CwS創業者にインタビュー!英国グランピングの現状と日本での展望とは?

CwSといえば、「ベルテントUK」というベルテントブランドを販売する英国発のキャンプ用品メーカー。その本国社長が初来日し、編集部へご挨拶しに来てくれました!CwSの成り立ちや今後の展望など、社長にインタビューした内容をお届けします。


ベルテントの雄・CwSの本国社長が初来日!

img_3289_1
撮影:編集部
今年2017年3月に日本支社を立ち上げた英国のキャンプ用品メーカー「Camping with Soul(キャンピング・ウィズ・ソウル、以下CwS)」。

今回、その本国社長のトビンさんが初来日し、日本支社代表の横田さんと多忙な時間のなか、合間をぬってCAMP HACK編集部へご挨拶に来てくれました。写真からおふたりの仲の良さが伺えますね。

世界最大級のフェスに宿泊環境を提供するCwSとは?

origin-of-bell-tents-tony-tomlinson_1
出典:CwS Japan
CwSは、グランピングの火付け役といえるベルテントを販売するキャンプ用品メーカー。2006年に英国にて創業し、モダンなデザインと撥水性を持たせたテントはイギリスをはじめヨーロッパで愛されています。

今年7月には、埼玉県飯能市に同ブランドが運営する「CwS Hotel Naguri」を開業。CwSの世界感を体感できる施設を提供しています。

2008年からは、世界最大級のロックフェスティバル「グラストンベリーフェスティバル」で、ベルテントを宿泊施設として提供し、なんと一度の開催で760張り、約3000人のゲストを迎えたことでも知られています! まさに、グランピングを牽引する大きな存在なのです。

インタビュー敢行!CwSのことやグランピング事情を伺いました

早速トビンさんに、現在の活動やグランピング事情、今後の展望まで幅広く伺いました。


英国でグランピングが発祥したきっかけ

img_3235
撮影:編集部
—この度はご来社くださり、ありがとうございます。最初に、CwSがグランピングビジネスをスタートしたきっかけを教えてください。

そもそもグランピングは、英国で始まったとされています。しかも、当時流行していた25〜30歳のヒッピーたち(既成概念にとらわれないで、自然の中で野生生活を提唱する人たち)が、ベルテントの前身とされるテントを使ってキャンプを楽しんでいたことが先駆けとされているんです。

ただ、当時のテントは生地が分厚くて撥水性がほとんどなかったので、とても快適なテントとは言えません。そこで、今の技術を使って撥水性をかけた15.5オンスの薄いコットン生地を使って、ベル型のモノポールテント(=ベルテント)を発売しました。ちなみに、「CwS」は屋号(=会社名)で、ブランド名は「ベルテントUK」なんです。

—なるほど、屋号とテント名は別なのですね。CwSが扱っているテントのその他の特徴を教えていただけますか?

CwSのテントは、5mの特大サイズなのに構造が簡単なので、慣れた人が設営すれば15分ほどで張れます。また、サイドウォールを巻き上げて開放することができるのも特徴です。暑くなったら、これを開放して風を通すことができるんですよ。

ただ、フルオープンだと虫が寄ってくるので、「プロメッシュ」という網戸を採用しています。サイドウォールと二重構造になっていて、ウォールだけ巻き上げてプロメッシュは閉じておけば虫が中に入ってきません。インナーテントをつけてしまうと、せっかくの空間を仕切ってしまって狭くなってしまいますから。

lighting_1

出典:CwS Japan
—たしかに、インナーテントがあるのとないのとでは、広さがかなり変わって来ますね。CwSでは、ベルテント以外に何か販売しているのですか?

ありますよ。テントの上から吊り下げる「ティーライトシャンデリア」というライティングです。リング状のフレームに21個のキャンドルを入れるケースが付いていて、キャンドルを灯せばこれだけでテント内が暖かくもなる優れものです。見た目の割にコンパクトに収納できて、ゴージャスなうえに機能も良い!

そのほかに、薪ストーブ「アネヴェイ」の卸販売をやっているので、それもセットで販売したりしたいと考えています。日本人なら知っていると思いますが、コットン生地はナイロンやポリエステル生地と比べて火や熱に強いので、薪ストーブとの相性はバツグン。なので、CwSのテントは薪ストーブを使える仕様にしています。まだ本国しか販売してないので、日本には徐々に輸入して販売していきたいと思っています。

日本のメーカーは薪ストーブを基本的に禁止していますが、英国をはじめとするヨーロッパのメーカーは初めから入れられる仕様のモデルもあります。この点は、文化の違いがよく現れていますね。

—ベルテントと薪ストーブのセットは最高の組み合わせですよね! どんな人たちが使っていますか?

