思わず旅に出たくなる!アメリカ発の最新ロードバイクおすすめブランド2選

CAMP HACK × gearedの連携記事企画!“人生を変えるツール”を紹介するメディア「geared」がセレクトしたギアをCAMP HACKで紹介します。今回は、スタイリッシュかつ高性能なロードバイクをご紹介します。


700Cと同じ外径でエアボリュームが多い「ROAD PLUS」タイヤを採用した KONA ROVE LTD & ROVE NRB DL

geared ロードバイク KONA(コナ)の「ROVE(ローブ)」シリーズは、舗装路の走行性能を犠牲にせず、オフロードでも高い走破性を発揮するアドベンチャー・ロードバイクです。

その2018年モデルに、650B(27.5インチ)ホイールを搭載したモデルが登場しました。

MTBでは幅広く普及していて、古くはランドナーでも使われた650Bというホイールサイズ。MTBの世界では26インチから29インチを経て「27.5の時代」なんて言われたのもつかの間、最近はふたたび29インチが増えています。

その一方で、いま650Bホイールの採用例が増えているのが、アドベンチャー・ロードバイクなのです。

KONA の ROVEシリーズも従来は700Cを採用していましたが、2018年モデルでは、700Cと650Bの両にらみとなっています。

geared ロードバイク こちらの青いフレームは、REYNOLDS 853チューブを用いたスチールフレームモデルの ROVE LTD。スチールといっても懐古趣味ではなく、テーパーヘッドやフルカーボンフォーク、そして前後スルーアクスルや1×11のドライブトレイン、油圧ディスクブレーキなど、最新のトレンドはしっかり押さえています。

geared ロードバイク そしてこちらが、ROVE LTD のタイヤ。650Bホイールに47mmの太いスリックタイヤを装着しています。タイヤメーカーのWTBが、「ROAD PLUS(ロードプラス)」と名付けて提唱しているのです。

サイズ表記は「650B×47C」などとされており混沌としていますが、要するにタイヤを含めたホイールの外径は700×28~32Cあたりと同じで、かつエアボリュームは増えるので、巡行性能はそのままに走破性を高めることができる――というわけです。

geared ロードバイク こちらのバイクは、ROVE NRB DL。ROVE LTD と似たようなルックスですが、ROVE NRB DL のほうは軽量なアルミフレームを採用しています。

ホイールは同じく650Bと47mmタイヤの組み合わせです。メインコンポーネントをシマノ・105とアルテグラのミックスとなっています。

geared ロードバイク 700Cよりも径が小さいリムに太いタイヤの組み合わせは、なんだかかわいらしくもありますね。エアボリュームが生み出す乗り心地は、グラベルのみならずオンロードでも楽しめるでしょう。

どちらのモデルもホイール、タイヤ共にチューブレス対応なので、ぜひチューブレス化して試してみたいものです。

製品名1 : ROVE LTD
製品名2 : ROVE NRB DL
価格1  : 完成車¥386,000(税別)、フレームセット¥118,000(税別)
価格2  : 完成車¥234,000(税別)
メーカー  : KONA

curator/須貝弦


速く、そして遠くへ。Cannondale SYNAPSE で極上のエンデュランスライドを手にいれる

geared ロードバイク
週末に川沿いのサイクリングロードや峠道に出向けば、ロードバイクを楽しむ多くの人々に出会います。

そういった場所にあるカフェにはバイクラックが置かれ、テラス席がロードバイク乗りに占拠されている光景も、珍しいものではなくなってきたようです。

ひと昔前、ロードバイクは「ロードレーサー」と呼ばれていて、その名のとおり競技用自転車だったわけですが、今ではその裾野は大きく広がり、多くの人が(たまにレースに出るとしても)レース以外の目的でロードバイクに乗っています。

もちろん、速くなりたい、強くなりたいう思いは、必ずしも競技でイチバンを獲るためとは限らず、もっと楽しみたいという動機であっても構わないのです。

Cannondale(キャノンデール)のエンデュランス系ロードバイク SYNAPSE(シナプス) は、サイクルロードレースが主目的ではないけれど、速く、遠くまで走りたいという。そして今日も明日も、ずっとロードバイクにで走りを楽しみたい――そんな欲求に応えるシリーズです。
geared ロードバイク SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE
アップライトなポジションと快適性に優れたフレーム、そして制動力に優れたディスクブレーキを搭載した SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE は、走ることに集中でき、しかも翌日に疲れを残さないロードバイクとして、ライダーの欲求を満たしてくれることでしょう。

geared ロードバイク すべてがエンデュランスライドのために設計されている新型SYNAPSE HI-MOD ですが、シリーズのコンセプトを象徴しているのが、700×28Cのタイヤではないでしょうか。

geared ロードバイク ロードバイクといえば700×23Cが標準だったのは過去の話で、今や700×25Cが当たり前。そして快適性を重視するエンデュランスロードでは、より太い700×28Cが求められます。さらにSYNAPSEの場合は、700×32Cタイヤまで装着が可能で、フェンダーを取り付けるマウント(脱着可能)も装備。

このバイクなら、突然降り出す雨や目の前に現れるダートも気にすることなく、どこまでも走りつつけることができる――そんな期待を抱かせてくれます。
geared ロードバイク SYNAPSE DISC 105 SE
gearedの読者であれば、日本市場ではアルミフレームのモデルに設定された「SE」というグレードに惹かれるかもしれません。

エンデュランスライド向けのジオメトリーや、高いショック吸収性といった SYNAPSEシリーズの性能をアルミフレームで実現し、標準状態で700×30Cのチューブレスタイヤを装備。グラベルロードに近い仕上がりとなっており、より幅広いシチュエーションで楽しむことができます。

geared ロードバイクgeared ロードバイク
グレードの高いカーボンを用いた SYNAPSE HI-MOD はなかなかの高級バイクですが、アルミの SYNAPSE SE は20万円を切るプライスとなっている点も見逃せません。

レースを目的としないのであれば、初めてのロードバイクとしても良いでしょう。ホイールセットをもうひとつ用意して、細いタイヤと太いタイヤを使い分けるのも面白そうです。

製品名1 : SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE
製品名2 : SYNAPSE DISC 105 SE
価格1  : ¥650,000(税別)
価格2  : ¥170,000(税別)
メーカー  : Cannondale

curator/須貝弦

【gearedおすすめ関連記事】
伝説的なフレームビルダーの名を冠したスペシャライズドの限定バイク SEQUOIA MERZ SE
ロードバイクの走りとツーリングに必要な機能を両立させた SPECIALIZED SEQUOIA ELITE
今年のアウトドアは自転車で楽しもう!モバイルサイクルトレーラー

gearedはこちら

geared

geared(ギアード)はアウトドア、自転車、ランニング関連の情報を中心に“人生を変えるツール”発信するメディア。モノとの出会いが人生を変えるキッカケになり、社会のあり方も変わっていくかもしれない。そんな価値のあるモノ発信し続けています。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!