今年は○○キャンプを楽しむぞ!2018年「キャンプの抱負」を掲げよう

2018年、新しい一年の始まりです!そこで、今年のアウトドアライフをもっと充実させるために「キャンプの抱負」を掲げてみましょう。新しいキャンプスタイルにアクティビティ、キャンプ料理にギアの新調など、あなたは今年どのジャンルをから改革する?


※記事内では幕体の中で火器を利用するシーンがございますが、基本的に幕内は火気厳禁です。やむを得ず幕内に持ち込む際は換気などに十分にご注意ください。
アイキャッチ画像出典:Instagram by @ kanmax_camp

「今年キャンプでやりたいこと」をリストアップしてみよう

Rieさん(@rie.52)がシェアした投稿


いよいよ2018年。去年よりもっと充実したアウトドアライフが送れるように、今年の「キャンプの抱負」を挙げてみませんか?

改善点や理想のスタイルを確認して、2018年のキャンプをもっと楽しむための策を練りましょう。そんな抱負のヒントにしていただくべく、いくつかのポイントをCAMP HACKがおすすめ記事と併せて提案します!

こんな人におすすめの記事です

・2018年はもっとキャンプのレベルを上げたい!

・自分がなにをしたいのか方向性に悩んでいる方

・キャンプ道具の物欲が止まらない方


提案1:新しいキャンプスタイルに挑戦してみる

今年こそソロキャンプに挑戦だ!

大人数でのキャンプが定番化してきた方は、今年ソロキャンプにチャレンジしてみるのはいかがでしょう。

サイトすべてを自分好みにレイアウトしたり、料理を簡単に済ませることもできるので、グルキャン・ファミキャンとはまた違った楽しみに出会えますよ。

さらにレベル上げるならミリタリーキャンプ!

so-freeさん(@so_free7)がシェアした投稿


そんなソロキャンプでやってみたい方も多そうなのが、ミリタリーキャンプ。パップテント(軍幕)に直火OKのキャンプ場でブッシュクラフト……そんな粋なキャンプスタイルにもぜひトライ!


戌年だからドッグキャンプも絶対楽しい!

勇羽&倖羽さん(@tanpy_s)がシェアした投稿


今年は戌年、普段旅行やキャンプに行く際、ペットホテル等へ愛犬を預けている方は、一緒にキャンプへ出かけてみませんか? ドッグランが併設されていたり愛犬と参加できるイベントを主催しているキャンプ場もあるので、一緒にアウトドアを思いっきり楽しみましょう!


一度体験したら病みつきの雪中キャンプ

充分な装備と気合が必要ですが、雪中キャンプに挑戦するという案も。かき集めた雪をスクリーンに映画鑑賞なんて、まさに雪中キャンプでしかできないアクティビティ!


巨大テントで泊まってみる?タケノコキャンプ!

Rieさん(@rie.52)がシェアした投稿


2017年も続々と目玉商品が飛び出した、ドッペルギャンガーアウトドア。話題になったゲル風の「タケノコテント」なら、広々空間でこたつの導入も余裕! もはや屋外とは思えませんね。


提案2:キャンプ中の過ごし方を充実させてみる

料理をランクアップ

何となしの「いつものキャンプ料理」、今年は少し変えてみませんか? たとえばみんなでワイワイ手巻き寿司パーティなんかもアリです。飯盒でご飯を炊いて酢飯にしたら、後は切った具材を並べるだけなので意外と簡単!


ena.tさん(@yukichi_eita)がシェアした投稿


ダッチオーブンやスキレットを使って、アウトドアらしいメニューにチャレンジするのもおすすめです。手作りピザは市販のピザ生地を使えばこねて焼くだけと簡単なので、子供と一緒に手軽にできますよ。




サイトのカラーリングにこだわってみる

ギアのカラーリングにこだわったり、サイト作りを楽しんでみませんか? 同系色で統一したり、違和感のない配色を心がけるとグッとおしゃれに。アルフェイムの白、青いタープに赤いギアのコントラストでオリジナリティ満載です!


オリジナルギア作りに挑戦

田仲徹也さん(@tetsuyat)がシェアした投稿


人気のスノーピークのシェルフコンテナ。入手困難ながらいつの間にか持っている人も多いこのアイテムは、カスタム例も豊富。天板をつけてテーブル的に使うというアイディアも!


かぎ針編みでガス缶カバーや、レザークラフトでシェラカップやスキレットのハンドルカバーを作ったり。大がかりなDIYでなくとも、オリジナルギアはテンション上がります!


アクティビティを進化させてみる

mamoru shinagawaさん(@mam0.21)がシェアした投稿


川に海……夏のキャンプのアクティビティを200%満喫するためのアイテムも、新たに導入しちゃいませんか? 価格差はありますが、インフレータブル式のゴムボートは比較的リーズナブルに買えますね。



出典:SEKIDO
2017年も話題になったドローンも、広いキャンプ場なら遊びやすいですね。子供と一緒に楽しめるものなら、家族会議の決裁も降りやすい!? ただしキャンプ場によってはNGなところもあるので、確認はとりましょう!

提案3:心機一転!ギアを新調してみる

テントをリニューアル

marippe21さん(@marippe21)がシェアした投稿


ずっと気になっているテント、2018年は思い切って買っちゃいませんか? ベーシックなドームテントからツールームにチェンジしたり、憧れのコットンテントに変えてみたり。大型ギアは、新春初売りをやっている今こそ買い時!


カナさん(@t_ak211)がシェアした投稿


リマなどユニークなフォルムのテントに変えると、かなりサイトの雰囲気が変わります。「あまり人とかぶらない」というのは予想以上の満足感!

嗜好の問題だけでなく数年使っていると耐久性が落ちてしまうこともあるので、買い替えや定期的なメンテナンスは重要です。


焚き火グッズを新調してみる

テントと並んでキャンプの象徴とも言える、焚き火。定番から新しいものまで様々なタイプが登場している焚き火台、今年は二台目を手に入れちゃいませんか? 新調することで、使い分けもできますよ。


欲しかった”アレ”、買っちゃう!?

長年憧れ続けている系のお宝ギア。「自分への景気づけに」など何かと理由づけしやすい年始は、思い切るに絶好の機会! 筆頭は、依然人気のカーミットチェア。




yuyaさん(@yuya_masaani)がシェアした投稿


おしゃれキャンパーの保有率高しの「グランマーコッパーケトル」。ブロンズの輝きも素敵ですが、真っ黒に使い込んで経年変化を楽しみたい!


@campreme510がシェアした投稿


これからの季節の暖房を探している方、武井バーナー「パープルストーブ」はいかがでしょう。見た目の重厚感はもちろん、ポンピングやプレヒートといった作業をじっくり楽しむのも、新鮮な楽しさがあります。


2018年、あなたはキャンプをどう楽しむ?

Shinnosukeさん(@tokunolife)がシェアした投稿


一年の計は元旦にあり。2018年も安全で充実したキャンプを楽しむためにも、自分がどんなアウトドアライフにしたいのか年頭のこのタイミングで抱負・目標をクリアにしておきましょう!

どこでキャンプするかも大事

今年は、未開拓のキャンプ場を攻めてみませんか? 絶景に星空にお風呂……テーマを決めてキャンプ場を選んでみるのもおすすめです!

Make Your Camping Plan Of 2018!

2018年、どんなキャンプする?

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!