CAMP HACK[キャンプハック]


思わず旅に出たくなる!アメリカ発の最新ロードバイクおすすめブランド2選

0



ROVE NRB DL ロードバイク こちらのバイクは、ROVE NRB DL。ROVE LTD と似たようなルックスですが、ROVE NRB DL のほうは軽量なアルミフレームを採用しています。

ホイールは同じく650Bと47mmタイヤの組み合わせです。メインコンポーネントをシマノ・105とアルテグラのミックスとなっています。

ROVE NRB DL ロードバイク タイヤ 700Cよりも径が小さいリムに太いタイヤの組み合わせは、なんだかかわいらしくもありますね。エアボリュームが生み出す乗り心地は、グラベルのみならずオンロードでも楽しめるでしょう。

どちらのモデルもホイール、タイヤ共にチューブレス対応なので、ぜひチューブレス化して試してみたいものです。

製品名1 : ROVE LTD
製品名2 : ROVE NRB DL
価格1  : 完成車¥386,000(税別)、フレームセット¥118,000(税別)
価格2  : 完成車¥234,000(税別)
メーカー  : KONA

curator/須貝弦


速く、そして遠くへ。Cannondale SYNAPSE で極上のエンデュランスライドを手にいれる

キャノンデール ロードバイク シナプス
週末に川沿いのサイクリングロードや峠道に出向けば、ロードバイクを楽しむ多くの人々に出会います。

そういった場所にあるカフェにはバイクラックが置かれ、テラス席がロードバイク乗りに占拠されている光景も、珍しいものではなくなってきたようです。

ひと昔前、ロードバイクは「ロードレーサー」と呼ばれていて、その名のとおり競技用自転車だったわけですが、今ではその裾野は大きく広がり、多くの人が(たまにレースに出るとしても)レース以外の目的でロードバイクに乗っています。

もちろん、速くなりたい、強くなりたいう思いは、必ずしも競技でイチバンを獲るためとは限らず、もっと楽しみたいという動機であっても構わないのです。

Cannondale(キャノンデール)のエンデュランス系ロードバイク SYNAPSE(シナプス) は、サイクルロードレースが主目的ではないけれど、速く、遠くまで走りたいという。そして今日も明日も、ずっとロードバイクにで走りを楽しみたい――そんな欲求に応えるシリーズです。
キャノンデール ロードバイク シナプス SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE
アップライトなポジションと快適性に優れたフレーム、そして制動力に優れたディスクブレーキを搭載した SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE は、走ることに集中でき、しかも翌日に疲れを残さないロードバイクとして、ライダーの欲求を満たしてくれることでしょう。

キャノンデール ロードバイク シナプス タイヤ すべてがエンデュランスライドのために設計されている新型SYNAPSE HI-MOD ですが、シリーズのコンセプトを象徴しているのが、700×28Cのタイヤではないでしょうか。

キャノンデール ロードバイク シナプス タイヤアップ画像 ロードバイクといえば700×23Cが標準だったのは過去の話で、今や700×25Cが当たり前。そして快適性を重視するエンデュランスロードでは、より太い700×28Cが求められます。さらにSYNAPSEの場合は、700×32Cタイヤまで装着が可能で、フェンダーを取り付けるマウント(脱着可能)も装備。

このバイクなら、突然降り出す雨や目の前に現れるダートも気にすることなく、どこまでも走りつつけることができる――そんな期待を抱かせてくれます。

関連記事