xfrontier_stove_plus_2-1200x813-jpg-pagespeed-ic-lvsin9lgwz_1

出典:CwS Japan

いろんな人たちが使ってくれています。たとえば、英国ではヒッピー世代の人たちが当時のキャンプを現代風にアレンジしてこのベルテントを使ってくれているし、定年を迎えてリタイアした人たちが、上質なテントを使ってキャンプをするときにCwSのアイテムを使ってくれることもあります。

また、場所によっては季節によって仕事がなくなる農家が、空いている土地にこのベルテントを張って期間限定で宿泊場所を提供する、なんてこともあるんですよ。英国では、グランピングはホットなジャンルなので、ニーズもあって利用者も増えているみたいです。

“自然に感謝する”という英国人の文化

img_3259
撮影:編集部
—空いている農地をグランピング施設として期間限定で提供するのは日本ではないですね! ところで、日本と海外でキャンプの違いはありますか?

日本に関してはこれからリサーチをしていく予定です。海外でいえば、英国ではどの家にもそこそこ広い庭があるので、そこで外部の人がテントや他の道具を持ち込んで宿泊することもできるんです。

しかも、宿泊に来た人たちは、そこで泊まらせてくれる敬意として、ゴミを残さないのはもちろん、“来たときよりも美しく”の精神で利用しています。これは自然に感謝する文化が英国に根付いているということかもしれないですね。

—とても素晴らしいことですね。モラルをもってキャンプをする文化は、日本も参考にしてもらいたいです。

あと、スペインでは公有地であれば最大3日間はどこでもテントを張って泊まれるという法律もあるんです。日本でも、そんなゆるいアウトドア文化が普及してほしいですね。

キャンプ場運営はグランピング文化を浸透させたいひとつのかたち

img_3229
撮影:編集部
—日本では、グランピングという単語はある程度浸透してきています。一方で、一気に普及したあまりにすぐに終わってしまうかもしれないと感じています。

私たちも、そこを危惧しています。英国では、ヒッピー世代が子どもたちと一緒にキャンプへ行って、その子どもたちがさらに下の子どもたちとキャンプをする。そのように、次の世代へ受け継がれています。

たしかに、日本ではグランピングを単なる流行と捉えているかもしれないですが、英国のように文化として定着して、一過性で終わらないようしたいですね。そのために、たとえば埼玉県飯能市に「CwS Hotel Naguri」というキャンプ場を開業して、グランピングを気軽に体験できる場所も作りました。

—CwSがグランピング施設を設立した話は、各メディアで出ていますね。そのほかに、何か取り組んでいますか?

「CwS Hotel Naguri」以外の場所でもグランピング施設を提供したいですね。日本は、家や倉庫のサイズが海外と比べて小さいので、ベルテントを買っても置いておく場所があまりないですよね。それなら、手ぶらでキャンプ場に来てグランピングを楽しんでもらったほうが合理的かなと思います。

あと、たとえばレンタカーショップと提携して、車をレンタルしたらセットでベルテントもレンタルできるようなパッケージを組んでいけたらと考えています。車のルーフにテントを載せて、そのままキャンプ場へ持っていけると便利ですよね!


今後のCwSの展望について

img_3233
撮影:編集部
—レンタカーショップとの提携は新しい発想ですね! 今後CwSでは、日本でどのようなことをしていく予定ですか?

グランピングの文化が日本で根付いていける活動をしていく予定です。たとえば、ベルテントだけを買ってあとはどうでもいい、という提案はしたくない。それは、グランピングではなくただテントだけを張った「ベルテンティング」になってしまうので。

ぼくらは、ユーザーがワクワクするような装飾をつけてみたり、家具や小道具を入れて居心地よくしたりなど、トータルでグランピングというスタイルを提案していきたいと考えています。

jayce-robinson-tent-interior-1_1

出典:CwS Japan
—トータルでグランピングスタイルの提案をするのは大切ですね!

あと、日本では「グランピングができるのはお金持ちの人だけ」というイメージがあるみたいですが、英国ではお金持ちだけの遊びじゃないんです。

グランピングという単語で使われている「グラマラス」は、豪華という意味のほかに“素晴らしい”という意味も含まれています。ぼくらはこの後者にも焦点を当てて、CwSのテントを使って素晴らしいキャンプができることを提案していきたいと思っています。

テントの居心地がどれだけ良いかを知りたい人は、ぜひ「CwS Hotel Naguri」に来てもらいたいですね!

—“素晴らしいキャンプ”という意味はとても魅力的ですね。この度はありがとうございました!

将来を見据えたCwSの活動に目が離せない!

img_3275_1
出典:編集部
CwSは、英国発のキャンプ用品メーカーでありながら、昔から存在するグランピング文化を世界中に広める伝道師のミッションを進めていることが、今回の取材で伺えました。ベルテント以外に本国で販売しているアイテムを徐々に輸入するとのことなので、これから目が離せないですね!

Camping with Soulの公式サイトで商品情報をチェック!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!