CAMP HACK[キャンプハック]


バーベキュー準備|必携の道具&食材一覧リスト。これで初心者でも万全! | 3ページ目

0


食材を調達しよう!

がっつりメニューや網焼きに飽きたときのアレンジメニュー、子どもがいるのでスイーツも……と、通常の炭火焼以外のメニューも考えておくとバーベキューの幅が広がります。買い忘れのないように、まずは人数を把握して買出しリストを作ることをおすすめします。

ちなみに買出しのときに困るのが「量」。1人分のおおよその目安をご紹介します。

肉…男性300g、女性200g
野菜…100g

次に、バーベキューの定番食材になります。

<バーベキューの定番食材>
肉類…牛肉、豚肉、鶏肉、ラム、ソーセージなど
魚介類…ハマグリなどの貝類、エビ、イカなど
野菜…タマネギ、ピーマン、とうもろこし、キノコ類、ナスなど
主食…焼きおにぎり(冷凍)、焼きそばなど
調味料…しょうゆ、塩、コショウ、バター、オリーブオイルなど
スイーツ類…マシュマロ、バナナ、チョコレートなど
つまみ…枝豆、ポテトチップス、漬物など

当日がスムーズ!バーベキュー食材の下準備

購入した食材をそのままバーベキュー場に持ち込んでもいいのですが、前日に仕込みをしておくと当日のバーベキューがかなりスムーズになりますよ!

切れる食材は切っておく

前日に切っておいても問題ない野菜などの食材は、済ませておくと当日がスムーズ。炭火焼用の大きさや焼きそば用の大きさなど、メニューに合わせてカットして、ファスナー付きビニール袋などに保存しておきましょう!変色しやすい野菜は、濡らしたキッチンペーパーに包んでおくと変色を防げますよ!

肉、魚介はファスナー付きビニール袋へ。下味処理も

肉や魚など、スーパーで購入したときに付いてくるあの白い発泡トレー。これがけっこうバーベキューのゴミとしてかさばるのです。可能ならば事前にファスナー付きビニール袋に移し変えておきましょう。その際、下味を付けてしまうのもいいアイデア。漬け込み効果でおいしさが期待できます。また冷凍できるものはしてしまうのも手。夏場の食材の傷みを抑えるとともに、保冷材代わりにもなりますよ。

さあ、バーベキューを楽しもう!

当日、スムーズなバーベキューを行うためにはぜひともこれらの下準備をすることをおすすめします。下準備をすることで時間を有効に使え、バーベキューそのものを堪能することができますよ!さあ、思いっきりバーベキューを楽しみましょう!

こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね!

【バーベキュー食材】BBQにおすすめの定番&意外な食材12選

バーベキューの王様、肉の魅力から焼き方まで完全マスター!

バーベキューでもヘルシー!?楽しくおいしい野菜料理5選

【海鮮バーベキュー】簡単なのに本格的!使えるレシピ10選

【バーベキューレシピ】こだわり満載!俺たちのBBQレシピ32選。

ready for BBQ?

BBQの準備は万端?

紹介されたアイテム

CAMP HACK編集部

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

関連記事