CAMP HACK[キャンプハック]


思わず旅に出たくなる!アメリカ発の最新ロードバイクおすすめブランド2選

0

CAMP HACK × gearedの連携記事企画!“人生を変えるツール”を紹介するメディア「geared」がセレクトしたギアをCAMP HACKで紹介します。今回は、スタイリッシュかつ高性能なロードバイクをご紹介します。

geared


700Cと同じ外径でエアボリュームが多い「ROAD PLUS」タイヤを採用した KONA ROVE LTD & ROVE NRB DL

KONA ROVE LTD ロードバイク KONA(コナ)の「ROVE(ローブ)」シリーズは、舗装路の走行性能を犠牲にせず、オフロードでも高い走破性を発揮するアドベンチャー・ロードバイクです。

その2018年モデルに、650B(27.5インチ)ホイールを搭載したモデルが登場しました。

MTBでは幅広く普及していて、古くはランドナーでも使われた650Bというホイールサイズ。MTBの世界では26インチから29インチを経て「27.5の時代」なんて言われたのもつかの間、最近はふたたび29インチが増えています。

その一方で、いま650Bホイールの採用例が増えているのが、アドベンチャー・ロードバイクなのです。

KONA の ROVEシリーズも従来は700Cを採用していましたが、2018年モデルでは、700Cと650Bの両にらみとなっています。

KONA ROVE LTD ロードバイク こちらの青いフレームは、REYNOLDS 853チューブを用いたスチールフレームモデルの ROVE LTD。スチールといっても懐古趣味ではなく、テーパーヘッドやフルカーボンフォーク、そして前後スルーアクスルや1×11のドライブトレイン、油圧ディスクブレーキなど、最新のトレンドはしっかり押さえています。

KONA ROVE LTD ロードバイク タイヤ そしてこちらが、ROVE LTD のタイヤ。650Bホイールに47mmの太いスリックタイヤを装着しています。タイヤメーカーのWTBが、「ROAD PLUS(ロードプラス)」と名付けて提唱しているのです。

サイズ表記は「650B×47C」などとされており混沌としていますが、要するにタイヤを含めたホイールの外径は700×28~32Cあたりと同じで、かつエアボリュームは増えるので、巡行性能はそのままに走破性を高めることができる――というわけです。

関連記事