画像出典:ZODIAC

最上級の保温ジャケットを”持ち運べる”時代が到来!

出典:ZODIAC
保温性の高いアウターウエアのイメージとして、生地が分厚いとか、素材がたっぷりと含まれているといったイメージが先行し、コンパクトとは無縁と考えている人が多いのでは?

科学の進歩はすさまじいもので、肉厚ながらスタッフバッグに収納して持ち運べる頼もしいアウターが次々に登場しています。具体的にどんなウエアが販売されているのか? 選りすぐりの5点をご紹介します。


ポイントは「ダウン使用、スタッフバッグ付き」

出典:PIXTA
徐々に認知度は上がってきましたが、ダウンと中綿(化繊)の違いについて今一度復習を。

ダウンというのは、水鳥の胸に生えているふわふわした毛をいい、日本語で羽毛といいます。一方、中綿は「中に入っている詰め物」という全体的な意味と「化学繊維」という素材の意味の2種類が含まれていますが、今回は後者について説明します。

化学繊維の中綿は、ポリエステルなどが主原料です。プリマロフトやシンサレートなど続々と保温性が高い素材が開発されていますが、いずれも天然素材のダウンの温かさには正直劣ります。

出典:Doga
保温性以外にダウンの優れている点は、コンパクトに収納できるところ。ダウンの寝袋を使ったことがある人はおわかりだと思います。空気を含むとふっくらとかさが増しますが、空気を抜いて押しつぶすと非常に小さくなります。

この高い収納力を利用し、バッグの中にしまうことができるように設計されているのが、今回ご紹介するウエアたちです。そのため、どのアウターにも専用のスタッフバッグが付属しています。技術が進むことで生まれたものなのです。

厳選!オススメの極厚ダウンジャケット

それでは、たっぷりとダウンが封入されていながらコンパクトにまとめられるアウターをご紹介します。

ザ・ノース・フェイス「バルトロライトジャケット」

昨年からメディア各誌で紹介される注目のダウンジャケット。優れた保温性をもつ光電子(R)ダウンをたっぷりと注入し、表地は30デニールのWINDSTOPPER(R)2層構造を採用。極寒地でも過ごせる圧倒的な防風性と保温性が高い評価を受けています。

XXSからXLまで6サイズも展開し、さらにカラーも7色展開。この豊富なバリエーションも人気の秘訣です。かなりのまさに夢のようなアイテムなのです。

ITEM
ザ・ノース・フェイス バルトロライトジャケット
●サイズ展開:XXS〜XL
●素材 : 表地/ナイロン100%、中わた/ダウン72%、レーヨン20%、その他の羽毛8%、裏地/ナイロン100%
●重量 : 890g(Lサイズ)
●収納サイズ:幅17、高さ35~8、奥行17cm

モンベル「ベンティスカダウンジャケット」

出典:モンベル
コストパフォーマンスの高さで定評があるモンベル。近年ではインナーダウン「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」が爆発的に売れましたね。それ以外にも、肉厚にしてコンパクトに収納できるダウンジャケットがあります。

寝袋でも使われている高品質の800フィルパワー・EXダウンを使用し、寒い地域でも耐えられる保温性をもっています。表地には最高レベルの撥水性能をもつ「ポルカテックス(R)」加工を採用。雨だけでなく雪からも体を守ってくれます。

頭部だけでなく口をも覆う大きなフードも特徴。もし不要だと思ったら取り外すこともできます。カラーはブラック、グレー、ロイヤルブルーの3色。税込で3万円を下回る価格も驚きです!

モンベル「ベンティスカダウンジャケット」

パタゴニア「フィッツロイ・ダウン・ジャケット」

ウエアに入っているダウンは、パタゴニアらしい環境に配慮して供給したトレーサブル・ダウンを使用。800フィルパワーと超高品質に仕上げているので、しっかりと寒さを防いでくれます。

表地にはパーテックス・クアンタム・ナイロンを使用。雨を防いでくれる生地の中ではもっとも軽量かつ薄い生地のひとつです。手袋をつけながらも小物を取り出せる胸ポケットも付属。時代に左右されにくいオーセンティックなデザインも秀逸です!

ITEM
パタゴニア フィッツロイ・ダウン・ジャケット
●サイズ展開:XS〜XXL
●素材:表地/ナイロン100%、中綿:800フィルパワー・トレーサブル・ダウン
●重量:488g
●収納サイズ:幅15×奥行き(直径)15×高さ21~25cm



コロンビア「ライトソンピークフーディ」

700フィルパワーのダウンにくわえ、身体の熱を反射させて保温性を高める「オムニヒートリフレクティブ」機能を搭載。また、ストレッチニット素材を採用して、ダウンのロフトはそのままに動きやすい設計になっています。

表地にラミネート加工を施し、ダウンが抜けないところもうれしいポイント。もちろん、生地には撥水・防汚加工もついているので急な天候の変化にも対応できますよ!

ITEM
コロンビア ライトソンピークフーディ
●サイズ展開:S〜XXL
●素材 : 表地/ポリエステル100%、裏地/ポリエステル100%、中わた/ダウン90%、フェザー10%
●重量 : 738g(Mサイズ)
●収納サイズ:φ約60、高さ約30cm

マムート「エクセロン ダウンフーディ」

出典:マムート
日本人の体型に合わせたジャパン規格のダウンジャケット。20デニールのPertex Quantum(パーテックス・クアンタック)リップストップナイロンを使用し、光沢を抑えながら撥水性を高めた最新鋭の素材を採用しています。

サイドポケットに胸ポケット、そしてジッパー付きのインナーポケットと、小物を収納するポケットが豊富! しかも、片手で調整できるドローコードがフードと袖についているので、手軽にサイズ調整も可能。タウンユースとしても使えるアウターです。

ITEM
マムート エクセロン ダウンフーディ
●サイズ展開:XS〜XL
●素材:ポリアミド100%
●重量:470g

いつでもどこでも、安心して極厚ダウンが着られる!

寒さの心強い味方であるダウン。最新の技術のおかげで、肉厚なものでもスタッフバッグに入れてどこにでも持ち運べるようになりました。ウルトラライト思考の人、あまり荷物を持たずに過ごしたい人にはオススメです。ぜひチェックしてみてください!

Let’s try wearing the thick down jacket !

肉厚ダウンジャケットを着てみよう!


小川迪裕の他の記事はこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
小川 迪裕

フリーランスライター・編集者。WEBや雑誌の執筆を主な活動とし、タブロイドやイベント冊子の製作も担当。最近はもっぱらキャンプとウイスキーに夢中。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!