CAMP HACK[キャンプハック]


奥深い一生モノ!家族で愛用したいオススメ七輪15選

0


時代によって用途はさまざま

もともと七輪は、屋内で使うようになった「置き炉」が始まり。土間や野外などに直接置いて持ち運び可能な土師製の炉は古代からありましたが、高床式木造建築の内部に持ち込み、屋内での使用に堪えられるようになったのは平安時代からだそうです。

元は香炉や祭壇など宗教的祭具として屋内に持ち込まれたものが、手あぶりなど採暖用途や屋内での簡単な炊事や酒燗などに利用され始めました。

切り出し七輪の魅力を4つ紹介!

切り出し七輪は耐久性がある!

切り出し七輪
出典:楽天
切り出し七輪は、1200万年ほど前にできた珪藻土の塊を削り出し、陶器と同様に窯で焼き上げています。切り出したものをそのまま焼き上げるため、珪藻土の組織が破壊されず、丈夫でひび割れしにくいのが特徴です。

切り出し七輪は断熱性がある!

切り出し七輪
出典:楽天
切り出し七輪は、珪藻土の組織を破壊せず作られているので、空孔が沢山。空孔に大量の空気を含んでいるため、断熱性が抜群なんです。内側は1000度を超える高温でも、軍手をすれば外側を触ることができます。熱エネルギーが外に逃げないので保温力が高く、少量の木炭でも長時間燃焼します。

切り出し七輪は軽い!

切り出し七輪断面
出典:Amazon
先程からお伝えしているように、切り出し七輪の珪藻土の内部に大量の空気を含んでいます。そのため、当然のことながら本体はとっても軽量! 重たそうなイメージがあるかもしれませんが、持ち運びは問題なくできます。

切り出し七輪は食材を上手く焼ける!

切り出し七輪で焼くトウモロコシ
出典:楽天
実は、珪藻土を加熱すると強力な遠近赤外線を放出します! 炭火自体の赤外線も合わさることで、より強力に。食材は美味しく、外はパリッと中はジューシーに焼き上げることができるんです。

逆に切り出し七輪のデメリットはあるの?

切り出し七輪
出典:Amazon
切り出し七輪の唯一の欠点は、そのお値段。練り物七輪の3~5倍が相場です。切り出し七輪は、土の塊を一つずつ削って作るしかないためため、ほとんど工程が職人の手作業となります。

その分味があり、温かみがあるのもあるのですが、どうしても高価になってしまいます。しかし、大切に使えば一生ものですよ!

ずっと使える!切り出し七輪おすすめ人気12選

切り出し七輪にも、様々なサイズや形があります。何名で使用するのか、何を焼きたいか等、イメージしながら選んでみましょう!

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 長角30号 2〜4人対応

●サイズ:幅31.5×奥行18×高さ17cm
●重量:4.5kg
●付属品:耐熱炭バサミ、オガ炭約1回分



国産天然珪藻土 切り出し七輪 飛騨コンロ 特大7号

●サイズ:約幅21×奥行21×高さ16cm
●重量:約2.75kg
●付属品:スチール焼き網、鍋敷き


天然珪藻土 夢七輪

●サイズ:約幅29×奥行29×高さ22cm
●重量:約8kg
●付属品:ステンレス網


奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 丸25号

●サイズ:直径25×高さ19cm
●重量:約2.8kg
●付属品:オガ炭(約1回分)



能登珪藻土 切り出し七輪 長角25号

●サイズ:幅25×奥行14×高さ14cm
●重量:2kg
●付属品:太陽炭(1回分)


関連記事